7dabb249 d06d 4f17 9849 c938dffb6f1d

螺旋

偏愛。洋の東西を問わず歴史が好きです

偏愛。洋の東西を問わず歴史が好きです。美しい装丁に弱く、ラノベ風のイラストは苦手。わがままで偏見があるので、余程のことが無ければ勧められたものを読む事はありません。欧州文学が多め。

7

コメントした本

海鰻荘奇談 香山滋傑作選

ゴジラ原作者の短編集。これ本当に日本の作品?と驚く。テーマに、絶対的な力に対する人間、失われた世界などを取り上げているのは、ゴジラ的であり、ウルトラQ的でもある。本当に不気味で恐ろしく美しい。

11か月前

ソヴィエト・ファンタスチカの歴史

今年一番…と言ってもいい程の面白さ。騙される騙される、それが愉快だし心地よい。嘘と真実の見分けがつかなくなることに酔ってしまった。ソ連が実在していたことが信じられない。

12か月前

火の書

『動きの悪魔』『狂気の巡礼』に続く作品集。当時のエッセイやインタヴューも収録されていて、グラビンスキの人柄が少しわかるのが嬉しい。 幻想、ホラー、オカルト、退廃…理想的なバランス。

12か月前

E8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81bEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f
テルリア

ソ連と周辺諸国の混沌を象徴する、超絶的なファンタジー…と、言っていいのかどうか。凡人の想像を絶する世界に戻りたくなり、再読。

12か月前

エロティシズム

有名過ぎる本ですが、初版のカバーデザインでの復活に感動

12か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Feac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549
アンチクリストの誕生

SF要素も多く、一気に読了。一話一話に思わぬ衝撃。宗教の話ではありません。東側の匂いが…

12か月前