9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3

最近初めました。本と音楽が好きです。

最近初めました。本と音楽が好きです。

92

コメントした本

仕事・人間関係がうまくいく呼吸の教科書

ついつい息が浅くなりがちなので、母親の本棚から借りて読んでみました。少しスピリチュアル要素が多いけど、それもそれで面白くて興味深い内容でした。 全体として、文字もそんなに小さくないし、ちょっとゆるくて和む絵が色んなところに解説として書かれてあって、凄く読みやすかったです。読書が苦手な人でも読めてしまいそうなので、ちょっと気になるなぁくらいの気持ちでも読んでしまえると思います。 「色気」を出す呼吸とか、恋愛に関する項目もあるので、女性も楽しんで読める本になっています。 息を吐くって人生の基本ですもんね。そんな当たり前のことを丁寧に行えるということは、他のことも丁寧に行えるというのとなのかもしれません。

3か月前

君が夏を走らせる

瀬尾まいこさんの小説「あと少し、もう少し」に出てきたヤンキー少年の太田くんが、高校生になってからのお話。 しかし、続編というわけではなく、太田くんがアルバイトとして先輩の小さな娘さんの面倒を見ることになる、という陸上とは全く関係の無い物語です。 ただ、「あと少し、もう少し」で太田くんが得た葛藤や喜び、そして「あと少し、もう少し」という題名の意味。それらが明らかになる本作は、前作を読んだ人に凄く響く何かがあると思います。 そして、何よりもその小さな娘さんが凄く可愛らしい。子どもってこんなに可愛いんだ!と思うし、これを読んだ後、街で子どもを見ると、ついつい目で追っちゃいそうになります。 本当に気持ちよく優しく夢中に読んでしまえる小説だと思います。穏やかな気分になりたい時、ほのぼのと楽しく読書をしたい時、是非読んでみてほしいです。

3か月前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
食堂かたつむり

失恋から物語が始まるので、恋愛と料理をテーマにした話かと思いきや、沢山の材料がふんだんに使われたスープのように、色んな要素が盛りだくさんのお話でした。 人によって感じる味が違うのと同じで、本当に様々な味に感じる人が多い作品だと思います。また、食べ物に喩える描写が多いので、違う意味でも様々な味を楽しめる作品になっています。 色んな人の心を優しくノックする。そんな物語です。温かくて優しい料理を食べたくなった時、是非読んでみてください。

3か月前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Icon user placeholder9f7cf140 df68 40da 8b43 f45e4d0e948fA325154a a9cd 442f b75b 193af01b5cac9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 89
フィッシュストーリー

4つの短編がはいった物語です。 全ての物語が、伏線を散りばめて綺麗に回収するっていう形をとっているので、そういう話が好きな人には、とても魅力的な作品だと思います。 特にフィッシュストーリーに関しては、時系列がバラバラに書かれています。 なので、意味が分からないなぁと思いながら読み進めていたら、どんどん散らばっていたピースがハマっていき、最後にはピッタリとひとつになっている、そんな感動が味わえると思います。 私は一番最後のポテチというお話がとても好きです。この小説の最後を締めくくるちょっといい話なので、フィッシュストーリーを読み終えても本を閉じず、是非最後までこの作品を見届けて欲しいなと思います。

4か月前

F0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e052232b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75Icon user placeholder3461f976 7283 4644 a020 6250675cff3833d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67cIcon user placeholder 47
人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

本を読みたくなる本です。 この本を読んでから読書量が圧倒的に増えました。そして本を買うことも増えました。 読みやすい 楽しい ためになる の三拍子揃った凄く良い本だと思います。 読書をしたい気持ちはあるけどできない人の背中をここぞとばかりに押してくれる本です。 今日も明日も明後日も、私は書店に行きたい。

5か月前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe02fc1871d d524 44d7 a0c0 e23907368b9cIcon user placeholderD6fe5dc5 0d13 4f56 bf1c dc374337984047227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f422Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af08315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c 18
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

