1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a

FKhit

職業/デベロッパーのマーケター 興味/実…

職業/デベロッパーのマーケター 興味/実用書(マーケ,経済学),政治,哲学

72

コメントした本

これからの日本のために 「シェア」の話をしよう

メモ 小布施オープンガーデン

7か月前

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論

もっと柔軟に考えて、行動していかなきゃ!!と焦りを感じる内容だった。 子育てをするときにも自分の成功体験を押し付けないように気をつけよう。 〜要約抜粋 サッカーが好きな子には思いっきりサッカーをさせればいい。プロのサッカー選手になれる可能性が低いから進学校に行かせる、という考えは思考停止している。サッカーに関わる仕事は無限にある。

7か月前

F3ea8963 1c7b 48e9 9f5b 6f34694025b4Bd97f023 b050 4978 aea8 87946905883bF252617d 2a44 4c6a 9d72 afebeac5e6641f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faAkiaivjyeuyp25rambwa930e6abd 9cc5 4bc1 b8bf c7639ceb113d 77
商業空間は何の夢を見たか 1960~2010年代の都市と建築

~~~~~ 商業建築は、公共建築的なシステムに対する反システム的な建築であるだけでなく、「未来的イメージ」を「提案」できる「システムを」「挿入」するものであり、かつむしろ公共建築よりも「人間の生活にかかわり合うこと」によって「格別の情報量」を持っているのだから、商業建築こそが、公共性、社会的責任を担おうと言っているのである。 ~~~~~ 商業施設の未来はどうなるのか、 不安が大きく無いといえば嘘になるが、 商業施設が果たすべき都市における役割を考える際に心に留めておきたい言葉だ。

約1年前

太陽の棘

戦後の沖縄に派遣された米軍の精神外科医とニシムイ芸術村のアーティストの実話を元にした小説。 戦争という現実とそこに生きる人々の生き様や願いが描かれている。 原田マハの作品はアートを題材にしたものが多いが、アートを通して語られるその内側のものに、いつも考えさせられる。今回は「戦争」を題材にしたものだからこそより深く、重く、心に棘が刺さった。

7か月前

F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f543221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb689e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849 15
感じる科学

著者のユーモア溢れる例え話のおかげで、科学を自分と関係ない難しい世界のものではなく、身近なものとして捉えることができました。 進化論の部分は不覚にも感動があったり。 電車に揺られながら細々読むのに丁度良いです。

7か月前

7170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9feEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453