01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020

もりもと

日々平穏

日々平穏

32

コメントした本

大日本帝国の興亡3:死の島々

ついに日本軍は劣勢に立たされる。ガダルカナル、そして、サイパン。

約3年前

大日本帝国の興亡1:暁のZ作戦

本当によく調べたなあと言いたくなるくらい、よく調べてる。人間臭いエピソードも多い。近衛の痔疾とか。どの本を読んでも呆然としてしまうのは、『中国』の言葉の中に満州も含まれていると誤解した部分。この誤解さえなければ、ぼくの母親も満州からの逃避行をせずに済んだかもしれないよな、と思ってしまう。。

約3年前

天地明察(上)

江戸時代に数学の道場があって、それで生活ができてたんですね〜。なんとも文化レベルの高いことです。解説にあるようにすーっと読めるのは、ほとんど悪い、嫌な奴が出てこないからでしょうね。作者の若さゆえというよりも、天に触れようとする話には似合わなかったということかも。映画にもなったそうですが、なかなかドラマが作り辛かったのではないかと想像。

約3年前

Icon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholder4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 29
どん底: 部落差別自作自演事件

この事件の記憶がなんとなくあったので、手にしてみたが…本当にイヤな話だった。。 事件そのもののイヤさよりも、全てが露見したにもかかわらず、この犯人の本音がまるで見えない(語ろうとしない)ところが不可解すぎてイヤなのだ。 ハンナ・アーレントがナチスのアイヒマンについて語った、「悪の陳腐さ」「悪の凡庸さ」という言葉をふと思い出した。

約3年前

夜よ鼠たちのために

ほんとうに文章が上手いなあと感心することしきり。ものすごい技巧的なミステリーの短編集なんだけど、技巧的すぎてわかりづらい。。ミステリーよりもラブストーリーを読みたくなりました。

約3年前

8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7Icon user placeholderDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656fEf781c63 7611 493c abf4 67cf67254f6f2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7 8
歴戦1万5000キロ―大陸縦断一号作戦従軍記

中国大陸を転戦する中隊長の手記なのだが、とにかくもう歩くのである!20キロの装備を背負い、歩くこと1日30キロから40キロ。結果、北京あたりからベトナムくんだりまでほとんど歩いて移動、時々戦争というんだから想像を絶します。。当然、歩けなくなる兵士も出てくるわけだけど、中には皆に迷惑はかけられないと自爆する者までいたりして、戦争の残酷さに言葉もなくなるという。。

約3年前

蚤と爆弾 (文春文庫)

戦時中、石井四郎率いる731部隊を描いた小説。ほぼノンフィクションといってもいいかもしれない。人体実験や細菌兵器の開発についての詳細な記述から吉村昭の取材力がわかろうというもの。一番驚いたのはあの風船爆弾の開発の原点に石井四郎がいたということ! なんという発想力! 時代が時代なら、優秀な研究者として大きく社会に貢献しただろうなあと思わずにはいられない。。

約3年前

Icon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
四万人の邦人を救った将軍―軍司令官根本博の深謀

『この命、義に捧ぐ』がちょっと物足りなかったので、こちらも読んでみることに。根本博の人物の大きさはこちらの方がよく伝わってくるね!あと酒好きな面も。笑 8月15日以降、天皇の命に背いて、四万人の日本人を救った日本人のことをよく覚えておきたい。きっとぼくの母も根本氏に救われたひとりなのだろうから。

約3年前

映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方

個人的には目からウロコな評論でした! 通過儀礼という言葉は知ってたけど、超うろ覚え。。で、映画を通過儀礼という視点で切り取っていくんだけど、なるほどなあ、と頷くことしきりでした。さて、自分はちゃんと通過儀礼をしたのかどうかは…。

約3年前

9a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b1566D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7
督促OL 修行日記

佐藤優推薦!につられて読んでみた。罵声渦巻く督促コールセンターで働くことになったOLの成長物語なんだけど、環境がブラックすぎ!なのにこの著者、前向きに努力し、悲惨な境遇を乗り越えるんですよね!頭が下がります!ただ、いろいろと参考になる自分が、ちょっとせつなかったりして。笑 それにしても、こんなにきつい職場、給料はいかほどなのでしょーか?

