Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

本とお酒と映画が好きです。

27

コメントした本

風と共にゆとりぬ

荘厳な装丁に騙されるな。重みのある箔押しのハードカバーと裏腹に、中身はひたすらくだらな楽しい1冊。(帯に書かれていることが全て) 朝井リョウの小説はそんなに好きじゃないけど、エッセイは好きなんだよな。なんでだろう、なんならアンアンの連載も読んでる(早く単行本化してほしい)。前作の「時をかけるゆとり」におとらぬくだらなさ。実にゆるく楽しめた。若干、今回の方があざとさを多少感じたかも(まあそれが持ち味でもあるけど) この人のエッセイの凄いところは、たまーーにじんわりくるものが入ってるところ。 実に絶妙なバランスだと思う。今回でいえば「子どもにとっての言葉」。良いこと書いてるから、子どもと接する大人もこれから接する子どもたちもみんな読んだ方がいい。「夏裁判」もとても朝井リョウらしい視点で風刺してて面白い。持ち味爆裂。 しかし柚木麻子との結婚式余興話は腹抱えて笑った。頭の良い人が本気でバカをやると最高に楽しくなるという実例。私そういうの大好きなんだよな〜

4日前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f51a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c00389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150fIcon user placeholder648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 13
Red

煽ってるほど淫らな話ではない。 もっともっと切ない。 以下、まとまらないので書き散らし。 * 島本理生は不安定な少女〜若い女性を描くイメージがあるので、大人の女性を書くとこうなるのね、って感じ。官能的なシーンは思ってるより多くは無かったけど、さすが。官能といっても文章が美しいのでむしろ純潔さすら感じた。 今までの島本作品のイメージカラーといえば、どちらかといえば青や白、銀色などの寒色なんだけど、本作は「Red」。タイトルからしてこれまでを覆すという、わくわくした。 ただ、共感できるかは真っ二つに分かれる気がする。たぶん性に重きを置いてない人にはまるで理解できないと思う。自分で感情のコントロールを取れるタイプの人たちにもわからないんじゃないかな。 島本理生が発売記念トークショーで「好きじゃないと女は寝ないと思っているのはファンタジー、男も女も変わらない」と淡々と語っていたのは、さすが、とも思ったし衝撃も受けた。 この主人公のバランス感覚の悪さなあ、、抑圧されていて、周りの期待に応える方が楽だから選ばずとも自然にそうしていて、自己肯定感が低い。だからこそ自分の選んだ人には心底陶酔するし、何されても裏切れない。そして本質的には本能的だから人の予測つかないところでとんでもないことをする。少しわかるものもある…かも。 ただ、小鷹さんにいっときでも惹かれたのは謎だった。確かに実際にいたら魅力的なのか?うーん。。完全にヤバい男だと思うけど。ここだけ、いまいち共感できなかった。でもラストの一緒に酒飲んで、助言してくれるシーンでは印象変わったかな。彼もちゃんと「人」だった。 最後、鞍田さんと結ばれなかったのは本当に悲しい…。あの夫と家族とやり直す決断をしたのは、今までの島本作品と違ってやはり母だからなんだろうな。翠ちゃんの「気づかないようなため息」が全てなんだろう。気づいてしまったから、我慢でもなんでもなく、それしか選択は無かった。 夫の身勝手っぷりには終始イライラしたけど、なんだかんだエピローグでは幸せそうだったから、生きていくとはこういうものなのでしょうか。 本の感想から少しズレるけど、翠ちゃんが昔は屈託無く天真爛漫だったのに今は年齢の割に大人びてクールっていうの、わかる。本当に人間って家庭環境を察知して人格形成されると思う。自分があれだった分、大体は人と接してるとなんとなくそのひとの家庭環境わかる…というのと、自分は本当に「家族」や育ちの良さ、というものにコンプレックスを感じているのだと嫌でも思い知らされて若干辛かった。(でもそんな環境だとハングリー精神 だけ は身につくんだよね…) トークショー、ちゃんと読了してから臨みたかったな。。もったいなさすぎる…。自分の10月の忙殺っぷりが本当に悔やまれる、、

8日前

0dc18c37 ba94 4a83 b5e8 898fcb98986eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f0287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47032d2dcc d6a7 4158 83e3 5d549e7d0b8e7e5238f8 052e 44b9 9112 8022408cf82e1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d4819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d 12
ar 2017年 12月号

新しい橋本環奈の魅力!! arらしく女性ウケ狙ってると思うが素晴らしい。いつものキラキラ環奈ちゃんも可愛いけど、今回のような大人セクシー路線も美しすぎる。そして似合ってる!!ヘアメイクもスタイリングもぴったり。 かなりどきっとさせられる、これは良い特集。

