53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダです

好きなものは桃とクリームソーダです

126

コメントした本

その街の今は

頭の中で思ったこととか、思わなかったこととか、私が意識するまでもなく文章としてじゃなくて、感覚として頭の中に入ってくる。だから多分私はこの人の書く文章が好きで、読み終わりたくないなぁといつも思う。今回の舞台は心斎橋。大阪に住んでいるので、何回も行ったことがある場所だ。でも、地名だけじゃピンと来ないところもあって、今度、文庫片手に心斎橋を歩いてみようかと思う。 それから、川上弘美さんのあとがき。『柴崎さんの本に出てくる、女の子も男の子もかわいい。』うん、まさにそれ。すごい。

6日前

おまじない

無茶苦茶だっていいんだ。本の中の人たちがみんな西加奈子さんに救われたように、私も彼女の思いを知り、救われる。自分のこと、こんな風に思ってしまうのは、私だけじゃないんだ、そうか人間って汚いものなんだ。と知る。ショッキングな出来事がすらりと出てきてはぎょっとしたり、でも気付けば安心して読めてしまえる自分もいた。

約1か月前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6750d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc11ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a9B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d500a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e 13
旅屋おかえり

何か、大きな一つがダメになりかけた時、いつも原田マハさんが助けてくれる。 登場人物全員がマハさんの優しさが分け与えられた優しい人ばっかりで、時折その優しさに涙しそうになった。(通勤の電車や会社の休憩室で読んでいたから我慢したけれど) 読んでいる間中、旅へ出たくなったし、ずっと読んでいたいお話だった。続きが気になって休憩中に読み切ってしまったのを、帰り道で後悔するほどに。 ところで、私も明日旅に出る。一泊二日のほぼ弾丸旅だ。そこで何かいい出会いがあるといいな、なんて。

約2か月前

Effb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderIcon user placeholder 41
夜とコンクリート

大きな本屋さん何軒か回っても売り切れていたから、アマゾンで家に届けてもらった。日常的な少しの鬱々だ。とっても良くて、仕事で疲れて帰ってきて、どんなに遅くても1日1話ずつ、4日間なんだか満たされた。静かなカフェとかに、ひっそりと置いておいて欲しい一冊でした。

約2か月前

Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Icon user placeholderIcon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a884bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 24
私の頭が正常であったなら

京都へ向かう電車の中で読んだ。私はこの作家さんの世界観が、文章が好きだ。登場人物は、悲しい出来事があっても悲観的になりすぎず、むしろいつも前向きで、少し非現実的な感じ。気軽に読めるけど、ふいに感動する瞬間もあって、面白いなんて一言で片付けられない。この人の文章で私の読書人生が始まったと言っても過言ではない、そんなすごい人の最新本でした。

2か月前

9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb1857d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778Icon user placeholder9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 12
風味絶佳

6話目の弥生は言う。人生って、ままならないもんだねぇ。これがこの本のテーマじゃないかなぁ、と思う。みんな不器用でちょっと狂っている、でもきっと普通で、だからこそ少しの共感と、現実離れした雰囲気でした。 風味絶佳は、『シュガー&スパイス 風味絶佳』というタイトルで映画化もされているそうで、グランマが夏木マリさん、今度見よう。

2か月前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fA7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f300262ceb e827 42de bd86 ac14d320258584894365 9625 46eb 850f 37b16a577526
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

山田詠美さん1冊目が、この本で良かったのかは正直わからない。綺麗事を言ってしまえば全て隠せてしまうけれど、でも実際には命の重さは受け取る側によって随分不平等だ。誰かを失うことの重大さを知ってしまった人は、失う怖さを抱えながら生きていく。そんな、少し壊れてしまった家族のお話。

3か月前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f484894365 9625 46eb 850f 37b16a577526D8bd5243 89b0 4412 993a 68dbafb2cd77 8
優しい言葉―パンとスープとネコ日和

きっかけは、かもめ食堂の映画を見たこと。そこから、この役者さんたちの出ている映画やドラマを片っ端から見て、この本に辿り着いた。私の家には犬がいますが、ネコもとっても大好きです。手作りのパンもスープも読んでいるだけで食べたくなって、そして作りたくなる。読んでいるだけで幸せになれる本です。私も電車を乗り継いでお寺へ行ってみようかしら。

3か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6Icon user placeholder9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8
木洩れ日に泳ぐ魚

人の記憶の支離滅裂さと、本当はどうかわからないけれど、でもきっとそう、いいや絶対そう。こんな感じの物語だった。 夜中から読み始めて明け方、朝日を見てから眠りたかった。今書店で出ている装丁も好き。

4か月前

D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a8Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44aIcon user placeholderE32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7 10
サラバ! 下

読んだ。読み切った。誰かの人生を覗いた、歩というひとりの人生を、時には苦い顔で、時には微笑んだり、時には泣きながら見守った。上・中巻ももちろん読み応えあるし、絶対に必要な部分だけど、下巻がヤバかった。あえて、ヤバイという表現を使うほど。いい意味で展開について行けなかった。でも生きるってそういうことのような気がするし、何より命削って書き上げた本を本気で読めて良かった。 読み始めるには、少し意気込みのいる頁数だけど、ここに誰かが本気で願い続けて伝えたかった事が書かれてるならば、それはかなり読む価値があることだと思う。いつかあなたにその時が来ますように。

4か月前

Icon user placeholder238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69906dca1cbc 3bb2 4124 890c cd9a52d5702c9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholder46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae 35
きょうのできごと

