19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

腐っている成人済みオタク。夢BLNLGLなんでもOK。手帳・文房具も好き。今はFGOにハマっている。オルタニキ・ガウェイン贔屓。RT多めです。無言フォロー失礼します。※腐ツイート含みます。 pixiv→ https://t.co/oIUYbiWD8o

12

コメントした本

ヒトごろし

相変わらず京極氏の著書は分厚すぎる。 分厚くても、改行が多めだったから読みづらくはなかった。 新選組副長土方歳三の一生をフィクションを綯交ぜにしながら描いていた。 人を殺すことでしか生きる道のない人外として土方を描いていて、あまり情とかは感じられなかった。 それこそが「鬼の副長」に相応しく、同時に新選組を利用していつでも殺そうと思っているところがとても人外らしい。 近藤勇もお飾りとして利用していたけど、近藤も土方の目的を察していたらしく、この二人は不思議な縁だなぁと思った。 土方のことが好きな涼という女は名前からして坂本龍馬の関係者だと思ったけど、似た名前なだけだった。最期に土方が涼を殺すためにがむしゃらに守って死ぬところが人外だけではない心を感じた。 同じ人殺しの人外である沖田とは仲が良くないが、同族嫌悪なんだろうなぁ。 人を殺すことと、戦争は違うというのが納得できる考えだった。

3か月前

5ace6702 1746 41f7 9378 2e7cda372cb0Icon user placeholder25061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b8367e04254e 4c7c 47c6 9424 052b6462a3a626a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a0589bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f 12
何様

割と性的な描写が多かった。 高校生や大学生はそういうお年頃だから、仕方ないかもしれないけど…。 前作の内容や登場人物は間が空いたから忘れてしまったけど、微妙な人間関係の書き方は良かった。 特に、女の子同士の空気の感じはわかりやすかった。 就活に直接関係する話は多くなかった気がする。

6か月前

Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fE96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaedBab25638 243c 4217 ac77 f9d92acc334e5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 45
かがみの孤城

私自身が、家庭環境と友人関係に恵まれなくて不登校やフリースクールを見学した経験があるので、途中でかつての自分を思い出して涙ぐんだりもした。 それぞれの記憶の中でQUOカードを知らなかったり、ポケベルを使ってたりしていて、未来や過去の、同じ中学校に通えなかった子だと気づいた。 オオカミさまがリオの亡くなった姉だとすると、もう少しリオを主人公っぽく描いて欲しかった。 こころとリオは、そのうち付き合いそうな気もした。 エピローグで、城の中の記憶は失っても、こうして関係は繋がっていることがとても嬉しかった。 今、不登校の子どもには辛いかもしれないけど読んで欲しい。 現実はいつも側にいるし、変わらないけど、でもこういう夢を見てもいいんじゃないかな。

9か月前

00b9dca2 2f0b 450e 9964 f0cc8b8c69fbC2786b23 baf4 422b 9f7a e38d074fd24aE524c3c4 c31b 442b b205 216ab749177947dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71bIcon user placeholderC9b1b58a 0970 4ac1 bdb3 d4646e78911d0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd19 502
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

村上春樹氏の著作は話題になっても、ちゃんと読んだことが今までなかった。 タイトルがファンタジーっぽくて気になったが、舞台は日本だった。 よく言われるように、性描写が多くてねちっこい。 性器の名称など、そこまで必要なのか?とも思う。 ただ、正体不明の金持ち・免色がどんな目的で主人公の絵描きに近づいたのかが気になる。 友人の父親が高名な日本画家で、隠していた絵画を見つけたり、夜中に鳴る鈴の音の謎など、日常に潜む不気味さがある。 主人公の妻が、離婚を切り出して主人公は一人ドライブで逃避したり、孤独感もあった。 その「騎士団長殺し」という絵画から、殺される騎士団長の姿をした「イデア」と名乗る存在が主人公に話しかけたり、(主人公にしか見えない)絵画そのものの声が聞こえるような能力を主人公は持っているのかな?と思った。 結末はまだわからないが、主人公が免色の事情にどんどん巻き込まれている感があった。

10か月前

87ef14bb 3e70 4a35 8fc5 fb71a1657cf2Icon user placeholder6e47a3fe 3e71 47f6 8873 e41e0609936b0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a3de069f4 1bb1 437b b1a7 36872e5166b1420043ed a5aa 4a3b afc2 ece0bb448033464938e3 95b2 43db 9726 682a03942986 166
新 手帳で楽しむスケッチイラスト

デザイナーやイラストレーターを中心に、活用している手帳のイラストがたくさん見れて、色彩豊かだった。 サイトアドレスの他にも、TwitterやInstagramのIDも載っていたのが良かった。 ほぼ日手帳とトラベラーズノートの使用率が多かった。

10か月前

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

旭川の街を舞台としたライトミステリー。 でも、骨や死体を好む櫻子さんが今まで見たことのないキャラクター性を持っていて、面白かった。 そんな櫻子さんの助手のような正太郎が櫻子さんのフォローもしているのが微笑ましかった。 きっと櫻子さんのことが好きなんだろうな。 だからこそ、「第壱骨 美しい人」では、正太郎の憧れの人が死んでしまって、その無念さが可哀想だった。 櫻子さんは変人で空気が読めないかもしれないけど、2人の関係性が良かった。

