Icon user placeholder

seiryo

コーヒーと本

コーヒーと本

33

コメントした本

チルドレン

陣内のような人を巻き込んで振り回せる人間が大物になるのだと思う

約1年前

6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271496fe3291 ff5e 4c9b 9b33 a791082e9bd528e29977 f8a0 414b 83c7 1328b9f8e118B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8495cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66dD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591 178
影法師

最後になってタイトルの意味が分かり、呆気にとられた。 人のために生きる。なにが幸せなのか。考えて日々を過ごしたいと思わせる作品であった。

約1年前

Icon user placeholder0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527Dec339de 41bc 4cd3 9fd3 0d8fe097c7335e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d382efae51c 3c12 4b88 a9b5 38bb4cbab3dd95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193 38
輝く夜

読んでいて不意に涙がこぼれそうになった。 クリスマスに起こる奇跡を短編にしたこの作品は百田さんが作品を書く上で意識している「希望」をよりダイレクトに読者へ伝えようとしているのが分かる。運命とか奇跡とかそういった実体のないものが一つ一つ繋がって幸せに結びつくことは必ずあるのだ。「希望」を持ち続ければ

約1年前

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175276c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851c96d5802b 6451 4dab abd2 12cf27d2aa1c3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31a3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03 17
せんせい。

自分はせんせいとしっかり向き合っていただろうか。今なら目を見て昔のことだと笑って話せるだろうか。

約1年前

3055f579 0f90 4aaa 913f f397d8888fe72a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c16bdd9d8 c57c 4f72 9032 bd24163f2448Icon user placeholder887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95d3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholder 15
赤眼評論

日常生活でふと思うことが勢い良く書かれている。ボールペンは途中で書けなくなって使いづらい!!それに比べて万年筆は〜 のように笑 たしかに!と思うようになってどんどん読み進めてしまう作品

約1年前