53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダです

好きなものは桃とクリームソーダです

149

コメントした本 ページ 2

旅屋おかえり

何か、大きな一つがダメになりかけた時、いつも原田マハさんが助けてくれる。 登場人物全員がマハさんの優しさが分け与えられた優しい人ばっかりで、時折その優しさに涙しそうになった。(通勤の電車や会社の休憩室で読んでいたから我慢したけれど) 読んでいる間中、旅へ出たくなったし、ずっと読んでいたいお話だった。続きが気になって休憩中に読み切ってしまったのを、帰り道で後悔するほどに。 ところで、私も明日旅に出る。一泊二日のほぼ弾丸旅だ。そこで何かいい出会いがあるといいな、なんて。

約1年前

Icon user placeholder8e282244 7795 486a 8072 f624a5a38aeb8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feF8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d409091792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2Cc41b704 bc74 4f27 b89f bf69a439a4bc8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96e 56
夜とコンクリート

大きな本屋さん何軒か回っても売り切れていたから、アマゾンで家に届けてもらった。日常的な少しの鬱々だ。とっても良くて、仕事で疲れて帰ってきて、どんなに遅くても1日1話ずつ、4日間なんだか満たされた。静かなカフェとかに、ひっそりと置いておいて欲しい一冊でした。

1年前

D46c570e fe0b 44bd a78f 46d48244fe5b8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda640449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f71Icon user placeholderIcon user placeholder515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f20080Icon user placeholder 64
私の頭が正常であったなら

京都へ向かう電車の中で読んだ。私はこの作家さんの世界観が、文章が好きだ。登場人物は、悲しい出来事があっても悲観的になりすぎず、むしろいつも前向きで、少し非現実的な感じ。気軽に読めるけど、ふいに感動する瞬間もあって、面白いなんて一言で片付けられない。この人の文章で私の読書人生が始まったと言っても過言ではない、そんなすごい人の最新本でした。

1年前

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9cEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0535057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5E5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad458a23ffc d346 4f93 b2f2 1608c4cb4a18 20
風味絶佳

6話目の弥生は言う。人生って、ままならないもんだねぇ。これがこの本のテーマじゃないかなぁ、と思う。みんな不器用でちょっと狂っている、でもきっと普通で、だからこそ少しの共感と、現実離れした雰囲気でした。 風味絶佳は、『シュガー&スパイス 風味絶佳』というタイトルで映画化もされているそうで、グランマが夏木マリさん、今度見よう。

1年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholder5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fIcon user placeholder421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c8A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fA7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3 10
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

山田詠美さん1冊目が、この本で良かったのかは正直わからない。綺麗事を言ってしまえば全て隠せてしまうけれど、でも実際には命の重さは受け取る側によって随分不平等だ。誰かを失うことの重大さを知ってしまった人は、失う怖さを抱えながら生きていく。そんな、少し壊れてしまった家族のお話。

1年前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603fC81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9aF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4 10
優しい言葉―パンとスープとネコ日和

きっかけは、かもめ食堂の映画を見たこと。そこから、この役者さんたちの出ている映画やドラマを片っ端から見て、この本に辿り着いた。私の家には犬がいますが、ネコもとっても大好きです。手作りのパンもスープも読んでいるだけで食べたくなって、そして作りたくなる。読んでいるだけで幸せになれる本です。私も電車を乗り継いでお寺へ行ってみようかしら。

1年前

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b8f849100 1a65 4ae8 9f35 de16191b3a3a80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aA0677693 ae61 43e1 8f8c 917134e55f5aB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89bE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 11
木洩れ日に泳ぐ魚

人の記憶の支離滅裂さと、本当はどうかわからないけれど、でもきっとそう、いいや絶対そう。こんな感じの物語だった。 夜中から読み始めて明け方、朝日を見てから眠りたかった。今書店で出ている装丁も好き。

1年前

Icon user placeholderB16dd632 9983 4873 9a25 5bac814bf8124dec5a75 851d 4eaf 994b a9496635af760e26c418 79fb 4c1a ab9d 45ad5d39fa8a56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8 27
サラバ! 下

読んだ。読み切った。誰かの人生を覗いた、歩というひとりの人生を、時には苦い顔で、時には微笑んだり、時には泣きながら見守った。上・中巻ももちろん読み応えあるし、絶対に必要な部分だけど、下巻がヤバかった。あえて、ヤバイという表現を使うほど。いい意味で展開について行けなかった。でも生きるってそういうことのような気がするし、何より命削って書き上げた本を本気で読めて良かった。 読み始めるには、少し意気込みのいる頁数だけど、ここに誰かが本気で願い続けて伝えたかった事が書かれてるならば、それはかなり読む価値があることだと思う。いつかあなたにその時が来ますように。

1年前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholderIcon user placeholder4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a 82
あずかりやさん

今だけかわかりませんが、クラフト紙のようなデザインのさとうののれんが描かれた装丁に目を引かれてこの度我が家の本棚に。1日100円でなんでもあずかってくれるあずかりさんのお話。自分のそばに置いておきたくないもの、どうしても一緒に家へ連れて帰れないもの、何でも受け入れる店主。優しくてずっと、そこにいてくれる存在。実在したら、こんな世の中だからきっと本の中みたいにはいかないだろうけれど、あぁ、一度私もさとうと書かれたのれんをくぐりたい、その気持ちでいっぱいになりました。

1年前

Icon user placeholder0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf3164c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b515fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cAf7a64cc ea13 4b02 a64d 5fbfcb91e621Icon user placeholder 21
もぎりよ今夜も有難う

