7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

復活

58

コメントした本 ページ 2

禅とジブリ

禅の和尚たちと鈴木さんの対話。 即今目前、仕事は道楽、夫婦の椅子(ガウディ作)は向き合っていない、そして喫茶去(お茶を召し上がれ)という境地 それにしても鈴木さんはお母さんが好きなんだなぁ。関心する語録がいっぱい。

9か月前

8af5ac60 e1d8 41ca ac24 2daef25d2efa90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece6016514Icon user placeholder726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012
湯を沸かすほどの熱い愛

「お母ちゃんの遺伝子、ちょっとだけあった。」 「でも、まだママのこと好きでいてもいいですか。」 二人の娘のこのセリフに、手話を学んでいた意味に、銭湯が舞台という設定に、熱い愛を感じるんだなぁ。

9か月前

2c54caa4 7676 4638 8ed7 ca3310b5f9f8E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eEf8b1b04 ee35 434d 8327 d269a53675063880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8182819af 78ce 43d8 946e dd35fb1489009bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b271f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522 16
「待つ」ということ

待つことができなくなった今の時代に、19の切り口で解析、説明してくれる。 痛い思いをいっぱいして、どうすることもできなくて、時間が経つのをじっと息を殺して待って、自分を空白にしてただ待って、そしてようやくそれをときには忘れることもできるようになってはじめて、時が解決してくれたと言いうるようなことも起こって、でもやはり思っていたようにはならなくて、それであらためて、独りではどうにもならないことと思い定めて、何かにともなく祈りながら何事にも期待をかけないようにする、そんな情けない癖もしっかりついて、でもじっと見るともなく見続けることだけは放棄しないで、そのうちじっと見ているだけのじぶんが哀れになって、瞼を伏せて、やがてここにいるということが苦痛になって、それでもじぶんの存在を消すことは出来ないで。。そんな想いを澱のようにため込む中で、ひとはやっと待つことなく待つという姿勢を身につけるのかもしれない。

10か月前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b431f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faF4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dcIcon user placeholderIcon user placeholderF8bd03be cb4c 468d a213 62c088852e948817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe 31
阪堺電車177号の追憶

歴史を感じるなぁ。 路面電車に魅力をもとに、あの独特のゆったり感ゆえ、ほかの移動手段にはない人情の機微が行き交う85年のヒューマンドラマ。 バトンは渡されていく。

10か月前

7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2
鴨川食堂

料理雑誌に載せられた、たった一行だけの広告を頼りに、それぞれのかけがえのない食べ物を再現してもらうべく鴨川食堂、いや鴨川探偵事務所に訪れる人たち。 時間を超えて蘇るのは懐かしの味のみならず、忘れていたり、歪んでしまった記憶の源泉なども。 店を構える親娘の二人の、そして一足先に旅だった掬子さんを含めた三人の会話も味わい深い。

11か月前

Icon user placeholderF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e21bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf1938769f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad06d7ed331 ecb0 417e b4de d995a67997fd 8
ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

京大総長で霊長類学、人類学者である山際氏による現代社会への処方箋。 集団同士の争い時に、対立を和らげる、老境の雄ゴリラの行動からの学びは確かにと思う。知識や経験を伝えるためだけに長生きしているわけではない。

約1年前

C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da586714884 3707 4176 850d 1137ccff680dF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d 9
BUTTER

これは、連続不審死容疑の闇に迫る、深層心理サスペンスか、濃厚な食を非凡な表現で描く珠玉のレポートか、過度な痩身をもてはやす世の中への警鐘か、サイコパスに近づくなという警告、いや出会った時の処方箋なのか。 被害者と加害者の境が曖昧な毎日の中で、あまりにも豊潤でとろける投げかけをされたと感じた。

約1年前

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Ff4991c6 95e9 4a39 b9a4 0beb88bd54c57e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89 87
神様のいる街

神様がいる、「神」戸と「神」保町という街において、吉田篤弘さんが、まさしく神様から『いいか、今のうちに見ておけ』とけしかけるように言われ毎日を過ごした青年記。 本との出会いのある意味、理想の一編が書かれてある。

約1年前

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Icon user placeholder
一緒に冒険をする

三年前のその時の奈良に「いた」。 8組の話は、辿られてきた道はちゃんとご自身たちの轍が感じられ、生きているを実感する。 ボーナストラックもあるし、記憶を呼び覚ます箇所もあり贅沢な本。 橋本さんの語る、自閉を元にした存在論、苦しみは俺のもんだという価値観にびっくりする話は、しばらく宿題になりそうだ。

約1年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholderCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a1
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

