Icon user placeholder

seiryo

コーヒーと本

コーヒーと本

31

コメントした本

チルドレン

陣内のような人を巻き込んで振り回せる人間が大物になるのだと思う

11か月前

79969e4c 1006 4e87 8bbc e6086fec06aa48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe1175920b1ba b31a 4eb7 88dc f3328626c084D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0A64335ed ab91 47bf 88a1 4f78255167d8Icon user placeholderDc2f99c9 5693 4b4f 9075 dc8ca5b434a0 148
影法師

最後になってタイトルの意味が分かり、呆気にとられた。 人のために生きる。なにが幸せなのか。考えて日々を過ごしたいと思わせる作品であった。

11か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fIcon user placeholder2ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6Icon user placeholder9871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d5133105bb3e682 875e 4c67 a289 e0d19611d60a 31
輝く夜

読んでいて不意に涙がこぼれそうになった。 クリスマスに起こる奇跡を短編にしたこの作品は百田さんが作品を書く上で意識している「希望」をよりダイレクトに読者へ伝えようとしているのが分かる。運命とか奇跡とかそういった実体のないものが一つ一つ繋がって幸せに結びつくことは必ずあるのだ。「希望」を持ち続ければ

11か月前

458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31a3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03813b6c4b 5d49 4808 a313 18c0aec3d6cc458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bF20e342f 732d 4200 8ee1 23fb1cfc01bb03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 13
せんせい。

自分はせんせいとしっかり向き合っていただろうか。今なら目を見て昔のことだと笑って話せるだろうか。

11か月前

Icon user placeholder887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95d3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholder81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589dE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e 12
赤眼評論

日常生活でふと思うことが勢い良く書かれている。ボールペンは途中で書けなくなって使いづらい!!それに比べて万年筆は〜 のように笑 たしかに!と思うようになってどんどん読み進めてしまう作品

11か月前