0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb

嶋村史緒

無節操に何でも読みます。

無節操に何でも読みます。

178

コメントした本

My Humanity

書下ろしの『父たちの時間』。霧状の核廃棄物ナノマシンが独自の爆発的な進化を遂げ、人類を凌駕する瞬間。シンギュラリティを迎える時は絶望か。それとも希望なのか。

約1か月前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182325144055 f8b7 4bc4 926d 017c5635cfdc2db8c4c1 842c 458f 95e6 c864fd58aa65935d8472 3656 49e6 a876 b80306866581
あなたのための物語

尊敬もへったくれも無い、生々しくて痛々しい「死」の描写から始まる。 主人公のサマンサの周囲や社会、死に対する抵抗《プロテスト》な生き様が、余計に読んでいて精神にハードパンチしてくる。 『小説を書くためだけに開発された仮想人格』の「ワナビー」はサマンサのために、彼女を喜ばせるために、膨大なサンプルを吸収して小説を書く。 では、人類は誰のために、何のために太古から小説を書いて来たのか? 別に小説でなくても良い。漫画でもイラストでも彫刻でもアニメーションでもクリエイトするものなら何でも良い。 需要と供給のあるビジネスだから?それだけでは無いはずだ。 作中の言葉を借りれば「自己愛」なのかも知れない。 サマンサに「恋」したワナビーは、たった一人の読者の彼女のために愛を込めて、小説を書く。 コンピュータのお決まり文句の「何かお役に立てることはありますか?」が《彼》の愛の言葉であった。 サマンサの死に対する抵抗と怒りの狭間で、仮想人格のワナビーの愛の言葉が紡がれる。それが余計に痛々しい。人工物であるが故に。 そして、サマンサとは対照的に《彼》の死は儚くも美しい。 では一体、そもそもこの作品は誰のための物語なのだろうか?

3か月前

D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c97f24268e 1fd5 409c 974f 42e451e887edIcon user placeholder9b3bded6 95a2 4ebd 8725 03d6144ab0e5B825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d4960C4edeb22 2744 452b 9990 082f2edc4847Icon user placeholder 25
まろうどエマノン

SFというよりは、どこか児童文学的な印象。 10代の夏休みの読書感想文を書くにはうってつけ……かなあ??

5か月前

リンクス

うむむ……。 シリアスな全体が良いだけにオマケ四コマは蛇足。 元二次創作同人出身作家さんと云うのは納得。 某アニメは苦手なので、同人作品は読んだことないですが……。 BLは同人出身が多いなあ。 それは出版社が作家を育てる気が無いのと、商業誌業界の余裕の無さなんだよねぇ。

1年前

50e345ea b1ac 41e5 b31d 65a934520e47Icon user placeholder434df1eb ab2b 476e a263 2cfc42d67e75F2e044a9 dbfb 4bbc 96d9 aa62ce5e300f
冒険エレキテ島(1)

モンサンミッシェルと軍艦島を足してひょうたん島で割ったような太平洋の流され島、エレキテ島。 それを追いかける女性パイロット・みくらが勇ましくて魅力的。 少ないセリフや擬音語、集中線の無い「絵で語る」漫画はやっぱり好きだなぁ。 冒険心溢れる女性はカッコいい。

1年前

An omnipresence in wired 『lain』 画集

ダークで血の気の無い玲音。 しかし、四コママンガとか、この人ギャグ漫画の才能あるわ……と察した。 「ニアアンダーセブン」でギャグセンスが良く出ていた。

1年前

大王

デビュー作から初期の短編集。 「象がお好きなんですか?」 「わたし鯨を飼っているの」 「象は象でやっていくさ」 なんだぁ、この投げやり感は……。 トーンを一切使わない筆書き漫画が、刊行当時はノスタルジックで新鮮だった。

1年前

デジカメ少女百景

2010年当時の最新式デジカメと所謂「萌系」少女の組み合わせ。 カメラのスペックに美少女イラスト。 しかし、悲しいかな。 電子機器類は日々進歩して、時代の流れものである。 ガラケーカメラはもう古いのです。

1年前

赤色エレジー

表題作はナンバーガールのおかげで「あかいろえれじー」と読んでいました。 正しくは「せきしょくえれじー」。 作者は小梅ちゃんのパッケージイラストのあのお方。 いまや美人画イラストの先駆者的存在だが、ガロで活動していた時期は実験的表現とペーソス全開の漫画を描いておられた。 作風もドス黒い。

