B1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390

Kay

大学1年

大学1年 本屋巡り/ふと手に取った本をお金と時間を気にすることなく自由に読むのが夢

16

コメントした本

夜のピクニック

歩行祭という、一見青春の一欠片のように見えるが、登場人物たちにとっては大きな存在である、行事を通じて、彼ら彼女らの距離感の移り変わりを描写していく小説。 (以下ネタバレを含む) 融と貴子という、複雑な関係にある2人の距離感だけにフォーカスするのではなく、彼ら2人の周りの環境や、その変化を包括的に描いていて、読んでいて心地が良かった。 文体は穏やかな雰囲気が見受けられたが、決して退屈ではなく、個人的には内容とマッチした書き方で好印象に感じた。 複数の視点を切り替えながら、ページが進むにつれて話の全貌が少しずつ頭に浮かんでくる…最後を順弥の視点から描いたのは想定外だったが、主人公とかではなく、あえてこの話の進行の鍵となる一種の第三者的な登場人物の視点にすることは、読者からの視点で物語全体を俯瞰することと共通するところがあったのかもな…と。

12か月前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eIcon user placeholder3224a647 4b88 45d5 bd89 950138ddbe554551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a35aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 329