Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681

ほまま

人生折り返し地点かな

人生折り返し地点かな。図書館で働く主婦です。

20

コメントした本

若冲

著名な美術史家、文学者、評論家、小説家などが伊藤若冲の魅力を全力でアピールしている。もっとも共感したのは種村季弘氏の「若冲の画面には一種の奇妙な正面性がある。」からの一連のくだり。小説「若冲」の著者澤田瞳子氏の母君澤田ふじ子氏の短編も秀逸。オクラホマ州のプライス邸心遠館訪問記も興味深い。

14日前

ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言

ヨーロッパ中世の美しく妖しいタピストリー。誰がどういう意思を込めて織らせたものだったのか。そして、我が唯一の願いとは。 精彩な実物写真も楽しめる一冊。ああ、本物を見てみたい!

約2年前

96b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bDe6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099bCc3a4de8 b5a4 48f3 afa9 ccd68fd0eb647f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0
華氏451度

この物語の描く社会では、人々は焚書に慣らされ、すでに自ら考えることを放棄してしまった。 出版から60年以上経た今なお読者をひきつけるのは、出版文化の危機への不安の裏返しなのかもしれない。

約2年前

A1d2f246 e8f9 4a3a a31c b88c8d3fa4635cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc227dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c22117ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e0dc05543 aa24 475d bce5 9e3e58524f6345807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1 41
芙蓉千里

読了ー最後の1頁を迎えるのが狂おしく残念…そう思える数少ないシリーズの一つとなりました。 アンゲルゼも時をおいて必ず読み返したくなるシリーズですが、こちらもそうなりそうです。

2年前

Ae7048e8 b4f1 4287 959d 937b328ff3e5Dbb471c0 f5f6 4f28 ad94 52419b6035c6
自分の仕事をつくる

このアプリで知り、出会って良かった本の一つ。 人は社会的な生き物であり、仕事を通じて自分の存在意義を確かめるもの。「どんな状況下でも、自分の働き方は自分でデザインできる」、そうして社会のひとりひとりがいい働き方、いい仕事をすれば、きっと世界もいい方向に変わるはず。私もそう思う。

2年前

0e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e65543142030f dce0 4e87 b6ee aece7ee91ac40d04367f 47f5 43ef bb12 cae43617e2c2D8f59da8 715e 4317 90eb 2805767cd0010c3a474c 97c7 4bd3 8ee7 0bbdcf5c39f1 27
督促OL 修行日記

著者が督促オペレーターとしてどれだけ心をすり減らしながらも努力してきたのか、考えるだけで頭が下がる思いがする。究極の「コミュ」力かも。

2年前

4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353A93fe4a9 89f7 460a bfd9 47d5953c3b27D046a39d f072 4a16 894f ed148d4d0a61B945a04e 2c48 4434 808c 3cf4718217e0927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718
君たちはどう生きるか

ファシズムの脅威に社会が暗い影響を受け、言論出版の自由が激しく弾圧を受け始めた1937年、次代を担う若者たちへの希望を託して書かれた本。中学生の少年が過ごす日常で周囲の人々との関わり、自分を顧み他者や社会との関係に目を向け、生き方を模索し始めるその時期に読んでほしい一冊。時代は大きく変わっても、大人がすべての子どもたちに伝えたい普遍的なメッセージが込められている。

2年前

E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6Icon user placeholder559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effa230877e3 ecdc 4fbe a06b a4781a536fc55b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe6ec85a3e 6f75 4c25 8ef3 fc2e29aa02613568dcfd 5e32 4730 8ff4 fa9349d6fa3f 75
テロリストの息子

偏見から生まれる排除、暴力は何の解決にもならない。「共感は憎しみよりもパワフル」であり、非暴力の力を信じて共存の道を探ること。 テロ後のパリで目隠しをして立ったイスラム教徒の男性のことを思い出した。

1年前

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be99b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0
神の棘 2

ナチスドイツの台頭と崩壊の時代に思い入れのある著者の意気込みに、ぐいぐい読まされ圧倒される作品。大幅改稿した文庫版も必ず読みたい。人間と神。人の弱さを赦すのはどちらなのか。

約2年前

家守綺譚

表紙買いしそう…神坂雪佳の百々世草。

2年前

28f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb357e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37263611a2 9b23 43a9 8a55 2d85ef2564ffFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0023e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cC9fd7e93 a96f 40f7 a00a 1d312bccfdcf 35
烏に単は似合わない

著者はきっと十二国記とか好きだろうなあ、ファンタジーの王道ものかと思い、読み進めていくうち…えっっ⁈そうくる⁈の結末! いろんな意味で裏切られます。そうね、松本清張賞受賞でした。今後楽しみな作家さんです。

2年前

Icon user placeholderFbb57eaf 3d31 469c 87bc 6c590d6621ebIcon user placeholderB1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c5847fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd0659029ea06c52 e786 4e33 b6f7 da08f1817850 36
変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術

記憶は遺伝するのか、妊婦の腸内細菌と赤ちゃんの発達の関係など、読むと「へえ」と言いたくなる。ひとつひとつの話が、ちょうどよい短さ。

2年前

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9B945a04e 2c48 4434 808c 3cf4718217e0
「うちでお茶する?」のコツ100

日本茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どれも好き。お茶にまつわるちょっとした疑問に答えをくれます。イラストもほっこり可愛い。

2年前

98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686068400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88f
怖い絵

ドガといえばバレリーナの絵で知られるが、バレエファンが必ずしもドガの絵に傾倒する訳ではない、と思うのです。少なくとも私はそう。とても美しい絵なのに、なぜか「それだけ」しか感じない。著者の明快で詩的な文章により、その所以とそこに感じる怖さを解き明かします。深く納得。

2年前

401d2a92 7674 494f abe2 d0986004c286Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778014253d4 6080 4951 9119 24735184a696