1年前

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a88ed11913 5b94 46fb 9e7b ee8a31e157ccFd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415Ada8e287 0bcd 47d2 b9a4 8f39e3041d2912461c6f 508a 4709 b49c 08b3c839e2ef
Op‐オプ‐ 夜明至の色のない日々(1)

なんとなく、初期の浦沢直樹を思い出した。 青年誌レーベルだけあって、他のBLレーベル作品よりは取っ付き易い。 所々でギャグを挟むのはやめてくれ。 何度も出先で吹きそうになったよ……。 ミステリーの謎解きより、人間ドラマを重視している点はこの作家さんならでは。 人間ドラマというエンターテイメント。

1年前

405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b92748598fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860
AIと人類は共存できるか?: 人工知能SFアンソロジー

どれもドチャクソ面白いです(語彙力無し)。
特に「政治」をテーマにした長谷敏司『仕事がいつまで経っても終わらない件』が好きです。
“AIが人間の仕事を奪うのではないか?”
とよくテレビで取り上げられていますが、この作品は
“寧ろAIのバージョンアップとアップデートのせいで、人のプログラミングの仕事がいつまで経っても終わんねーよ!”
という切り口でひじょ~に興味深いのです。

約2か月前

彼女が好きなものはホモであって僕ではない

ドラマがいい感じなので、原作を購入。 同性愛やLGBTうんぬん抜きにして、「当人(純)をひとりの個人として受け入れるか」が周囲に問われる。 受け入れる人(三浦さんや亮平)は受け入れるし、受け入れない人(近藤さんや小野)は受け入れない。 20年以上前に書かれた村山由佳の『BAD KIDS』と併せて読むのもあり。

4か月前

Cee21314 e726 4b3e 85c4 736c9e15312992ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc200a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a875840808 ff1c 4d8f b39f 60fdbbbeb14dC16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe65140893 74
いくしゅん ですよねー

いわゆる、梅佳代以降の何気ない日常の笑いを切り取った写真集。 「あるある。ですよねー」 な一瞬の一コマが詰まっている。

7か月前

冒険エレキテ島(2)

ついに上陸できたエレキテ島。 しかし島民はどこぞの限界集落並みに閉塞で排他的。今回はストーリーより空気感を重視。 ラストでどう島の物資が流通しているのか? 彼は「先生」なのか? 気になるところで終わる。

1年前

ふたり

フェチ通り越して普通にエロい。 これが男女だったら興ざめだけど、女同士というのが更にエロを増長させている。 しかし、モデルさんは脱いでいません。 ブルマの太ももや寄せた胸の谷間がエロいんです。

1年前

祝祭の街 暗 -Darkness- 安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集

人形の様だけど目力のある少女たち。 小説の表紙イラストからアニメのキャラクターデザインから漫画執筆まで様々な場で活躍している、作者。 この人無しでは2000年以降のイラストレーションの世界は語れない……と思う。

1年前

ポラロイド・コレクション アメリカ 写真の世紀

20世紀のアメリカをポラロイドカメラで表現した展覧会の図録だが、一つの写真集としても楽しめる。 一発勝負のポラロイドカメラで収められたアメリカ。 良くも悪くもアメリカ。 光と影のアメリカ。 どれもペーソスが効いていて、面白い。

1年前

NightS

NUMBER GIRLの『ZEGEN VS UNDERCOVER』が脳内に流れた。 女衒ではなく運び屋ではあるが。 BLというジャンルも細分化されてきたが、これは ヤバイ さらにやばい バリヤバ というBL(個人的に)。 こういう世界は出来るだけ 知らん 俺は知らん 傍観者 でありたいものです。 「リプライ」の高見さん、ジブリ好きらしいけど『火垂るの墓』も守備範囲なんだろうか?(だったらスゲエ)

1年前

街角花だより

初期の和み系花屋を舞台にした連作。デコボコ女性二人の掛け合いが面白い。 ツーパターンの「日和版」と「明石版」を楽しめる。 コメディ要素強し。 植物を枯らすのが得意なわたしには花の豆知識が有難い。 実験的ギャグショートストーリー「俺様!」の俺様君はちっとも俺様キャラではナイ。

1年前

罵倒少女

ひたすら罵倒罵倒罵倒……の嵐。 蔑んだ目で罵倒されまくり。 しかし、憎しみ(?)は愛情の裏返しですからね。 愛情の対義語は無関心ですからね。 これも愛のカタチ。 マゾっ気が無いと無理だけど。

1年前

E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a60f4d958 888b 4c83 96d2 f4d851580094Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f95197951 9ecf 4561 8965 04f74bbbf0c31ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fIcon user placeholder