約3年前

大日本帝国の興亡2 :昇る太陽

連戦連勝の日本がミッドウェーで大敗するまで。ミッドウェーについて、日本側からのものしか読んだことがなかったので、アメリカも必然だけではなく、ツキがあっての勝利だったのかと。それにしても、辻政信は無茶苦茶だな。。

約3年前

さよなら、シリアルキラー

ちょっと意外な設定! 殺人鬼の息子が自分は真っ当な人間だと証明する話、かと思ってた。が、この少年、真っ当どころか、殺人鬼の素質がバリバリにあるのだ! 話の流れはシンプルで大したひねりはないけど、少年の危うい内面がよく書けているのでグイグイ引き込まれた。17歳の彼女が完成されすぎてるけど、じゃなけりゃ殺人鬼の息子とは付き合わないか。

約3年前

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841C0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c35a88fbba 6243 4f21 860e a56b513bac74A27cd244 2720 433d af04 8206c50748d8Ce9bfaef 30c3 47ef b0f6 10deccf34a7dF305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9 16
火星の人

危機また危機の連続をユーモアたっぷりに乗り越えていく姿は読んでいてとても楽しいかと♪ ただ、専門用語が具体的に想像できない場面も多く、ちょっとストレスがたまるなあ。挿絵が欲しかった。笑

約3年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869D1e97baf 4d18 4601 8d4d f77dfacfe9da78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae35e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbE1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6 33
西南シルクロードは密林に消える

やっぱり面白いよなあ、高野秀行は! 中国の公安に捕まったり、密入国に密出国、ゲリラと行動を共にもすれば、アヘンもたしなんでみたり♪ 状況が深刻になればなるほど、読者には面白くてたまらないのである。もっといっぱい苦労をしてもらいたいので、これからは新刊で買います(笑)

約3年前

8bbb5455 62a8 47ff 95da 8a6015e38e1347e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a
「日本史」の終わり

いやあ、刺激的な本でした! この国のかたちをこんなにクリアーに示されたものを読んだのは初めてかも。 日本は明治維新で近代化などしなかった。その根幹は江戸時代の延長でしかない。であるが故に制度疲労が顕在化して…とかなんとかで、なるほどと。

約3年前

コーヒーと恋愛

獅子文六が大好きなので迷わず購入。最近、書店でも獅子文六の本がちょこちょこ置かれるようになってきたので嬉しいかぎり。その昔、古本屋をまわっては真っ茶色になった本を手にしてたなあ。

約3年前

05c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e11ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f30d566eca 1259 45b6 8104 7f6c5c9a6b66Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2 50
コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと

コンテンツとは何か?なんてうすらぼんやりとしか理解してなかったので、なかなか新鮮でした。が、少しでも物を作ったことのある人ならわかりきったことを丁寧に思考していくので、ちょっと退屈でもあったりする。。

約3年前

78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cC331661e 1ede 41aa 883b 3793cac97edeE97c46d5 15d5 4ca6 91e8 a4eb4fed9cf7404e5529 e7de 4907 bf3b 5a2a160835a5D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf 25
湿地

アイスランドのミステリーなんて想像つかなかったので購入。とにかく、登場人物の名前が独特で覚えづらいなあと。笑 地道な捜査で一歩一歩真実に近づいていくスタイルのミステリーなので、淡々としている部分もあり、好き嫌いがわかれそう。ぼくはちょっと乗りきれず。。

約3年前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd020481038e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE7c8a520 2a36 4877 a815 dcf29d45de18
ミステリアスセッティング

前半はなかなか乗り切れず、『嫌われ松子の一生』みたいになるのかなあと思っていたら…。後半、とんでもない展開に! まさかのスーツケース◯◯! 感傷的なラストは好きだけど、ちょっと主人公についていけなさすぎた。。

約3年前

監督稼業めった斬り―勝つために戦え!

その昔、押井守特集をオールナイトで観た記憶が蘇ったなあ。池袋の文芸座でした。あの頃はまだ、20世紀だったか。。で、こんな切り口の監督論なんて読んだことがなかったので新鮮でした。作品論ではなく、いかにして映画を撮り続けるかという勝敗論だったとは。あえて大ヒットさせないとか、なるほどー。

約3年前