2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

sora@あろす

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、音楽中毒…

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、音楽中毒、愛煙家、理系、塾講師。不自由の中で自由気ままに、人を疑うこと疑い、感覚を言葉に。 読書仲間に出逢えることを仄かに期待しつつ、ぽつりぽつりと読んだものへの感想を書いていこうと思います。 感想を綴ることをサボっていたもののリハビリ開始。

133

コメントした本

折れた竜骨 上

ファンタジーベースのミステリィ。 とぷりと世界観に浸る。 2017/07/24 読了

約1年前

Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed3a97a33c ff3d 489a 9fbd 2defd2593324F177721c 632e 4d15 ba0f d7e7df0ef864B0cbcc59 1285 4231 8031 9bc0f61e71ef6f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0 9
夜の写本師

ファンタジーの濃密な世界観は癖になる。 心地良く疲れた頭でぼーっと読後感に浸る。 楽しい物語だった。 2017/05/05 読了

1年前

13b142e8 15a1 4fe0 aa8c ca2ef2d550b56c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb44928f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3A5431158 c238 4487 9105 a5b9b1eb70d74a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd 17
ひきこもりの弟だった

「この本を読んで何も感じなかったとしたら、それはある意味で、とても幸せなことだと思う」という三秋氏の推薦文に惹かれ購入。そんな幸せなんか糞食らえだという感想を抱いた捻くれ者の自分を再発見した。 心にグサグサ刺さる言葉に、胸が締め付けられるような読後感、こういう物語が堪らなく愛おしい。 幸せになって欲しい相手と幸せにすると決意する相手が同じ必要はない。好きだからこそ、自分ではない誰かに任せることが正しいと判断する感覚はどれだけ共感者がいるものなのだろう。 お決まりのハッピーエンドではなかったことに安心と感謝を。 手料理を食べることは作ってくれた相手の時間をも食べているという考えには目から鱗でした。 2017/05/03 読了

1年前

Icon user placeholder5e3859c7 c3e5 4f73 b311 135bbbd1a0cc24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a392c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bE1220e13 57b2 460d 90f6 c611ee319cf6 46
そして君の声が響く

レール外の青春のお話。 ヒロインが初めての彼女と同じ名前で、雰囲気も似ていてドギマギ。 余韻漂う終わり方。 2017/04/02 読了

1年前

銃とチョコレート

黒でも白でもない、白に近い灰色の乙一。 黒乙一が好きな自分としては物足りなかった。 少年の冒険活劇なので、子どもの方が楽しめるかも。 2017/03/25 読了

1年前

3b30d5d5 14c1 4ed2 ba30 c8e6237444a9D748cf70 41f2 4356 9e75 8014e1b582d4F2f82b62 9e2f 49d0 a6c6 d5e70d3009b78a8ac339 8332 455f 9cad d3b908c0287bIcon user placeholder1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd664Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f 13
図書館の魔女 第四巻

時間の飛ぶ程に没入出来る物語は何にも代え難い。1巻、また1巻と手に取る毎に先行きへの期待とこの世界との決別の跫とが相まった。 文字よりも会話よりも言葉が好きな自分には格別な逸品だった。 何をどうこう伝えるよりも、さっさと読んでくれたまえ!と薦めたい1冊。 2017/01/14 読了

約2年前

D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccfIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder73ee2f28 6bca 4fdd b75d 37634cd48753D54e09ea ce98 477c 97d2 a93c1a4cccfe279e4c3d 4f48 4384 87de 10f0379cd9fa 12
ゾンビの作法 もしもゾンビになったら

持っているだけで楽しくなる、存在が面白い稀有な本。ゾンビランドなどの映画を見ているとくすりとさせられる小ネタも散りばめられているが、基本的には真面目に語られていて、そこも面白いポイント。 内容は初心者向けの入門書といったところ。ゾンビになりかけの人に薦めたい1冊で、ゾンビになる前に読み終えることが出来て一安心。ゾンビチェックもあるので、ゾンビになってしまったかもしれないという方にもオススメです。 持ち運ぶには少し大きいので、ポケット版が出ることを期待(ユニークな持ち運び方法は本書にて)。 2016/10/04 読了

約2年前

僕が電話をかけていた場所

現実のご近所さんのような世界の優しいお話。 ざぶんと潜って現実を意識させられず、あっという間に読み終えてしまった。 あとがきの「正しい夏」について脳内会議。 読後に表紙を眺めるのも楽しい。 2016/09/29 読了

