D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

言葉が好きです。

97

コメントした本 ページ 2

何者

読書スピーチのために読みました。 学生の間に読んで欲しい一冊。 現代のネットと実世界の微妙な歪みが感じられる。 デトックス文学です。

2か月前

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea89439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116aB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e2417f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8 135
マチネの終わりに

読んでみたくて手に取りました。 思っていた以上に、読み応えを感じました。 大人向けドラマのようでした。

2か月前

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bE5560b76 4db6 4a39 977e cfee57e969e025e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65Icon user placeholderIcon user placeholder 259
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

お茶のことは何もわかりませんが、楽しめました。 お茶のイメージが変わりました。

2か月前

Ecf70194 babe 46b1 9096 5eb41b8d8a6e56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c10651c12 3b3e 4cd1 bdcd 366b535b8def8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de959cc8b3 a2f9 4ce7 8133 d5c69efd462eEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d6678c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed 111
神去なあなあ日常

好きです。山の景色も、人の優しさも、神秘的な祭り事も。 経験できないことを経験させてもらえた気分です。 続きが気になるので夜話を買おうと思います。

9か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholderE60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698ca0c26fe92 ccd2 4876 b29f 52c3fec2967cIcon user placeholder9369d3df 9ed1 4342 ad97 af6c0bbbad44 15
ワーキング・ホリデー

好きな本です。 初めて、何回も読みたいと思いました。 親と子、また、子と親の繋がりは心をあたたかくしてくれます。 ストレートな感情と誰も傷つけないストーリーに完敗です。 ★★★★★

11か月前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
Q&A

最後まで読むと変な唸りがうまれる一冊。 報われないし救われませんが、こういうのが好きな人にはたまらないのでしょうね。

11か月前

Ac547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480e97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
先生と僕

傷つかない、ドキドキやワクワクが楽しめる一冊。 どんな時間でも読める。

11か月前

9c6435ba 52fe 4ab8 9fc2 783604ec314c9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edA163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008b11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f 17
旅猫リポート

ずるいと感じるくらい泣く一冊。 カリカリ置いときます。

11か月前

2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feC27ad138 f83b 4378 ba50 65cbd467d935 41
西の魔女が死んだ

どこか懐かしく、光や匂いを感じる一冊。 童話を読んだ気分。

11か月前

73613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae684293db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaF8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d409093ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c9cf7c76d 55fe 4a2a a0c1 fbe3338a9ec024beb10b af7a 46ec 9ab3 93446f7d7878 406
神去なあなあ夜話

前作と少し雰囲気が変わったなーと思ってしまった。 前作が好きだっだけに、軽く読めてしまいました。

2か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Cecefe31 09f2 453f 8ac4 b619596ccc21Icon user placeholder3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de9dd436c4 5eb2 4b25 8d98 37bdea7e1e4cE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a18b531a1 67da 4770 bc9f b277c44b8bde 13
あのひとは蜘蛛を潰せない

理解できるとか共感できるとか言うより 甘くて、フワフワしていた。 キュンキュンする恋愛小説と違って 大人に読んでほしい本です。

2か月前

3e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d04c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Ae397ccc bed4 4899 94ce 6c0e9380bf9dIcon user placeholderIcon user placeholderAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba 38
羊と鋼の森

音を表現する言葉が素晴らしく ただただ、感心した。 まるで、自分の耳が繊細になったかのような感覚。 ピアノは全く弾けませんが 聴きたいと思いました。

8か月前

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bF4facb9f 224a 4de9 b265 4be5da1fd6b6Icon user placeholderB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7 267
県庁おもてなし課

登場人物全てに感情移入してしまいました。 さまざまな価値観が変わる一冊。 自分の田舎を大切にしようと思います。

10か月前

Icon user placeholderFc8464f5 3237 4ff5 ac71 90df36e71700B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bfIcon user placeholderIcon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eA716e501 f017 447f a8bc 09f94d73c124 58
夜のピクニック

当たり前のことをなんて凄い勢いで進んでいくのか 巻き込まれて、気付けば最後まで読んでしまっていました。 読んでる間、毎日歩いたかのような疲労感が。 ★★★★★

11か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa8e0d90fc 19e4 4707 8216 d7b36e4438262a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269cIcon user placeholderE93d00c4 0812 4363 94ba 3d6396a1925d56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c24beb10b af7a 46ec 9ab3 93446f7d7878 394
母性

母であり、子供である。このテーマは私にはかなりしっくりきてしまい、引き込まれた一冊。 モヤモヤは自分の中にあるものと同じ。

11か月前

2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6139e42b1c 0eff 4fe3 84a2 d78b77c02d1aDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beC3b304be 780f 4966 aa1e bee9713d3c0559ce0229 453d 43b7 a500 ae584a53092616496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7 108
ツナグ

この本を読んだら、必ずみんな誰に会うかを考えるんじゃないかなと思う一冊。 ありそう、あってほしいと思う。

11か月前

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269cF2e05104 3d2f 4fa5 8e34 059f1d2e71d4429fc2ed 79ad 4fd3 a89c b2d5fb89b2d43e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7377aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e0441 148
初恋

大人になって読書を始めた一冊目。 自分と重ねて読んでしまいます。

11か月前

9ce5703d 5f6d 45e1 802b 7c5b0aef6669Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d7dedc440 8164 4a3e 9489 50c7b0ecde054527a25d 1d47 40b1 aec5 86cceb8515e7
ストーリー・セラー

言葉つむぎに「らしさ」が詰まる一冊。 裏切りもすぐに受け入れてしまう、完敗。

11か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa3cafdaae 290f 48b1 ad37 22f93feee9f8878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fbIcon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 104