53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダです

好きなものは桃とクリームソーダです

135

コメントした本

ドリーマーズ

福島駅のホームのこと、観覧車がある水族館の近く、私の知っている過ごしてきた場所がたくさん出てきて読みながら何度もハッとした。 本を読みながら丁度その場所を通ったり、土地と記憶と夢で繋がれた場所にいた気分だ。 柴崎さんの書く東京もいつか、ここのこと言ってるんだな、ってわかるようになりたいな。 あの景色たちを夢に見れますように、と願いながら。

24日前

学校の青空

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

2か月前

24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad56293602ae9b b665 40b2 a8e2 9afc24bd0e6dB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b 39
パノララ

みんなきちんと辛い過去を持って、傷付きながら、疲れながら生きているのにどこか夢の中のようで読み心地が良くて、とにかくずっと読んでいたかった。私は東京で生活すること、について詳しくないけれど、主人公が屋上からパノラマ写真を撮ったあの景色は何だか少しだけ想像できて東京で暮らすのは案外良いのかもしれないなと思った。

3か月前

Icon user placeholder8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261D4138166 69d5 4d95 92ef 41346866a4ab978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51aC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 19
風は西から

テレビで過労死、過労自死のニュースが流れれば、またか… と悲しくなる。現実はこの本の中よりもっと酷いものかもしれない、判断を誤れば真実は捻じ曲げられたまま、無かったことにされてしまう。ひとりでも多く、この本を読んで欲しいと思った。そして、ひとりでも多く、会社に、誰かに、人生を奪われるなんてことさせちゃいけないと思った。甘いと言われようが何だろうが、まだ20代半ばの、今を生きる私の気持ちです。

4か月前

Icon user placeholder11a85ecf 2cb9 4388 a102 0db4a3efd7d05aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beD431913d 3530 44b9 9bd5 db358ed18c33427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b1b890bd6 3814 4f82 9f40 c2e0e1de1dc2Icon user placeholder 14
きょうのできごと

柴崎さんの本、3冊目。だいぶ関西弁にも慣れてきて、心地いいくらいだ。抱えてるまではいかないけれど、みんな何か思いながら生きてるということ。ある長い一日のお話。どこまでも優しい中沢くん、わがままで、好かれている女の子たち、似ている男の子ふたり、家主の正道、かわちくん。読み終わる頃、この人の本もっといっぱい読みたいという気持ちでいっぱいだった。かわちくんってどんな漢字なんだろ

4か月前

94e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f29d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185Icon user placeholder80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693De88307d 1012 4c10 a10d 243fe62b8355Maman putain6 normal7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 12
寝ても覚めても

町を歩く人、立ち止まっている人、あの人じゃないかと思ってドキッとしてしまう感じ。見つけたような見つかったような、生きなきゃいけないのに、そして確実に何か行動を起こしたり、誰かとお喋りすることもそうだし、絶対に生きているのに、どこかずっと私の人生は霧がかかったみたいに、ぼんやりしてしまっている。そういう状況みたいなのが良くわかるから、とても危険な読み物だった。ものすごくゆっくりじっくり読んでしまった。

5か月前

A60b29b3 e075 4eed aa83 c66d3504b3bc2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d231246ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25689d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb1856cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 30
いつか記憶からこぼれおちるとしても

あの時「うん」と言ったけれど、本当は頭の中で、別にそうでもないこととか、それ以外のこととか色んな情報が飛び交ったような、そんないつかは記憶からこぼれおちてしまうような細かくて自然で、でも江國さんのお話6話。最近、少し歳をとったのか、考えたこともなかった、高校生をもう一度したい願望がよく頭をよぎる。

6か月前

D6fb1769 3064 421e 89d0 f3028b3e00c7F31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c64Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 17
TUGUMI

ここで見つけた本だ。海辺の、ある夏のお話。夏は儚いけれど、つぐみはさらにとてつもなく儚い。心地良さに揺られながら、でも最後になるにつれて少しドキドキしながら読んだ本だった。夏は良い、記憶に残りやすくて、儚い。 私はこの本を誰にオススメするだろう、と考えたとき、そうだな、少し独り占めしたい気分になった。

6か月前

8e0d90fc 19e4 4707 8216 d7b36e443826Icon user placeholder70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fIcon user placeholderC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4692c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1 114
春の庭

この装丁に惹かれて我が家の本棚に。あの写真集で見たものが実際に部屋の窓から見えたなら、なんて発想がとても好き。この装丁の写真を見てしまっているからか、作中に出てくる風景は全部少し褪せて光量が多くてでも少し薄暗い雰囲気で幸せな気分だった。でも終わりにかけて急に展開が読めなくて、少し困ってしまった。 この人の本、次は何を読もうかな。

6か月前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Ffe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31128c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a6780d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 22
あおい

無茶苦茶だ、人生なんて無茶苦茶だ。きちんと生きてても無茶苦茶なのに。カザマくんも、文章の所々に散りばめられている表現も、冒頭も、渾身のとっておきだと思った。 日常過ぎて言葉にするまでもない、それを切り取れる、作家さんはやっぱりすごい。 関西弁がたくさん出てくる小説は苦手なはずだったのに、この人の本を何冊か読んでいるうちに全然気にならなくなったな、とふと今気付きました。

7か月前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76F2ab4abc e2a3 46a2 b580 5fa93ba24c01D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aA2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5c755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Icon user placeholder 14
羊と鋼の森