幼児に牙を剥く卑劣な犯人に迫るジャーナリストの戦いの記録でありながら、権威持つ者が往々にして陥る自己保身の為になりふり構わず暴挙にでることに徹底的に迫り戦う物語。 組織のため、威信のためと言いながら、いかにわれわれは保身の為に真実を葬り去り弱者を無き者にするのか。 このようなことが白日の下に晒されると、よくコメンテーターと称する方々が、間違いを隠蔽する姿勢をなじり批判に終始する光景が眼に浮かぶが、大多数の人々が陥るのが権威側の愚行であり、著者の側に立てるのは稀である。 避けるためには正義のココロを持とうというよりも、不可逆的になる(なったと思ってしまう)ところに行き着く前、初動の時に、われわれは間違いを起こしがちであるという前提のもと、自らを過信せずに対処することが大事と心に留めよう。

約1年前

39a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f1Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96eIcon user placeholder07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eBfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91d 45
敗者の告白

え、どうなるの?と、次々と出てくる人の証言や手記、メールにページをめくる手が止まらない。ぐいぐい引っ張られた。 最後は、ほぼ予想通りだったけど。

9か月前

7f27c242 23af 4370 b39f ad93415b2bd3Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84926bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b889Icon user placeholder 21
地団駄は島根で踏め

語源ハンターが語源発祥の地に直接足を運んで、確かめ、新しく発見し、ついでに地元の美味いものを愛でていく紀行文。 地元の人との会話から出てくるものが面白い。

10か月前

おまじない

おじさんの一言(おまじない」が主人公の女の子を救う短編集です。 西さんが恩田陸さんの「短編ノックでいつまでも挑戦し続ける姿」に感化され、書いたそうな。 何気ない一言が、じわじわ効いたり、あるいはその逆だったり。 そんなこんなで今日もまた、明日へ続くのかなぁ。

10か月前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eA7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d289e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eE17fdca3 bb9a 4b79 a84b b5f397b43df768c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9ea603338b4 baec 4f04 b1f8 a822a230aabb 70
隣のずこずこ

ファンタジーノベル大賞。 ある村に突如現れた狸。一か月後に、村中の人を飲み込み、村がなかったことにしてしまうという。訝しがった村民も信じざるを得ない出来事をもとに諦観の境地。 なんとかしようとする人はほとんどいない中、中3の女の子は? 結論はまったく読めなかったなぁ。

10か月前

真夜中のパン屋さん

ほっこり身近な人情話を扱うハートウォーミングストーリーかなと思ったら、できたてのほんわかパンというより、形が不揃いだけど味わい深いデニッシュって感じ。 小さくて確かな幸せが、にわか家族にあった。 後半の章はちょっと説明的。一冊で終了を見越し区切りをつけたかったのか。 見ると、シリーズ化されているようなので、もう少し小出しにしても良かったかも。

12か月前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917792e48e20c 1fa1 4c24 a1b0 f9c1524194e0F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6c5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 30
居酒屋ぼったくり

ぼったくらない「ぼったくり」。 家庭で味わえるけど味わえない。 和であり洋であり中であり。 若であり熟であり、男であり女である。 この空間にいたいなぁ。

約1年前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9F901268d 3117 46ce b524 aade96fd6273E13093ee 1df3 4ff4 9b9a 98d18d2084b99ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b6662c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29Daca3577 c1a2 4f0c a442 0d6e0bef1365F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3 12
NHKスペシャル 人類誕生 大逆転! 奇跡の人類史

アフリカ生まれのか弱き生き物が生きながらえてきた歴史を紐解くと、人間を人間たらしめた理由があった。 二足歩行は妻子のためだった かつて一万人以下になり絶滅寸前までいっていた 強いネアンデルタールではなく、弱いホモ・サピエンスが残った理由 零下50度の極寒を克服するするための(衣服以外の)画期的な道具とは? わかってきた事実から、われわれが大切にしていきたいことがわかる歴史書。

約1年前

働き方 完全無双

国や企業視点ではなく、個人視点の、自分の人生は自分で守ろうという本。 やはり、健全な逆張りが大切。

約1年前

89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3Cb7b6999 47f0 472f a776 31d6e45a5b4eAe81a140 fa95 4336 aba5 cde241309298Icon user placeholder2d197907 354c 4ded 9a6f 05055cf3ebe185ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541 15
青空と逃げる

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

約1年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Icon user placeholder147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de876a2702 74a2 4e61 b608 4a73d7727b1b0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6 10
口笛を吹きながら本を売る: 柴田信、最終授業

こういう人を「味がある」というのか。 それにしても著者(インタビュアー)と書店人生50年の柴田さんの遠慮ないズブズブな掛け合いは面白い。 本質と言えば本質、当たり前と言えば当たり前、きっとこの口笛は、音が聞こえないと思う。

約1年前

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227Bf028033 dabe 4213 af83 05f747855a5c982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd999bcf1d24 14bb 4deb bda4 1a2d15d743f8F4c04302 3ecf 42e6 a34f 0f294f9f0518E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 10