11日前

春の呪い 2

友人に借りて読了。 絵は荒いけど一気に読ませられる魅力有り。 ひたすら暗いが、、笑 なんだか危ういところに引き込まれる。 だらだら続けず2巻で完結させたところも良い。

13日前

E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2Ecfe4885 f1c9 4bd8 a15e 0bd9a7e9121f27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874Cef3a9b2 1370 49ab 8079 b49ad5c3367a
クレンジングをやめたら肌がきれいになった

人から頂いて読了。 1冊まるごとメイクモデルが安達祐実。 帯コメントどころではなく、紙面に使えるっていうのが凄い。文春にこういう本のイメージあんまりなかったなあ。 さすがに石けんオフメイクに変えるのはちょっとハードル高いけど、成分のことなど知識としておもしろく読めた。本のつくりも綺麗。

23日前

愛なんて嘘

恋愛は言葉にできる感情だけじゃない 説明できる関係だけじゃない 愛「なんて」、 嘘とはフィクションなのか幻なのか。 みんな歪んでるけど、だからこそ理解らないところがわかる気がする。かなり刺さる短編集だった。

24日前

別冊マーガレット 2017年 12 月号

君に届け、遂に完結。 最高に爽やかで気持ちの良い最終回! かれこれ12年の連載か…。 高一のころ、部室に置いてあって全員夢中になって読んでた。懐かしい。(もう社会人5年目だよ…震える) 少女マンガの実写映画化は増えたけど、少女マンガで国民的漫画と呼べるものは少ないと思っていて。そんな中、本作は間違いなく「国民的漫画」と言える作品だと思う。 他の連載作家陣の柱コメも椎名先生を労うものばかり。改めて偉大さを感じた。 そして、最終回らしい大胆なコマ割りも最高に映えてました。10巻の伝説的とも言える風早の告白シーン、あれを彷彿とさせるものがあった。演出としてうますぎる。 スピンオフでピンとあやねの話が読みたいなあ。

7日前

伊藤くん A to E

電子書籍にて読了。 深夜に何気なくテレビつけたらやっていた連ドラの原作。ドラマが面白かったので。 こんな男のどこがいいのかさっぱりわからない、伊藤。彼に振り回されるそれぞれの女たちが振り回されながらも一歩進んでいくストーリー。 原作から入ってないからかもだけど、よくあのキャスト陣揃えたなあ〜と賞賛したくなるくらい実写キャストがぴったり!特に佐々木希と木村文乃の役はこの2人以外考えられないのでは? 映画版はこれから公開のようだけど、岡田将生という究極に顔の整ったイケメンが伊藤くんのようなクズ役やるならそれだけで観たいかも。(「悪人」でも中々クズだったけど) 個人的にはクズケンが良い男すぎたので幸せになってほしい…。笑

11日前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b479452337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cbBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3 11
ココハナ 2017年12月号 電子版 ココハナ電子版

紙本で購入。(電子版しか出てこないのはなぜだ) 月によって連載の顔ぶれが違いすぎるのが残念…。 今月は、 ・モーメント(さすが安定!) ・はらペコとスパイス(絵も可愛いし世界のごはんが毎回楽しい) ・エンゲージピンク(王道に可愛らしい) あたりがおもしろかった。 そして、やはり芦原妃名子の「bread&butter」ですね。好き。この人の漫画は暗いけど笑、刺さる名言がいっぱい出てくるんだよな。目新しくはなくても、それにまつわるエピソードがまた良いのだな。 ** んな無理にしなくても 無理したい時もあるんだよ 嬉しかったから 無理っていうか単純に 相手の喜ぶ顔を見るのが幸せなんだよね ** 大人になると 正直 と 素直 が一番難しい 誰か と 何か を言い訳に 皆 上手に嘘つくからね 何をしたいか誰といたいか どう在りたいか 正直に 素直に 幸せに

12日前

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

語彙力本は数あれど、うんちくでも雑学でもなく、より実践的な使い勝手の良い一冊。 机の上に一冊置いておくと、メール文面で迷ったときなど、ちょっとした時にすぐ調べられて安心。私のような言葉遣いに不安のある小娘は手元に置いておくと大活躍する1冊。 この本を読んで「心ばかり」をよく使うようになった…。すごく便利。。 語彙の説明だけではなく、別パートの「本来の意味から変化した言葉」「間違いやすい言葉」「改まった場でのかたい表現」「カタカナ用語」「お役所言葉言いかえマニュアル」も知識というか教養としておもしろい。

21日前

488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e9136fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afaIcon user placeholderIcon user placeholder7328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f0Icon user placeholder6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5 19
オネエ男子、はじめます。 1

可愛い、ほのぼの、ほっこり。 男子高校生のわちゃわちゃが可愛くて読んでて癒される。

24日前