06062448 9368 410b b05c f80f717635f6

rie

2016より

2016より

16

コメントした本

山月記

人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを成すには余りに短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、事実は、才能の不足を暴露するかも知れないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己の凡てだったのだ。

12か月前

往復書簡 初恋と不倫

君がいてもいなくても、日常の中でいつも君が好きでした。

12か月前

4f5b14cf ab44 481b 8bfa 8817b927ac96C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e8321ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f32e88ff33 2d12 4360 a417 0dd541bfd8c9Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd 114