A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

本と旅に出ます。

65

コメントした本

少女地獄

「少女地獄」「童貞」「けむりを吐かぬ煙突」「女坑主」 女性と男性の、恋愛関係とは異なる奇妙な接触の話。 どの話も嘘や秘密を軸に展開する。 非現実的な事件性の強い物語ではあるが、内面描写のリアリティのお陰で、私たちも紙一重で事件に巻き込まれる人物になり得るんじゃないかという気味悪さが読後も残る。 少女地獄「何んでもない」の姫草ユリ子は、少女のもつ可憐さや儚さ、またそれにより際立つ残酷さの体現のようなキャラクター。 現代のサブカル界における少女イメージの権化のような…。 夢野先生は男性でありながら、なぜこんな人物を創ることができたのか。 個人的には「童貞」の白昼夢のようなシュールなラストがお気に入り。

6か月前

A4df591e d36b 4b5b bfbe 423ad64e732eIcon user placeholderD46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder 17
美術館の舞台裏: 魅せる展覧会を作るには

タイトル通り、舞台裏についてあらゆる角度から丁寧に記述されている。 学芸員を目指すならまず読んでおくべき書籍の一冊。 本書を読んで展覧会に出かけると、あらゆる部分に学芸員の配慮や苦労を感じることができ楽しみ方が広がるので、美術愛好家にもお勧めしたい。 違法に流通している文化財に関する法整備についての項目が特に印象的で、三億円事件とマルモッタンの盗難事件の関わりについて筆者の体験が綴られていた部分はドキドキしながら読んだ。

6か月前

他人の顔

終始不気味な空気が流れ続けているのは、顔を失ったことで世間から遮断されてしまった主人公の居心地の悪さの追体験か。 しかし都会で生活していると、他人は自分にとって単なる鏡に成り下がりがちだと思う。 言いたいことは大体、解説で大江健三郎が言及してくれていた。 映画版の武満徹による劇伴が素晴らしい。

6か月前

F2af5b1e 0183 4108 a5d5 04865d6a8696Icon user placeholder5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d78690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00Fb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 9
ひらめき教室 「弱者」のための仕事論

お二人とも、とにかくモノづくりに向き合う姿勢が誠実で、お互いの仕事に対するリスペクトがよく伝わってくる対談でした。 才能ある二人だけど、対談では飾らない語り口で、なんだか身近に感じられるのも良かったです。

1年前

73aa2da1 96d9 4d20 9ae0 7417d187da555c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdDa101cca 5a3d 4e19 8a29 f55d6ce117cb7e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a510882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e
クレーの天使

弱った心にてんしが染み込んでくる、ベッドサイドストーリーにおすすめの詩画集 絶望に打ちひしがれる儚さと、その事実を精一杯見つめる気高さ いのりたかった だれに? あいしたかった どうやって? どうしようもなく想像力が掻き立てられる 簡単な線に宿る豊かな表情をこんなに上手く言葉にしてしまえるなんて

約2年前

6c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec90885E8c6b8d0 c407 409f 90eb f26870078629
夢をかなえるゾウ

ガネーシャの教えを聞いた後のワクワク感は、変われることに期待してしまっている状態だって知ってドキッとしました。 行動しなければ、良い教えをいくら聞いても読んでも変わらない。 成功とは、やりたいこととは何なのか、漠然とした不安を抱えている人にはおすすめです。 「実践あるのみ」、心に誓います。

約2年前

D5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50Icon user placeholderFa2524bc 2942 469e b5c1 6e96c640b5cbFc7c31af ffbb 462e 8631 35a0f0fcd1af3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa8b6e997b 34a6 47ff 83cc 2aa14a90426f86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518 49
誰も知らない世界のことわざ

「翻訳できないー」に続き、作者の言葉選びが面白い。 世界中には様々な言語や言い回しがあり、それが生まれた背景にはその土地に根付く文化がある。 理屈ではわかっていても、一つ一つ細かく知る機会はなかなか無いから、ページをめくるたびに新しい出会いや発見があって面白かった。 トルコの、「ブドウは互いを見ながら熟す」とガーナの「水を持ってきてくれる人はそのいれものをこわす人でもある」が好き。 あと、ペルシアの「あなたのレバーをいただきます」は「君の膵臓を食べたい」を思い出した。

約2年前

Ef2bfba1 b495 4f87 845b 37ee3e8a3b01F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7974641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c492921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9c9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a51bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a 33
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

中学時代に読了 当時の日常に対する閉塞感とか、そこから逃げたくても逃げられない無力感とか、そういうものに共感してた 大人になった今では目を背けたくなるような、何とも残酷で惨めな気持ちになる

約2年前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32Ffd4b3fc 8068 4b0d ab21 32b2aa1def46E1d4ac36 9a94 4901 9c2b 1881699cde1e0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8 150
齋藤孝のざっくり!美術史

高校時代、美術史のハイライトを知るために読みました 美術史初心者にもわかりやすく、すっと入ってくる面白い知識がふんだんに盛り込まれていて、美術をぐっと身近なものにしてくれます

