946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db

佐藤亜門

年間100冊を目指している、読書好きです…

年間100冊を目指している、読書好きです。 読書好き、本好きな人と繋がれたら。

106

コメントした本

時をかける少女

どれだけ時が経っても色褪せない物語。 恋の甘酸っぱさと切なさ。 読んだら必ず、"時をかけて"あの頃に戻れます。 これから読書を始めようとされている方に、是非読んでいただきたいです。 ほかの収録作で、驚くかもしれませんが‥‥‥。笑

9か月前

Icon user placeholder1b2d0951 e41d 49b2 8d95 eab010845b3aB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90eIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b13 35
美丘 (角川文庫)

素晴らしい、の一言。 こんなにも胸を締め付けられながら、読書をしたのは久し振りだった。 何気ないやり取りの一つ一つすらも、どこも欠けてはいけない。 美丘が、あまりにも美しい。自分だけが目覚めている 人生は永遠ではなく、必ず終わりがやってくることに気がついていると自負し、その一瞬の全てを全力で生きようとする、その輝き。 それを包み込む太一の愛の深さ。 緩やかに、そして恐ろしく確実に壊れていく美丘と、それを隣で見守る太一。 美丘が壊れていっても、二人の関係は壊れない。 哀しみが一気に押し寄せてきそうな題材だけれど、美丘と太一の「愛」が緩衝材となり、結果として哀しいのに何故か胸がジーンとするような、不思議な読後感がある。

9か月前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bIcon user placeholder11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c8540320baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aIcon user placeholder47a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aeaIcon user placeholder 20
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン

こんな名作を、今まで読んでいなかったことが恥ずかしい。 泣いた、泣いた。100ページ近く泣きっぱなし。 ボクが生まれてから、そしてオカンが死ぬまでを描いた作品。 ボクとオカンの、「親子」として、「家族」としての関係を温かく綴り、ボクはオカンを見送っていく。 そして、時々オトン。 誰しもが複雑な想いを抱いて、それでも愛する人のために、身を砕く。 母の無限の愛を感じる作品でした。 読み終わってから、お母さんが体調の心配をしょっちゅうしてくれることを思い出して、また泣きそうになった。

9か月前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d1f76c422 1274 4b0a b8f1 3490f79bd3e9Ceeaa7ff 1f60 43c7 bb95 06bda11a98e70da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d19b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f742c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03 38