全体として見ると凄く面白い小説とは言えないんだけど、絶対誰かの心に刺さる、忘れられないような1文がこの小説にはあった。 ちゃんと欲しがる女ほど、欲しがられる女になる。 この1文が凄くかっこいい。こんな風に生きたいと思った。 路地裏のセレクトショップを舞台に色々な恋をする女性を描いた物語なのだが、題材上展開が単調になりやすいのと、場面転換の不自然さが気になった。また、最後のエピローグはない方が気持ちよく読めたような気がした。そこだけは個人的に残念だなと感じた。 難しい表現もなく恋愛という身近な題材なので、小説を普段読まない人とかにも読んでほしい作品。女性ならきっと胸を刺す1文があるはず。

5か月前

49dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c60A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4aIcon user placeholder88bf8257 4df3 4e6e 8ce3 bb20002ea6ad3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feB4c13e09 7546 4260 b572 c7bbd0bc8e7dIcon user placeholder 137
白いしるし

恋愛に関する小説を読んでると、暖かくて幸福な気持ちになれる場合と、鈍器で頭を殴られたような感覚になる場合があって、これは後者だった。 こんな小説を読んだ時、読書は違う世界に触れるなんて美しいものではなくて、読書は自分との戦いだと思う。

5か月前

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fB2cb2572 f043 4ddd 8702 9d6f9b7063be0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3Icon user placeholder19177ecf 19bc 4185 86cd 540af8ce8cfc40560f9a 3029 4dcf bc00 78cf36599b02 99
まほろ駅前多田便利軒

失ったものが完全に戻ってくることはなく、得たと思った瞬間には記憶になってしまうのだとしても。 この後に続く文章がこの小説の全てだと思います。この続きが気になった方は是非読んでみてください。 呑気であっけらかんとしてるようで大事なものが抜け落ちている。何にも頓着がないようで、本当は何かを求めてる。そんな二人。コミカルなところもあるのに作品全体がほの暗い所が凄く好きです。

5か月前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e111a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538E679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4E13093ee 1df3 4ff4 9b9a 98d18d2084b9 70
あと少し、もう少し

余裕がある様に見える人とか、怖い人とか、小難しい人とか、一見自分とは違う世界にいるような人でも、実は中で色んなものを抱えているのかもしれない。中学生であれ大人であれ、それは同じである。 でも走るってことをきっかけに、その殻を破れたり、お互いの意外な一面を知れたりするのは、中学生だけだろう。 そんな中学生達が眩しすぎて、少しだけ切なくなってしまった。

6か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a210da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d11bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387014253d4 6080 4951 9119 24735184a69673bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bIcon user placeholderIcon user placeholder 24
DIVE!!〈上〉

スポーツ漫画好きには堪らない小説。漫画好きの私が小説と忘れるほど夢中でページをめくった1冊。青春小説なんて生温いものではなく、一瞬のダイブに全てを懸ける少年達の物語。

6か月前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3Icon user placeholder9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215 19
羊と鋼の森

凄く静かな話でした。 調律師というひとりの人が歩む時間を、静謐に淡々と紡いでいる、そんな小説でした。 ただ、決して優しい物語ではありません。鬱蒼として出口の見えない森をひたすら進むしかない孤独や途方もない苦しみ、そんな痛みをきちんと描いています。でも、そんな痛みを描くのも、劇的じゃなくて、凄く静かに、ひとりの人生として描いているところがとても美しいと感じました。 きっと終わりのない何かを追い続けている人や、自然の美しさの傍で育ってきた人にしか、わからない物語ではあると思います。でも、それをわからない私でも、きちんと響くものはあった。美しいと思えました。それで十分かなと思います。 こんな静かな小説を美しいと思う人が沢山いるという事実が、凄く素敵です。 本当に凄く素敵です。