1年前

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cfBacf1d5b 86ee 43f8 ab3f 5c0665bc70eb427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bC9905efd e638 43eb aef0 f94b2d26ae1eDc517a4f 766c 4286 89a1 c72ec6b9f863Icon user placeholderA9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451e 13
攻殻機動隊小説アンソロジー

プロの作家さんたちによる、攻殻の公式アンソロ。 それぞれ作家さんたちごとにフォントが違うのが凝っていて面白いけど、少し目が慣れるのに時間がかかった。 朝霧カフカ版は、まだ草薙と会っていない、笑い男事件後のアオイと元軍人でまだ日本にいたクゼヒデオが会っていたりなど、嬉しい共演だった。 神山版だけではなく、「人形遣い」を知っている原作ないし押井版の草薙素子も出てきて、面白かった。 バトーとトグサ(特にバトー)の出番も多かった。

5か月前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
結物語

第一巻目でまだ高校生だった暦たちが大人になって就職していて、時間の流れの速さを感じた。 暦と同じように不死身になった職場の、新キャラも出てきて相変わらず名前が凄い。 羽川は、まるで「十二大戦」の猿のように平和を目指しているけど、どこかで狂ってしまっている。 忍野メメに言われた通り、羽川は気持ち悪くて 、暦ももう関わりたくない感じで、世間は広くて狭くて、人って変わることを見せつけられた。 ひたぎが現れるまでは二人は実は両想いだったけど、暦にはやはりひたぎがお似合いだと思った。 阿良々木家に来たのは、本物の羽川だと思う。 八九寺や忍野や貝木が出てこなかったのは残念だけど、第一巻から成長したり色んなことを経験した暦たちが見れて良かった。 次のシーズンは大学生時代の暦の話で、そろそろ綺麗に終わってもいいと思う。

9か月前

1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7154ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

これで完結したという感じがない。 主人公がイデアの騎士団長を殺し、「顔なが」が登場することによって、謎の地下世界を探検するシーンは良かった。 同じく失踪した秋川まりえと体験したことを共有することで主人公と免色が顔を合わせることはなくなり、妻とも元と同じく暮らすことになる。 これは、主人公が数ヶ月の間に体験した非日常の一部で、妻と暮らしてからそれもなくなり、一段落したのかなぁ。 ただ、真実を友人には言えなくて、その後の関係は大丈夫なのか、と思った。 主人公と免色は長くは付き合えないタイプなのかな。 エンターテイメントというには、その結末があっけなく、芸術的なストーリーだと思う。 第1部よりは無意味な性描写が減っていた。 村上春樹の著作は、自分とはあまり合わないかもしれない…。 食事を作るシーンや音楽を聴くシーンも多く、著者の趣味が多く出ていたと思う。

10か月前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e460a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b0b34bb49 6464 4e7a 89d1 767b156d7fbcIcon user placeholderEad79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea 120
面白いほどよくわかる! 犯罪心理学

様々な犯罪についての理由や原因、更生について書かれていた。 性犯罪についての項目が多いように感じたし、現在(2018年)と比べて変わったところもあった。 少年犯罪・非行少年についても詳しく書かれていた。 イラスト付きで、わかりやすかった。

10か月前

856a7662 db95 4ec6 89a7 281b12f9382f971b5b6d 2e53 4b2e acd8 ccd8b73a052d51a6aa47 efcf 4a67 9553 4ae3d65d61ddC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13
和菓子のアン

「お仕事ミステリー」と銘打っているけど、日常のちょっとした謎を解くだけで、ミステリーまではいかないと思った。 ぽっちゃり体型の梅本杏子がデパ地下の和菓子屋さんで働くことになり、ヤクザ風の和菓子職人やオトメンやイケメン同僚らとの交流が楽しそうで、こちらも心がほっこりした。 和菓子の名前の意味や歴史もわかり、一石二鳥の仕事だなぁと思った。 杏子とオトメンの立花草太郎が良い雰囲気のように感じて、2人の行く末を見守りたいと思った。 恋人のいるお客さんが多かった。 クリスマスやお正月などイベントごとが多くて、これからにぴったりだった。

1年前

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581C4d145e6 c128 48fd 88d8 c87e68f3ac9e7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892420043ed a5aa 4a3b afc2 ece0bb448033B790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d4 95
掟上今日子の備忘録

ライトミステリーという感じで読みやすかったけど、物足りなかった。 探偵の女の子を主人公の男が好きなところは、まるで「ビブリア」シリーズのようだった。 「ビブリア」シリーズがライトミステリーの先駆けということもあるが。 探偵の掟上今日子が探偵として生きる意味や出発点が興味深かった。 スマホやクラウドサービスが所々に出てきて、デジタル社会を意識しているなぁと思った。 主人公の隠館厄介はいつも犯人として疑われるが、彼にも友人がいて良かった。 厄介が知る他の探偵も気になる。

1年前

5ccce948 fb39 470d b106 d50c34d573e18f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf1cbff4d3 a5a5 45eb 9033 1ef0b1441b3aE0f70090 5193 42ac 83f7 14a94078786eEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Icon user placeholder86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2 41