柴崎さんの本、3冊目。だいぶ関西弁にも慣れてきて、心地いいくらいだ。抱えてるまではいかないけれど、みんな何か思いながら生きてるということ。ある長い一日のお話。どこまでも優しい中沢くん、わがままで、好かれている女の子たち、似ている男の子ふたり、家主の正道、かわちくん。読み終わる頃、この人の本もっといっぱい読みたいという気持ちでいっぱいだった。かわちくんってどんな漢字なんだろ

9日前

Icon user placeholder80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693De88307d 1012 4c10 a10d 243fe62b8355Maman putain6 normal7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa51e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045 10
寝ても覚めても

町を歩く人、立ち止まっている人、あの人じゃないかと思ってドキッとしてしまう感じ。見つけたような見つかったような、生きなきゃいけないのに、そして確実に何か行動を起こしたり、誰かとお喋りすることもそうだし、絶対に生きているのに、どこかずっと私の人生は霧がかかったみたいに、ぼんやりしてしまっている。そういう状況みたいなのが良くわかるから、とても危険な読み物だった。ものすごくゆっくりじっくり読んでしまった。

約1か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cEb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1Icon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c38ec5d9aa a123 4664 879a b89353b4328eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder 27
いつか記憶からこぼれおちるとしても

あの時「うん」と言ったけれど、本当は頭の中で、別にそうでもないこととか、それ以外のこととか色んな情報が飛び交ったような、そんないつかは記憶からこぼれおちてしまうような細かくて自然で、でも江國さんのお話6話。最近、少し歳をとったのか、考えたこともなかった、高校生をもう一度したい願望がよく頭をよぎる。

約2か月前

Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937eIcon user placeholder6f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee6f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa 13
TUGUMI

ここで見つけた本だ。海辺の、ある夏のお話。夏は儚いけれど、つぐみはさらにとてつもなく儚い。心地良さに揺られながら、でも最後になるにつれて少しドキドキしながら読んだ本だった。夏は良い、記憶に残りやすくて、儚い。 私はこの本を誰にオススメするだろう、と考えたとき、そうだな、少し独り占めしたい気分になった。

約2か月前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Icon user placeholderEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97A5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84981b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 94
春の庭

この装丁に惹かれて我が家の本棚に。あの写真集で見たものが実際に部屋の窓から見えたなら、なんて発想がとても好き。この装丁の写真を見てしまっているからか、作中に出てくる風景は全部少し褪せて光量が多くてでも少し薄暗い雰囲気で幸せな気分だった。でも終わりにかけて急に展開が読めなくて、少し困ってしまった。 この人の本、次は何を読もうかな。

2か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31128c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a6780d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beIcon user placeholder 20
あおい

無茶苦茶だ、人生なんて無茶苦茶だ。きちんと生きてても無茶苦茶なのに。カザマくんも、文章の所々に散りばめられている表現も、冒頭も、渾身のとっておきだと思った。 日常過ぎて言葉にするまでもない、それを切り取れる、作家さんはやっぱりすごい。 関西弁がたくさん出てくる小説は苦手なはずだったのに、この人の本を何冊か読んでいるうちに全然気にならなくなったな、とふと今気付きました。

3か月前

A2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5c755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Icon user placeholderIcon user placeholder46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77245aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc 11
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

子どもの頃、たしかに親や周りの大人がいないと、守ってもらわないと生きていけなかったあの時、嫌なことや逃げ出したいことがありながらも、安心して暮らせていたそんな子どもは実はそんなに多いわけじゃないのかもしれない。たまたまこういう内容だっただけか、作者が伝えたかったことなのかは、私の考え過ぎかもしれませんが、悲しくて、不思議で、辛いお話でした。

3か月前

Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841Icon user placeholder94a0e84f fc4d 4f21 af03 c8221245286b 70
氷菓

登場人物たちが、仲間になって一緒に行動したり考えたりする物語が好きだ。冷めている主人公も好きだ。どうして氷菓なのか、登場人物の会話や心情の馴染みやすさと比べると少し現実的な、それでいてやっぱりフィクションな、そこが良かった。続きも読みたい。

3か月前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eFc3a5f00 cab2 44ae 8b22 891e075886c5A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e09d4a420d db63 4375 9612 e15fb653bbf1Icon user placeholder 84
ミ・ト・ン

素晴らしい装丁に惹かれて本棚へ仲間入り。実際にモデルとなったラトビアの国へとっても行きたくなりました。都会に勤めている私にとって、自然で暮らすことの大変さ全ては理解できないけれど、でもやっぱり魅了されてしまう。ケーキだってコンビニですぐに手に入ってしまう、とことん便利な生活を抜け出して、もっと平和に、つつましく生きてみたいものだ、と思いました。

4か月前

1edf0c94 ce41 4261 9b5f 77c1a6a89266Icon user placeholderF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200E83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba254f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5c
通天閣

関西に住んでいながら、こんなに濃い関西弁聞いたのが久しぶりだ。すらすら読めるなんて、そんなのもう褒め言葉の足元にも及ばへんレベルで、なんやねんもう、それな、そこまでいかへんけどわかるで、わかる。だって何かうまくいかないって結局は自分次第やねんもん。そんなような事を、不器用な登場人物ふたりが改めて教えてくれた。通天閣、今度登ってみようかな。とにかく、最高でした。

5か月前

Da10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c47Icon user placeholder0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Dbdc881d 0597 4aaa a484 994bf5dedd1fIcon user placeholderIcon user placeholder330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f 26