約2年前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0
翻訳できない世界のことば

言葉にならない、湧き上がってくる気持ち それに名前をつけられる日が来るなんて! 世界中のどこかで誰かが今もこの言葉たちを使っているのかと思うとわくわくする 新海誠監督の作品にはSAUDADEがよく似合う 今の私にはSZIMPATIKUSな出会いが KILIGでもありNAZでもある FIKAとRESFEBERも大好き 言葉にするとなおさらその気持ちが愛おしい

2年前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a886282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24C16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe65140893743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d 120
銀河鉄道の夜

10年ぶりに読み返したら新しい発見がたくさんあった。 童話でありながら大人が読んでも様々な解釈ができ議論が尽きない、紛れも無い名作。 なぜジョバンニは帰ってこられたのか、ほんたうの幸いとは何なのか。 死の間際まで賢治が推敲を重ねていたこの作品は永遠の未完作と言える。 そして、その未完の空白にこそこの作品の永遠の生命が宿っているような気がする。

6か月前

2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb573299ca f199 4081 8005 182329ae072c03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f236fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d7375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a026a34431 1dc5 4057 95f5 d091b2669ab34551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af 15
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

個人の「真善美」に関する価値基準を「美意識」と定義して、具体例とともに「美意識」の必要性を論じている。 構成も明快かつ論理的で、読みやすい。 日本社会が非効率的なものや非科学的なものを徹底的に排除してきた時代から脱する転換点に差し掛かった今、美意識を高めるためにアートやデザインが果たす役割が大きくなりつつある。 ビジネスとアートの意外な結びつきが非常に興味深く感じた。

6か月前

02cdd573 cd36 4656 82f0 16bbf90f3d4549775184 e974 4c35 b8d8 b9130a8c15f1112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2Icon user placeholder0034d861 4f7f 4fb8 adfd d7147b414186417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Icon user placeholder 70
現代美術キュレーター・ハンドブック

キュレーターもまた、世の中に無数に存在する、やりがいのために命を削りながら働く人の努力の上に成り立つ仕事のひとつだった。 しかも子育てしながら仕事をこなしているなんて素晴らしいです。

1年前

フランス人がときめいた日本の美術館

洋書の逆輸入 海外の人が日本の美術のどういうところに惹かれるのか、何を紹介すべきかのヒントになる本 これからもこの国の豊かさを守っていくためにも、一人一人が自分の国の美術や伝統芸能についてもっとよく知るべきだと思う

約2年前

Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a53675066cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
ザ・就活ライティング 20歳からの文章塾

書いてある内容は基本的なことばかり。でも、大学で文章の書き方は習わないし、確認のつもりで読むのはありかなと思います。 日頃からの題材探し、意識してみようと思えました。

約2年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e958315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1
小説 君の名は。

映画は3回も観て内容も知ってるし、さすがに小説は飽きるかなと思ったけど、2人の視点から見た物語も面白かったです 特に電車の中で2人が会う場面に関しては、映画よりも小説の方がその場の空気や気持ちが伝わってきたように感じました でも言の葉の庭や秒速5センチメートルのような、ちょっと呪いめいた恋愛の方が個人的には好きです...笑

約2年前

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4eIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c4C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bF76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54 105
金曜日の砂糖ちゃん

子どもにしか見られない不思議な景色がある。 例えば、保育園のお昼寝の時間に見た夢のような。 大人の作り出した幻想なのかもしれないし、子どものとき以来忘れてしまったものなのかもしれない。 だから、大人に読んでほしいと思う。

約2年前

9a43c211 c437 4d97 8c66 92556431534c6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cDe6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06b3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992Eec6e9d2 158c 4494 81c1 7a2c1667581427b27f87 dabd 40e2 934b eae9a2568cd4
鑑賞のための西洋美術史入門

図版が豊富で、入門ながら結構幅広い情報が掲載されていて大満足の一冊 当時高校生だった自分にも分かりやすく、面白くて夢中で読みました 美術館に行くのが楽しくなると思います

約2年前

135f7c7f be63 44e5 857b e47c166e627eAkiaivjyeuyp25rambwaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1132c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Icon user placeholderE10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb8 8
帝一の國 コミック 1-13巻セット

昭和レトロな世界観に惹かれて読み始めました。 名門校の生徒会長の座をめぐる争いを、主人公の高校入学から描くお話。 それぞれの思惑が錯綜する高校生活。 打算、友情、シュールな笑い、全てが先を読みたい気持ちを駆り立てて、一気読みしました。 愛すべきキャラクターたちの行く末をドキドキしながら、笑いあり涙ありで読めるのが魅力です。

約2年前

知ろうとすること。

情報が溢れている今だからこそ、糸井さんのような受け手のことを考えて情報発信する人がとても大切なんだと思う 誰に向けて書かれたのか分からないありふれた記事じゃなく、一言一言に心が通ってる気がしました 早野さんのような知識を外に広げてくれる研究者がたくさんいたら良いのにな あと個人的にSSHの話はすごくわくわくしました

2年前

99c25eee 3ac7 4f25 9c08 197fc3bd64306c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912cCd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f2139088c2edbaf 970b 4af3 92c3 d60fd68dbe01 29