Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
E85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe16621

take

社会人2年目

社会人2年目

24

コメントした本

51ehenlczhl

人を動かすABCは変化した。

10日前

41gcvrjn9kl

顧客ロイヤルティは企業の持続的成長を遂げるキー概念。 戦略としていかに実行するか?体系的に書かれている。

18日前

51ghdzas5zl

-試してみるに、失敗はない。- 休み明けから、1日1日を新しい自分として行動を起こしていきたいと思いました。

約1か月前

664a812f 8337 4789 b893 c59f7601272b6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7
51lumtnedel

日本における人口問題が体系的に書かれていて非常に勉強になりました。人口減少をチャンスと謳う論も、ままありますが、筆者は総論、人口減少を危機感を持って捉えるように。と警鐘を鳴らしていて、日本の直面する今、さらには未来の理解が深まったように思います。 著者が提唱されている「賢く縮む」道が現実的か思います。 母や自らの将来に思いを馳せる上でいい1冊になりました。

約1か月前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520014253d4 6080 4951 9119 24735184a6969478a03e a429 46dc 924e 00828ba81e379b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d858b8fee cda9 4df8 8d06 a114d03ddc1212b011c4 620a 44ff 8a3f 55e3707f7c493880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8 20
51q5jtskeql

「働き方」というスコープよりも広い視点、生き方を考えさせてくれる本。LIFE SHIFTと比較してマネープラン等が無かった分、働くを中心にこれから巻き起こるトレンドや要素をさらえました。 量より質。幸せに生きるために自分の選択肢を理解し、自分で未来を築く。難しそうだけどそれが大事だということを改めて感じた本。

12日前

8928f9ec 2116 4260 9a89 8adbfa18d82b4a014dcc b7a9 41f2 9acb 3e78d921841aAca6c246 ff3f 450c a67f 3feeb7fa5cabE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b46361d7c6 3fe2 471e 9dd5 aa848905f8a2 27
51xr2vpwysl

論点毎の末尾に、要旨が書かれていて、理解しやすい。 日本のこれからを生きる上で、セカンドキャリアを描く大切さ等が書かれていた、論点①と、年金と保険と貯金という重複した未来リスクへの予防線に警鐘を鳴らす論点⑩から、 好きなことにお金を使う勇気を持ちたいな、と思った。笑

20日前

51zvh8r2kcl

チーム・組織をバスに置き換え、「バスが正しい方向に速く進むためには」という組織論と「バスを加速させる人材になるためには」という2つのテーマが学び取れた本書。 以下メモ=================== チームには5つのタイプの人間がいる。 ドライバ-・ランナー・ジョガー・ウォーカー・ライダーだ。ドライバーは組織を引っ張るリーダーで、その他の4タイプはランナーから順に貢献度が高い。 筆者が提唱するのは 「ドライバーはランナーに投資と期待をかけるべき」ということ。ランナーは組織を加速させる存在であり、組織に+の影響をもたらし、他メンバーの引き上げにも寄与するからだ。 またランナーになるために個人が意識すべきことは ポジティブな姿勢 やる気 行動

約1か月前

32156c9a 1a4f 4b89 a3e7 79d6e414e8955793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3215b3e0e8c fc60 40d2 a2b6 dedf03df98b4405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73