この本を読む前に原田マハさんの『キネマの神様』を読んだ。あとがきには、びっくり、片桐はいりさん。はいりさんがいかに映画と映画館、そしてお芝居が好きなのか、とてもとても伝わってくる本でした。私は普段あまり映画館にはいきませんが、まだ残ってますでしょうか?ぜひ行きたくなりました、町の小さな映画館。

1年前

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eIcon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c22cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf8 15
いつか記憶からこぼれおちるとしても

あの時「うん」と言ったけれど、本当は頭の中で、別にそうでもないこととか、それ以外のこととか色んな情報が飛び交ったような、そんないつかは記憶からこぼれおちてしまうような細かくて自然で、でも江國さんのお話6話。最近、少し歳をとったのか、考えたこともなかった、高校生をもう一度したい願望がよく頭をよぎる。

約1年前

3460025e e2b0 4b61 8233 ad371a2ad4f0F31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c64Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e 17
TUGUMI

ここで見つけた本だ。海辺の、ある夏のお話。夏は儚いけれど、つぐみはさらにとてつもなく儚い。心地良さに揺られながら、でも最後になるにつれて少しドキドキしながら読んだ本だった。夏は良い、記憶に残りやすくて、儚い。 私はこの本を誰にオススメするだろう、と考えたとき、そうだな、少し独り占めしたい気分になった。

1年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b215c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e6238C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c781ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c890a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dC0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296 147
春の庭

この装丁に惹かれて我が家の本棚に。あの写真集で見たものが実際に部屋の窓から見えたなら、なんて発想がとても好き。この装丁の写真を見てしまっているからか、作中に出てくる風景は全部少し褪せて光量が多くてでも少し薄暗い雰囲気で幸せな気分だった。でも終わりにかけて急に展開が読めなくて、少し困ってしまった。 この人の本、次は何を読もうかな。

1年前

Cee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e15312916c85a4a 3a1d 42f7 83ea a300d602ed7180f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Ffe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 24
あおい

無茶苦茶だ、人生なんて無茶苦茶だ。きちんと生きてても無茶苦茶なのに。カザマくんも、文章の所々に散りばめられている表現も、冒頭も、渾身のとっておきだと思った。 日常過ぎて言葉にするまでもない、それを切り取れる、作家さんはやっぱりすごい。 関西弁がたくさん出てくる小説は苦手なはずだったのに、この人の本を何冊か読んでいるうちに全然気にならなくなったな、とふと今気付きました。

1年前

Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea1f5e02f2 19e5 4d2d 8a92 fcf24c3a6c80A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2Icon user placeholderBfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca923b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a 26
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

子どもの頃、たしかに親や周りの大人がいないと、守ってもらわないと生きていけなかったあの時、嫌なことや逃げ出したいことがありながらも、安心して暮らせていたそんな子どもは実はそんなに多いわけじゃないのかもしれない。たまたまこういう内容だっただけか、作者が伝えたかったことなのかは、私の考え過ぎかもしれませんが、悲しくて、不思議で、辛いお話でした。

1年前

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a637e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf18feeacd0 5ab2 42b9 9cc8 465ad1817ca2112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 153
氷菓

登場人物たちが、仲間になって一緒に行動したり考えたりする物語が好きだ。冷めている主人公も好きだ。どうして氷菓なのか、登場人物の会話や心情の馴染みやすさと比べると少し現実的な、それでいてやっぱりフィクションな、そこが良かった。続きも読みたい。

1年前

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a43e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6aIcon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e72ba9f52 c049 473e ac1f 329d46281be567c3cbfd c86e 4906 a8f5 ee6e4d396f22 134
ミ・ト・ン

素晴らしい装丁に惹かれて本棚へ仲間入り。実際にモデルとなったラトビアの国へとっても行きたくなりました。都会に勤めている私にとって、自然で暮らすことの大変さ全ては理解できないけれど、でもやっぱり魅了されてしまう。ケーキだってコンビニですぐに手に入ってしまう、とことん便利な生活を抜け出して、もっと平和に、つつましく生きてみたいものだ、と思いました。

1年前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc23221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Icon user placeholderIcon user placeholder1781d650 04da 4cd9 aa09 65a6ffb17b1bC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c 26
通天閣

関西に住んでいながら、こんなに濃い関西弁聞いたのが久しぶりだ。すらすら読めるなんて、そんなのもう褒め言葉の足元にも及ばへんレベルで、なんやねんもう、それな、そこまでいかへんけどわかるで、わかる。だって何かうまくいかないって結局は自分次第やねんもん。そんなような事を、不器用な登場人物ふたりが改めて教えてくれた。通天閣、今度登ってみようかな。とにかく、最高でした。

1年前

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a64dec5a75 851d 4eaf 994b a9496635af76Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21eaBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Icon user placeholder 36
僕はロボットごしの君に恋をする

中学生、高校生の時よりホラー小説を読まなくなって、久しぶりにこの人の本を読んだ。この先、ないとは言えない未来の話。現在、AIはどこまで進化してるんだろう、もう後戻りできないくらいだったりして。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholder3ee2e316 aead 475b a773 85068aab073bDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262aF45c0df8 3d30 4218 911a a1582dc0402dC6400b60 0e3d 486a 934f 38bfc9f6e089Icon user placeholder 41
花とアリス殺人事件

映画を先に見た。と、言ってもこの話ではないのだけれど、物語をどれだけ読んでも役者の様子にぴったりと合うから頭の中にすぐに場面場面が思い浮かんだ。君 なんて二人称は最高だし、シリアスな内容っぽいのに、アリスは変なことに気付く子どもであって、すぐに読み切った。ようやく書店で見かけたずっと探していた本でした。

1年前

D23cc226 ad70 4086 9b95 f5afe5d0b8e9Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb