7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a

ヒロッキー

読むのは遅いが本は好き❗

読むのは遅いが本は好き❗

114

コメントした本

30日で人生を変える 「続ける」習慣

ページ数は少ないが、内容は凝縮されている。

14日前

Icon user placeholder43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb149e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464Icon user placeholder902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e3
夜間飛行

勝利も敗北も越えて先に進まなければならない。 とてつもないプレッシャーの中でリヴィエールの信念が形成される様子は、善悪を超えて畏敬の念を感じさせる。

25日前

137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d2312411afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2
宗教的経験の諸相 上

まだ読み始めだが、この本の扱う「宗教」とはどこからどこまでを指すのかを丁寧に定義してから始まる。 科学は宗教を駆逐したのではなく、科学こそが新たな時代の宗教に成り代わろうとしているという考察はもっともだと思う。 エマソンが報じるような人格を持たない抽象的な概念としての神は、科学崇拝と近いものがあると思われる。自然の法則そのものがある種の神として認識されているのだ。 しかし、それは本書の本筋ではない。これからどういう方向に話が進むのかが楽しみだ。

3か月前

Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f5607e1db b8f8 4ab1 972b 23a1b09ea0f5F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdCd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6E20d83a2 7453 42b6 b4ef bac890d06b00
リチャード・カールソンの楽天主義セラピー

つらく苦しい感情や憂鬱な気分を乗り越える為にはどうすれば良いのか?この本の主張はすごくシンプルです。その事について考えなければ良い❗ あまりにもシンプルであるため受け入れ難い主張ですが、読み終わる頃には考えも変わると思います。 人生は現実であっても、人生の諸問題は思考が作り上げる「幻影」に過ぎない(本文より引用)

5か月前

聖なるもの

私にとっては非常に難解な本でした。内容自体の難解さよりも、文章のニュアンスを一つ一つ拾い上げるのが大変でした。 宗教感情についての話なんですが、多くの分野にまたがって思考が刺激されていく感覚は心地よかったです。理解出来たのは全体の2割にも満たないんですが、しかし言わんとすることの雰囲気はわかります。 論理で扱うことの出来ない分野でありながら荒唐無稽さは一切無かったように感じます。宗教を通して人間とは何かを問われているようでした。心も感情も不合理なものでありながら、人生に意味を与えるのは結局この二つであるという矛盾に突き当たってしまいます。そして、この結論に何の異論も無く受け入れることが出来ました。恐らく著者の意図とは違うところに着地しています(笑)

約1年前

読んでいない本について堂々と語る方法

読書の最終到達点は「自分自身」であるという。 しかし、そのためには読書を経由しなければならないというパラドックスに陥る。 だから、オスカー・ワイルド曰くの「批評する本は読まない」はあながち冗談ではない。彼はこのパラドックスに気が付いていたのだ。 優れた批評とは突き詰めれば自分自身についての物語である。 完全な読書などあり得ないのだと気付かせてくれた。教養もまた然り。斜め読み、飛ばし読み上等である。

20日前

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b26Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd
SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

期待したほど濃い内容ではなかった。 シングルタスクこそ真に効率的な方法であるという主張に対して、裏付けの部分にもっと爽快感が欲しかった。 スゴく全うな事が書かれてあるけど、噛み応えが無い。役には立つと思います。でも、読み返す本ではない。

約1か月前

566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684Icon user placeholderIcon user placeholder
ジュラシック・パーク〈上〉

昔読んだ記憶がある。カオス理論とは何ぞや?(笑) クライトンの現代文明批判が強く、映画版より重みのある話。

5か月前

2049f8ee 50a1 45d8 a3a7 79fef4fc4c3eBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31130be38ab cbed 44d5 b136 fa3e368b59665838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

これを実践できれば、仕事よりも家庭や人間関係で成功できると思う。 7つのステップに従って人格を鍛え上げてゆけと書かれている。決して押しつけがましくないし、著者は相当な人格者のようです。 しかし、本気で取り組んだとしても満足のゆくレベルに達するには何年もかかるでしょう。 それでも、成功するというのはやはり人間関係であり、その前に自分自身の人格が無ければいけないというのがそこらの自己啓発本と一線を画している。 人間関係信頼口座というのは目から鱗の概念だった。 追記---2018年11月17日(土)--- ある番組でハピネスポンプという言葉を知りました。功利主義に対する皮肉で、「少数の人間が自己を犠牲にし続ける事で社会全体の幸福度を向上させよう」という考え方を自ら実践する人間の事だそうです。 質の高い人生とはタダの自己犠牲とは一線を画すものだと私は信じています。

5か月前

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487Icon user placeholderE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016E94764e5 45db 401a afdf 9aa09a50872406054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3bF0481dd6 d29c 49a2 a268 34f849806988 46
太った男を殺しますか?

読み始めると止まらない。 人工知能に道徳を教えることは可能なのか?その前に自分自身は道徳感情の動作原理を理解しているだろうか? ある行為がなぜ善で、なぜ悪なのかは突き詰めると説明不可能になるようだ。まさに直感の領域。 トロッコ問題という壮大な思考実験が人間とは何なのかを浮き彫りにしてくれる。深く考えさせられるしとても面白い。まるでマイケル・サンデルの『これからの正義の話をしよう』のような印象だ。

約1年前

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb0626f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6Icon user placeholder661b2f09 abf3 4a0a 83b9 1f972e0aac5d5dc440c1 c7d0 4a9b 89e7 6d0e76efcf2eBc5f728c 3123 480b a670 ba99fe2a8137 14