約2年前

Icon user placeholder2a51eb88 d3ff 4c4b bcb4 d886f4e221e61b32442e a73f 46d4 a40a 4486338bbf9f13a762b4 6aef 4078 bac2 4f811bd48334E1220e13 57b2 460d 90f6 c611ee319cf64595c374 e72e 4c18 9b24 8f5314a5ee12Icon user placeholder 16
バトル・ロワイアル

久々に映画を見返していたら、どうにも読みたくなってしまった。キリの良いところで映画と原作を行ったり来たりしながら読んだ。 設定や人物、展開が各々で少しずつ違うので多少混乱する可能性があるためオススメは出来ません。 グロテスクだの怖いだのという感想が多い中、素敵な友情の物語だよ!と言い張っていた自分。再読した感想としては、そんなに単純ではない。もっと深い何かがある気がする(まだ手は届かないけれど)。やっぱり好きだというのは変わらない。 感想を書くのをサボっていたがまたぼちぼち書いていこう。 2016/06/06 読了

2年前

68fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e04641c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a025fe2d9b 4d88 4fc6 b36a bc895cad9285
折れた竜骨 下

ニコラとソロンのその後が気になる。 2017/07/24 読了

約1年前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edF177721c 632e 4d15 ba0f d7e7df0ef8646f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0
神さまのビオトープ

歪な愛の上澄みのお話。 普通という呪縛への問題提起。マイノリティ=悪ではない、というところには頷けた。 2017/05/04 読了

1年前

F5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c121525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad490cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a6c85bf1c 3d04 4ea3 9f3b cb6c0d54ed493a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf5134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb605b7bf3d2 16d1 44e0 9012 c31318f9357c 12
舟を編む

アニメから入ったが、カットされていた言葉の説明や香具矢さんとのやりとりなどがあり、是非アニメを見た人にも読んでほしい。 辞書を見る目が変わりそう。 恋文全文(?)にオーディオコメンタリーのようなことがされており、筆者の遊び心も素敵でした。 2017/04/16 読了

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55383e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be4ac592c1 c442 4773 91be 4871de228359Icon user placeholder 293
金曜のバカ

愛すべきバカ。 少しズレた青春の短編集。 バカはバカに愛されるのなら、そんなバカに出逢いたいものだ。 2017/03/26 読了

1年前

2e2c6a29 0acf 4467 bef5 4f072ce826a39a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f40935e97da5 3439 488c a827 96a738a1bc52A7d2093d 2435 4293 bedd e792e04598d00402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 23
夜葬

着信アリのスマホ版という印象。 機械が進歩するとオカルトも進歩するのは面白い。 2017/03/10 読了

1年前

Dfd5ce13 2356 47d8 aac5 7ba58df4cac78f286b70 e37c 4bdf b257 f4c38ce0d72e0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8
MUSIC

疾走する青春。 変拍子する個たる多。 摩訶不思議でフィクション。 ニャンが主役でラビを卒業、ワンの出番はなし。

約2年前

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI

石田衣良の小説には妙な透明感がある気がする。綺麗事に似ているけれど、違う何か。それが好きでハマっていた高校時代から早10年、最近手が伸びていなかったのはそれがなんとなく鼻につくような気がしていたからかもしれない。 ひさびさのIWGPシリーズは懐かしいスナック感覚。サルの出番が少ないのが少し寂しい。それはそうと、マコトから連想する和音の着メロが懐かしい。 2016/10/04 読了

約2年前

残り全部バケーション

初めの3行で笑みが洩れ、ぐいっと前のめりに読んでいたら鮮やかなフェイント。 散りばめられている伏線のうち、看破出来たものと出来なかったものとのバランスがちょうど良かった。手がかするくらいまで届いていたにも関わらず実はもう一捻り加わっていたり、と楽しいお話でした。 どっぷりではない連作短編なのかなと思っていたら、初出がバラバラなのにびっくり仰天。 2016/06/09 読了

2年前

B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa16540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567B36099dd 2b9e 46b5 8b12 2a8715bcd03c69c787d9 7e6d 4132 877e 19d44f8608ba 68
屋根裏の美少年

美少年探偵団シリーズ第3弾。 男装根暗と不良くんとのやり取りが安定してきて味が増してきた。個人的には、根暗ちゃんにポジティブに成らずにいて欲しい。 西尾維新の書く女性はどうしてこうも魅力的で格好が良いのか。 2016/03/28 読了

2年前