3か月前

Icon user placeholder1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d80a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef4b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c06053e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aF0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e05223 54
僕の明日を照らして

DVという、とても難しい題材を取り上げた小説。 劇的な出来事もあくまで日常の延長線上に紡ぐのが瀬尾まいこさんの良さだと思います。だからこそ、DVという重いテーマでもどんどん読み進めることができました。 僕の明日を照らして。最後まで読むとその題名の意味がよく分かって、忘れられなくなる小説です。ご都合主義でもなく、決して明るくて綺麗なだけではないですが、とても孤独で、そして人間らしく、美しい物語です。 明けない夜はあるのだろうかと、孤独にさ迷ってる人には是非。

3か月前

B66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe32390719b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dB2cf85c2 97f9 467b bdfb b68b7df8fecfCd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b2585
スヌスムムリクの恋人

性同一性障害をテーマに描かれた話です。性というテーマを通して誰もが幸福になる権利があるってことを教えてくれる小説だったと思います。 全体的にほの暗い雰囲気で進んでいきますが、最後には少しだけ希望がある、そんなラストです。 読んだ後何日経っても、心の奥底にいつも居てる、そんな物語だと思います。

3か月前

6cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd1d4457e0 91f9 4e6a a7b9 78f3ec31071fAdb1f5c4 93a1 4836 8c18 d32689802e04B5f6372d df07 4b83 ba81 19d4f702b732
学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方

本当に面白い!!!!!!! 巻頭のオススメ辞書占いで、自分に合う辞書を探してくれたり、辞書を擬人化して「〇〇はクラスの優等生タイプ」なんて、色んな辞書の紹介をしてくれる。しかも、擬人化がかっこいい男性であるため、一番好みの人はどの男性かなぁってノリで、好みの辞書を探せる。オタクにはこの擬人化ノリがツボで、夢中になって読んでしまった。(笑) 本当に面白い!! また、そんなポップな面もありつつ、辞書の歴史や文法等の真面目な内容もきちんも載っている。しかもわかり易いし、タメになる。 解説が舟を編むを書いた三浦しをんさんなのも必見。舟を編むを見て、辞書に興味をもったので、三浦しをんさんの舟を編むから国語辞典の遊び方の流れを凄くお勧めする!

5か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9D9405a75 a2fe 452a 9aed eadb1a2530cbEba711c7 0bf3 471f 88fc 8473883b197fIcon user placeholder55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 19
本日は、お日柄もよく

静 スピーチ原稿を始める時、そしてスピーチを始めるとき。心にこの文字を浮かべる。それが基本です。 まず心を平静にして、思い浮かべる。このスピーチの目指すところはどこにあるのか。 本書一番初めに挙げられたスピーチの大基本である。 これは、人に言葉を伝える時も同じ事が言えるのではないのだろうか。 感情的に言葉を発しそうになった時、心に静という一文字を浮かべてみる。心を平静にして、この言葉を何の為に伝えるのか。この人と目指したい関係は何なのか。を考えてみる。 ついつい感情的になりがちな私にとって、この言葉は今後の人生の指標と成りうる言葉だった。 スピーチがテーマになっているので、その職に関わっていない人間にはどこか遠い話のように思える。しかし、スピーチとは謂わば、私達が日常的に使っている何気ない言葉を自由自在に操ることだ。 だからこそ、この小説は、言葉という要素を避けて通ることが出来ない私達に、少しだけ力を貸してくれるだろう。 言葉の力を少しだけでも信じてみたいと思うあなたに読んでほしい。

5か月前

Icon user placeholder2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d331180d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a5Aeed2958 1787 4ea1 af34 d3d9f5deea4fIcon user placeholder 180
学校のセンセイ

