Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

(c" ತ,_ತ)

19

コメントした本

雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール

一気に読み干した。 何故か、途中、若い頃よく読んだ村上龍を思い出した。 洗脳と暴力に上に胡座をかきのさばる輩が居ると、時々事件になり新聞等を賑わすが、そういう人種と対峙するのはなかなかに難しいのであろうと、この小説を読んで想像させられた。

約1か月前

ライオン・ブルー

中盤までは楽しく読めたが、主人公の本当の姿が露わになった中盤以降はなんだか冷めた気持ちになった。 カタルシスがないというか、中途半端に嫌な気持ちにさせられたと読み終えて感じる。 どうしても主人公の行動に合点がいかないと思わざるを得なく、期待して読み進めていただけに残念に感じる。

約2か月前

マトリョーシカ・ブラッド

読み終えた後、絶句である。 前半から中盤までは、謎解きに夢中になれる読んでいて楽しい警察小説だと感じていた。 夢中で読んでいるうちに後半に差し掛かる。 そこからがエグい。 誰が誰を愛し、誰が誰を騙し、嘘に嘘を重ね… ラストシーンを読んで、コレは必ず映画化されるな…と、思った。

約2か月前

甲子園という病

高校野球批判かと思いきや、そうではなく、優しい眼差しで高校野球を見つめ、良い方向に導きたいという著者の願いが伝わる一冊だった。 高校野球の、甲子園の、悪い部分を指摘しつつも、そんな中、正しいやり方や理にかなった指導や考えの元で成功した例が挙げられており、野球人口の減少なども昨今は話題になるが、けして未来は暗くはなく、やり方次第で高校野球を含むスポーツの未来は明るいと感じさせてくれた。

3か月前

9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40
昭和の怪物 七つの謎

東條英機も石原莞爾も吉田茂も充分に怪物だが、一番謎めいているように思えた瀬島龍三が、その謎多き怪しげな存在感故に、この中では一番怪物に思えた。 また、理由はどうあれ東條のような人間に国を任せたことは、本当に悲劇であり笑えない喜劇であると感じた。 二度とあってはならない。

3か月前

3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcBd5e7bab f008 4f76 be5e fe007abc931bD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf133c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa 11
十五の夏

この人の私小説はいつも楽しく読み応えがある。 中学時代のモノや、大学生活モノ、外交官になりたての頃のイギリス生活モノなど読んできたが、この高校一年生の夏の旅の思い出話も相当に興味深く面白いモノだった。 子供の頃からの特異で貴重な体験の積み重ねが、こういったユニークで才能ある人を生むということなのだろう。 だいたいあの時代に15歳で共産圏を一人旅なんて尋常じゃない。 でも、そこが凄い。

4か月前

離れ折紙

美術品を餌に騙し騙される人々の短編をチェーンのように繋いだ短編集。所詮人は花より団子、芸術美術と口ではのたまうが結局は金なのねって感じで楽しく読めました。

8か月前

プロ野球・二軍の謎

もうちょっとフロントとのやりとりとか、もっと謎な部分まで突っ込んで欲しかった。

10か月前

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男

もっとゲスでドス黒い内容を期待していただけに残念と感じるアッサリした内容で速攻で読み終えてしまった。 だけど、若いナイスバディの女の子とのセックスだけを目標として生きていく野崎さんには好感が持てた。

12か月前

142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eIcon user placeholder9e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b936Icon user placeholder3e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf0688
路地の子

部落解放同盟・共産党・右翼・極道入り乱れるアウトレイジ感が面白かったが、裏社会のエゲツなさはあれども、主人公の人生の歩みに爽快感を感じる。

約1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d5009f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4 10
蜃気楼の犬

連作の警察小説で、一つの街で起きる事件の短編と短編の出来事や人物が連なる事により、世の中広いようで狭いと感じさせてくれる。 主人公の嫁がどうなったのか?が知りたいので続編を期待する。