全てが丁寧に、美しく書かれていて、小説家にとって作品は全て大切なものだとは思うけれど、その中でもこのお話は特別なんじゃないかな、とか勝手に考えながら読んだ。数年前から気にはなっていたけれど読めていなかった本。私はピアノが弾けないし、音楽の事もわからない、でも読み進めるうちに音楽の良さ、ピアノの素晴らしさが体に染み込んで行くのがわかった。音が体に浸透するように、文字がすっと入ってくる感じ。丁寧に生きることの尊さも。本当に素晴らしい一冊でした。

2か月前

30456fe3 63cb 4532 bad0 7a7ff760b099Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db911a85ecf 2cb9 4388 a102 0db4a3efd7d0642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 253
白河夜船

夢と夢みたいな現実のはざまで、恋人とご飯を食べ共に夜を過ごす。死んでしまった友達のことを思い出しながら、ぼんやりと過ごす。 生きてても死んでいても誰かと過ごしていても人はどこか孤独で、どこかでは一人きりだ。 でもその中で生きていくお話。 でも絶望はしていない。

3か月前

Icon user placeholderD30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8e621bad00 17cd 491e 872c 9640559276c28a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c41a58a418 9404 4011 85da d661916a181f842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0f2a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33e 26
また会う日まで

あの時のあの人に会いに行く。頭の隅でずっと気になっていたこと、会ってしまえば何か変わってしまうんじゃないかなんて不安と、微かな期待。 その他のどんな楽しい予定の中にいても浮き足立ってしまうような、東京旅行の話。パイナップルのチャーハン、食べてみたいな。

3か月前

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
その街の今は

頭の中で思ったこととか、思わなかったこととか、私が意識するまでもなく文章としてじゃなくて、感覚として頭の中に入ってくる。だから多分私はこの人の書く文章が好きで、読み終わりたくないなぁといつも思う。今回の舞台は心斎橋。大阪に住んでいるので、何回も行ったことがある場所だ。でも、地名だけじゃピンと来ないところもあって、今度、文庫本片手に心斎橋を歩いてみようかと思う。 それから、川上弘美さんのあとがき。『柴崎さんの本に出てくる、女の子も男の子もかわいい。』うん、まさにそれ。すごい。

4か月前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe07cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
おまじない

無茶苦茶だっていいんだ。本の中の人たちがみんな西加奈子さんに救われたように、私も彼女の思いを知り、救われる。自分のこと、こんな風に思ってしまうのは、私だけじゃないんだ、そうか人間って汚いものなんだ。と知る。ショッキングな出来事がすらりと出てきてはぎょっとしたり、でも気付けば安心して読めてしまえる自分もいた。

5か月前

Icon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e30afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Icon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c881bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f9eec3f86 96af 4ac8 8b0a a8faaacce4cf 44
旅屋おかえり

何か、大きな一つがダメになりかけた時、いつも原田マハさんが助けてくれる。 登場人物全員がマハさんの優しさが分け与えられた優しい人ばっかりで、時折その優しさに涙しそうになった。(通勤の電車や会社の休憩室で読んでいたから我慢したけれど) 読んでいる間中、旅へ出たくなったし、ずっと読んでいたいお話だった。続きが気になって休憩中に読み切ってしまったのを、帰り道で後悔するほどに。 ところで、私も明日旅に出る。一泊二日のほぼ弾丸旅だ。そこで何かいい出会いがあるといいな、なんて。

6か月前

2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdA76b3b5b c2b8 431c b326 88beea67e44b0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c46321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03212d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97 46
夜とコンクリート

大きな本屋さん何軒か回っても売り切れていたから、アマゾンで家に届けてもらった。日常的な少しの鬱々だ。とっても良くて、仕事で疲れて帰ってきて、どんなに遅くても1日1話ずつ、4日間なんだか満たされた。静かなカフェとかに、ひっそりと置いておいて欲しい一冊でした。

6か月前

0449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f71Icon user placeholderIcon user placeholder515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f20080Icon user placeholderIcon user placeholderE8e81cac 6685 4ea2 b690 c043a084e437 65
私の頭が正常であったなら

京都へ向かう電車の中で読んだ。私はこの作家さんの世界観が、文章が好きだ。登場人物は、悲しい出来事があっても悲観的になりすぎず、むしろいつも前向きで、少し非現実的な感じ。気軽に読めるけど、ふいに感動する瞬間もあって、面白いなんて一言で片付けられない。この人の文章で私の読書人生が始まったと言っても過言ではない、そんなすごい人の最新本でした。

6か月前

E5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad458a23ffc d346 4f93 b2f2 1608c4cb4a18B4484f2c d460 4346 b947 54893d05fb90427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb1857d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf 16
風味絶佳

6話目の弥生は言う。人生って、ままならないもんだねぇ。これがこの本のテーマじゃないかなぁ、と思う。みんな不器用でちょっと狂っている、でもきっと普通で、だからこそ少しの共感と、現実離れした雰囲気でした。 風味絶佳は、『シュガー&スパイス 風味絶佳』というタイトルで映画化もされているそうで、グランマが夏木マリさん、今度見よう。

6か月前

Icon user placeholder421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c8A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fA7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f300262ceb e827 42de bd86 ac14d320258584894365 9625 46eb 850f 37b16a577526
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

山田詠美さん1冊目が、この本で良かったのかは正直わからない。綺麗事を言ってしまえば全て隠せてしまうけれど、でも実際には命の重さは受け取る側によって随分不平等だ。誰かを失うことの重大さを知ってしまった人は、失う怖さを抱えながら生きていく。そんな、少し壊れてしまった家族のお話。

7か月前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603fC81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9aF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4 10