Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

Instagram

Instagram @peperoncinoazucarar

7

コメントした本

離れ折紙

美術品を餌に騙し騙される人々の短編をチェーンのように繋いだ短編集。所詮人は花より団子、芸術美術と口ではのたまうが結局は金なのねって感じで楽しく読めました。

28日前

プロ野球・二軍の謎

もうちょっとフロントとのやりとりとか、もっと謎な部分まで突っ込んで欲しかった。

3か月前

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男

もっとゲスでドス黒い内容を期待していただけに残念と感じるアッサリした内容で速攻で読み終えてしまった。 だけど、若いナイスバディの女の子とのセックスだけを目標として生きていく野崎さんには好感が持てた。

4か月前

C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eIcon user placeholder9e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b936Icon user placeholder3e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf0688 8
路地の子

部落解放同盟・共産党・右翼・極道入り乱れるアウトレイジ感が面白かったが、裏社会のエゲツなさはあれども、主人公の人生の歩みに爽快感を感じる。

6か月前

Icon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d5009f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Icon user placeholder3bfa8377 8b42 41b2 b274 6714ef37d8ae 8
落英

薬物対策課の刑事コンビの覚醒剤取締の話から、偶然にも捜査中に曰く付きの拳銃が発見されたところからグンとスピード感が溢れ出し、黒川博行さんの刑事モノにありがちな刑事が悪に手を染めるパターンで、ラスト一件落着と思わせといて結局ハッピーエンドとはいかないところも黒川博行さんらしい作品。 楽しんで読めた。

約1か月前

罪の声

自宅から出てきたテープに録音された内容が、あの有名な未解決事件に使われた子供の声で、しかもその声が幼き頃の自分の声だった…というスタートがそもそもこの小説を成功に導いていると思う。 グリコ森永の頃大阪で小学校低学年だった自分にとってこの事件は特別であり思い出深く、当時この事件を題材にしたテレビの特番があるたびにかじりつくようにして画面に釘付けになっていたことを思い出した。あの頃、ある種犯人グループをヒーロー視していたようにも記憶する。 ひょっとして、ここまでとはいかなくとも、これに近い事が事件の真相としてあるのではないかと思いながら、まるでノンフィクションを読むように読み進める事が出来た。

4か月前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholderBb8de94a 338b 434d 9329 cacc809fdeb3Babe3353 2646 4d08 951e bd10673d79a3Icon user placeholderIcon user placeholder7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a 107
勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

勝ちすぎた栄光の裏にあった挫折や喪失、野球だけでなく人生の良い面も悪い面も含めた魅力を感じることができ、読んでいて楽しかった。 田中のマー君の世代と監督との確執は知らなかったので興味深かった。

5か月前

Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc07c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea50286ceefa 072a 4f64 a27b 990ddc830cdbE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e