先生らしくない主人公が、先生になる話って言ったら、まさにお涙頂戴な生徒との感動の物語なんてイメージが湧くけど、この話に感動なんてものは無い。 もはや面倒くさがり過ぎる主人公のやる気のなさに笑ってしまうし、主人公の心の声に「お前それでほんまにええんか?大丈夫か?」って突っ込んでしまいそうになる。 でも、どう足掻いても前に進んでいってしまう生活の中で、私生活で変な事が起きたり、女友達は病んでたり、同僚は気が弱かったり、そんな生活を歩みながら、ちょっとだけ前より変化している。ちょっとだけ前より先生になっている。ちょっとだけ人間として変化している。 そんなちょっとした変化を描いた物語。 内容自体凄く明るい訳では無いけど、主人公の突っ込みが面白くて、サクサク読めてしまうし、読了感も良い。 起伏は少ないけど、ちょっとした読書には最適な1冊。始まり方がなかなか突拍子もなく面白い。

5か月前

Icon user placeholderB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1133e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d60517f7e eef4 4407 a6dd 0ad881a89897 9
アイネクライネナハトムジーク

1話読み進める事に、「あ!これはさっきの話で出てきたあの人か!」とか「ここ繋がってたん!」とか、ささやかな驚きが数々あって、次は誰が出てくるのかと楽しく読み進める事ができました。小さな繋がりが沢山ある話なので、もう1度読み返したいと思いました。 「メイクアップ」の主人公と自分の境遇が似すぎていて、小説に自分を許された感覚になるのは初めてでした。 過去に私と同じ境遇を持っていた人には、この話だけでも読んでほしいなと思います。 自分の過去を認めることは案外凄く難しい。

5か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f25061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836Icon user placeholder33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bIcon user placeholder 101
星の王子さま

「あれこれ言うかげには愛情があったことを見抜くべきだった。」 目には見えなくても、言葉は正反対でも、何気ない仕草や行動、表情を見れば愛情があるかどうかはわかる。 なのにわかりやすく愛情を示してもらわなければ愛されてるかどうかがわからないなんて傲慢なのかもしれない。 きっと自分にとって心に響く文章がどこかのページにあると思う。だからこそ、色んな人に読んで欲しい。

6か月前

0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f8a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c45e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Icon user placeholderE5c296b4 f477 4770 95b5 949b52a12076F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac6cbd4e2b f46e 4237 bdc4 7b6df627f0f6 101
DIVE!!〈下〉

何の為に自分は進むのか、何の為に勝つのが、自分は本当はどうしたいのか。 自分のしたいことを認めて、その為に進むって言うのは、本当に難しい。だからこそ、悩みながらも自分の道を進む知、要一、飛沫はとてもかっこよかった。 登場人物ひとりひとりをきちんと掘り下げ、物語の起承転結もあり、綺麗なラストへ繋げていく。とてもわくわくする完璧な小説だった。

6か月前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderA889990f 3313 414b a1b1 617c76c389228e6928b8 5624 4d7d adc2 e2b4486db5ec 14
アシンメトリー

世間一般の「普通」に拘る平凡なOLや世間一般の「普通」を歩いてこなかったカフェの店長等を登場人物とした、普通や人との違いをテーマにした小説。 普通を好む自分は、自分を真っ当な人間と思いがちなので、普通を好む登場人物を通して、自分の悪い所が鏡として映されているような感覚に陥った。 普通が悪いとか普通と違うことが悪いとかではなくて、皆それぞれが違うしそれに優劣はつけられないってことをひしひしと突き付けられた。 こういうのって小学校とかで十人十色とか言って教えられるのに、いざ大人になって自分の人生歩むとなると、人と自分を比べたり、人と人とを比べたりしてしまいがちである。そうやって知らず知らずのうちにみっともない人間に知らなってしまってるんだなぁと思った。 読書はこういうことを気付かせてくれるからやっぱり良いよね。

6か月前

Icon user placeholderA3fe9208 07e2 4d6b 982b bbb4100f07dbIcon user placeholder4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af205b509a 6f36 4c7c b37a 14e1c7fe8820E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01473e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 11