9d476b75 62ba 4d3a a9e6 11b4821949bd

ろむすとーる

本好きのオッサン

本好きのオッサン

55

コメントした本

仙術超攻殻オリオン

もう一つの攻殼。個人的にはこちらの方が「いつものシロマサ」で好きだね。

9か月前

「原因」と「結果」の法則

コミック版込みで何度か読んではいるが、はっきり言うとただの宗教本。そんな簡単に良くなるなら、この本の作者はビルゲイツを超える大富豪にでもなっていただろう。

9か月前

7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c36fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afaEc723bb2 f77a 49ea 8e5a 7aaeb67f17eb1665aa43 b5ee 4a8a af6d af7d221fdfe2B67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225Icon user placeholder 31
会議でスマートに見せる100の方法

自己啓発書でも、ビジネス本でもないのに、その手のコーナーでよく見かけるwww 中身は外資やIT系のあるあるネタ満載だけど、何度も言う、これはそういう本じゃないからwww

10か月前

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16A4c7c3c4 ba16 4d0a ad4e a687a2af724f3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b70857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c
鎧光赫赫

短編と言うよりはショートショートの部類だが、所謂「戦うヒロイン」という存在をここまで生々しく描く作品は珍しい。好みだ。

10か月前

横浜駅SF

ネタに走り過ぎてる感だけど、面白いから問題無しwww

10か月前

E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce715Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA83fb2de a6ab 4fc5 97bc 9a56d5d846a190639f58 c34f 4157 a0fb e73a80ed2943Icon user placeholder 49
レッドスーツ

どう見ても、スタートレックのパロディに見える。つーか、意図してそう書いてあるんだろうが、よりによって損耗率の高い赤服(つまり保安部)を取り扱う辺りのセンスが楽しい。

10か月前

多動力

そもそも、あれこれやろうにも副業禁止の企業が多いのに何言ってんだろ。 たまたま、作者がフリーで動ける自由業だから言える事。 フォーブズの編集長が最新刊でこの本に言及してるが、彼自身も副業禁止でなくなったから可能になったと言っている。 一つを極める生き方が間違いとは思わない。出来る人がやれば良いだけだ。

10か月前

00363bdb 2286 4920 9c3f ef181728d28724f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f36670a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69fBf14709e 781f 4cde a05b 7f2436736850761c2db4 acb9 4f35 8863 c3d9868556a5D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe05e3a733c dc2e 4da1 acee b4090f6b569d 86
さよならジュピター

映画は駄作だったが、ノベライズは本当に傑作なんだよなぁ。分類上はハードSFなんだろうが、小松さんの作風が非常に人間臭くて良いんだよね。

11か月前

バーナム効果であるあるがある

半分くらいが画集なので、やや尻込みする内容ではあるよね。この人の作品は昔の方が好きだ。

11か月前

彗星狩り(上) 星のパイロット 2

昔はこれがライトノベルだったんだよなぁ。こんな凄い作品が出て来るジャンルがライトノベルだったのに、どうしてこんなにラノベはダメになってしまったんだろうか?

11か月前

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

シロマサのメジャー雑誌デビュー作となる。 内容的にはいつものシロマサなんだが、絵柄は雑。本人も書いてるが、そこが気になる。 二巻で改善してくる辺りは流石なのだけど。

9か月前

4560d82f 0504 4de6 b446 f5ae9e48e6fe01ffa45a 8d0f 46bb 8959 f4b7c29566b9D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cC61d89b2 982a 491d 88df 37c9e21ad599Cb65f201 aec3 49a0 af0b e102b903e2ae3a4aaaf7 2f4c 4064 97df 21f46715668297a93278 a057 4ecd af42 2863f1d46a0a 8
ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム

なんと言うか、これ一冊で10作品以上の小説が書けそうなくらいにアイディアがわいてくる。 いっそ、本物のSF作家達が1話ごとに作品書いてアンソロジー作って欲しいと思ってしまった。 にしても、1話の頭を壁に縛り付けるくだりは本気で吹いたwww

9か月前

6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3B9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef
銀河帝国興亡史1 ファウンデーション

アシモフのファウンデーションシリーズのコミカライズ第1弾。最近、古本で買ってみた。内容はほぼ原作通りだが、こんなクラシックな作品だったかなぁと絵柄見てると思う。

10か月前

『アポロ13』に学ぶITサービスマネジメント ~映画を観るだけでITILの実践方法がわかる! ~

ITILについて分かりやすく書かれていて良い本だが、基本的にはITサービスマネジメントの本なので、ITILの全てがこの本で学習出来るわけでは無いので注意は必要。

10か月前

セントールの悩み(1)

講談社の「亜人ちゃんは語りたい」と同じ系統。だけど、こちらはさらにブラックでディストピア風味。まぁ、そこが面白いのだけど。

10か月前

できるアメリカ人 11の「仕事の習慣」

こんなの日本でも外資経験有れば当たり前の内容。外資経験有れば日本企業の方が楽だとすぐ分かる。外資なら体調不良で休んだら、自分の机が無くなるなんて当たり前なのだから。

10か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6965965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b
ヤキトリ1 一銭五厘の軌道降下

幼女戦記の作者の新作。にしても、ペンネームのカルロ・ゼンは反則だわ。あとがきにもあるけど、初見で海外作家と間違える人は多かろうwww 最近増えてる戦争SFのフォーマット通りの作品だが、あの幼女戦記の作者なら化けてくれると信じてる。

10か月前

FUNGI-菌類小説選集 第Iコロニー

マニアックで面白い菌類小説てんこ盛りのアンソロジー。ただ、やたらと日本の特撮のマタンゴを推す割に日本の作品が未収録なのが気になる。栗本薫の「カビ」とか、とっても怖くて良い作品なのにな。

11か月前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb001b7c00 bdb8 4cea b0c1 b718f667c1998aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543deE9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b870394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823
フロイト1/2 (白泉社文庫)

川原泉の作品にしてはギャグではなく普通に泣ける良い話だと思う。実写化向けの内容だと思うのだけど誰か映像化しませんか?

11か月前

利己的な遺伝子 <増補新装版>

この本の面白いところは、単なる遺伝子の話ではなく、情報にも遺伝子が有ると理解させてくれるところだと思う。

11か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f586c3ed3 8519 48d9 a321 7e6922e2b27aE1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f4059d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2Icon user placeholder400f8c41 6723 4065 9187 55b3f3d826af1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a 30