約1か月前

白い衝動

精神分析という分野に疎いせいか、所々リアリティに欠けるように感じてしまう部分があり、全体的に物語がボヤけたものに思えてしまったが、充分楽しめる話ではあった。 謎解きの部分でちょっと納得がいかないというか、その人物が犯人なの???それはちょっとなー、その人物がそんな残虐なことできるかー?的な違和感を覚える点があったりもした。 ま、冒頭からさまざまな伏線が張られていて、それが主人公に繋がっていくといったところは興味深く読めた。

約2か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a
自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影

良いのか悪いのかは知らないが、昔の政治家の方が危なっかしいくてイタいが人間が面白い。 今の育ちの良い政治家達を本にしても、この本に載るようなダイナミックなエピソードは出てこないんだろうな…と思った。

2か月前

D69cbbab fc13 4d5c a6d5 32109ad53a1cIcon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59d
歪んだ波紋

短編集ではあるが、全ての話の登場人物が大手新聞社に繋がっており、新聞記者、また元新聞記者達が騙し騙され操り操られ、既存メディアと新しく出てきたネットメディアの喧嘩が心躍らせる。 新聞がネットニュースに殴られたかと思うと、次の話ではネットニュースが元新聞記者に殴られる。 最後の短編において、ラスト「記者は現場やで」の言葉に目を覚ました主人公の行く末も読みたいと思わされた。

3か月前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edIcon user placeholderDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa928a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0 14
泥濘

極道の抗争に大阪府警OB、社会福祉法人、有料老人ホーム、オレオレ詐欺を絡ませて味付けする所にリアリティがあり、黒川博行さんらしさがと感じる。 この疫病神シリーズは毎回面白いが、この最新刊は中でも三本の指に入るであろう出来の良さだと思う。 少々話は複雑ではあるが、読み応えという点でシリーズの中でも上位に入ると感じた。 新聞の大阪版の社会面では、悪さをした大阪府警の刑事の記事をちょくちょく見かけるが、だからこそ黒川博行さんの描く、大阪という街での、この種のヤクザと刑事が似た者同士でエグいほどのワルであるという物語が本当にリアルに感じられる。

4か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9
二度のお別れ

疫病神シリーズから読み始めて黒川博行さんのファンになり、それなりの数の作品を読んできたが、とうとうというかやっとデビュー作品を読んでみた。 やはり昔の作品なので今とは文体や雰囲気が違ったりしてはいるが、良くできた話だし、黒川博行らしさというか、関西弁のやりとりや大阪の街の詳細な模写などの黒川クオリティは最初っからだったんだなと楽しく読めた。 ラストの物語の事件の種明かしはワクワクしながら読み進めたが、ラスト一行のセリフの内容には痺れた。

7か月前

落英

薬物対策課の刑事コンビの覚醒剤取締の話から、偶然にも捜査中に曰く付きの拳銃が発見されたところからグンとスピード感が溢れ出し、黒川博行さんの刑事モノにありがちな刑事が悪に手を染めるパターンで、ラスト一件落着と思わせといて結局ハッピーエンドとはいかないところも黒川博行さんらしい作品。 楽しんで読めた。

9か月前

罪の声

自宅から出てきたテープに録音された内容が、あの有名な未解決事件に使われた子供の声で、しかもその声が幼き頃の自分の声だった…というスタートがそもそもこの小説を成功に導いていると思う。 グリコ森永の頃大阪で小学校低学年だった自分にとってこの事件は特別であり思い出深く、当時この事件を題材にしたテレビの特番があるたびにかじりつくようにして画面に釘付けになっていたことを思い出した。あの頃、ある種犯人グループをヒーロー視していたようにも記憶する。 ひょっとして、ここまでとはいかなくとも、これに近い事が事件の真相としてあるのではないかと思いながら、まるでノンフィクションを読むように読み進める事が出来た。

11か月前

714d5c7f bec3 4733 89ef 241ea0f520a66efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7153e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 155
勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇

勝ちすぎた栄光の裏にあった挫折や喪失、野球だけでなく人生の良い面も悪い面も含めた魅力を感じることができ、読んでいて楽しかった。 田中のマー君の世代と監督との確執は知らなかったので興味深かった。

12か月前

Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc07c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea50286ceefa 072a 4f64 a27b 990ddc830cdbE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e