7e6e31e9 9c00 4fea 9bca e56393ac8197

清太郎/seitaro

とりあえず、読みたい本のメモ用です。

とりあえず、読みたい本のメモ用です。

22

コメントした本

電車道

予想外のディテールから次のディテールへとじわじわ分け入っていき、さらにそこから別のディテールへと枝分かれしながら連綿と展開していくさまは、さながらフラクタル図形のよう。この感じは、佐藤哲也の日本ファンタジー大賞受賞作『イラハイ』(新潮文庫)に通ずるものがある。小説の楽しみは「プロット」ではないのだ(『百年の孤独』のあらすじを問うことに何の意味があるのか)。「読むことに淫する」、まさにその喜びを味わわせてくれる小説。

約3年前

Icon user placeholderEb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholder57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165dF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779 15