6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9

ほんのむし

息をするように本を読む

息をするように本を読む

569

コメントした本

イノベーション・スキルセット

ビジネス、テクノロジー、クリエイティブの三方に明るい、非常にバランスの取れたチームを作ればこれからの次代に適応できるのでは、という本。デザイナー、エンジニアは読んで損はない。特に若い人。 個人的には、自分が既に持ってるスペシャリスト的な詳しい領域を誰かに教えることで深めつつも、もうひとつプラスαで新しく学ぶことを継続的に行う、なんて仕組みがとても素敵だと思った。チームでやれば、自然と学びのサイクルが生まれる。 takramの方々ってむちゃくちゃクレバーだから頭の中ものすごいことになってそうなのに、本の言葉は丁寧に分かりやすく書かれてて。知性は優しさのためにあるのだ‥!と感じた一冊。じーん。

30日前

億男

これ、核はチャップリンですね。川村さんの独創的な想像力と、チャップリンの達観した最上級の古典作品が絶妙にマッチしています。 映画の引用が何回か出てきますが、『ライムライト』は本当におすすめです。英語で観るとなおよし。

約2か月前

43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c74925edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca50cd0c9bf 90ae 4bf5 9457 2a0e73acfc2950ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffA287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4aC40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e8580 86
家守綺譚

梨木香歩ワールドへようこそ。 彼女といえば、『西の魔女が死んだ』が代名詞だろう。でも私は、この本の方が、彼女の良さをじっとりと味わえるような気がした。 百年前、もしかしたら存在していたかもしれない景色。もう二度と手に入らないからこそ、羨ましく美しく感じられる。 太太宰治や夏目漱石が好きな人、きっと気に入りますよ。

4か月前

Icon user placeholder562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bE93d00c4 0812 4363 94ba 3d6396a1925d 59
ままならないから私とあなた

朝井リョウ!!!!これでこそ朝井リョウである!!!!と言う感じの本だ。 もどかしくて切なくて淡くて、昔はこうだったとかどうでも良くて本当に必死に現代を生きる人たちを描くのが彼だ。 そして私はこの本のタイトルが最高に好きだ。 ままならないから私とあなた。誰一人ままならない気持ちで生きてる中で、私と一緒に在るのは他でもない「あなた」なのだ。 こんなにも素敵な言葉を味わえる嬉しさ。あぁ、只々ありがとう。

4か月前

D7eec114 a3ba 4eb2 95c4 0faddf5b125e39b2752c e7ca 4b50 aaaa aac2ff0e9a001e4ee0ab a97f 4c59 b552 9fb7a52598953c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1e2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f8F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9 50
昨夜のカレー、明日のパン

読んでいて心がぽかぽかした。 皆さんが書かれているように登場人物たちが魅力的で、章立ても細かいのでテンポよく読める。 ドラマ化したようだけど、これは活字で読むと味が出る作品。ギフ、とか。徹子とテツコの違いとか。あぁ本って、そういう微妙なニュアンスで、読み手の想像力を掻き立てるんだよなぁ。 ね、そうなンだよね?

6か月前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa73c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52019c6ff86 fb41 40d1 8d30 e24ee12cd21c6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b66862729519 b5da 457a 9e8d d63bb95f75c8 138
仕事。

悲しい。インタビューイーは全員男だ。 男女で大きく仕事に差があるとは必ずしも断言はできない。また、偶然インタビューできる・したいひとたちが男性だったのかもしれない。でも、それでも、女性も取り上げて欲しかった。読者への配慮が欲しかった。 スーツを着た男性サラリーマンが好きそうな本。こういうところに、日本のジェンダーギャップの根深さを強く感じる。

6か月前

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f392d2aae4 7b3e 4cdc a280 1ea7d96e4a005e223ad3 8574 4800 a8b4 589c35f469504e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4Icon user placeholder 18
NHKラジオ深夜便 絶望名言

死が救いに思われるほどの苦しみと対峙したとき、私たちはどうすればいいのだろう。または、その人たちとどう接すればいいのだろう。 解説で語られる本の裏テーマにどきっとした。 誰しも大なり小なり苦しいこと、忘れたいことはある。それらとどう向き合って生きればいいか、十人十色のやり方があり、そのなかのひとつとして、きっと文学があるのだろう。 文学は、何も言わずに寄り添ってくれる。ただじっと佇んで、必要な人にとってだけ、非常に大きな意味を持つものになる。改めて、文学の可能性を感じた。 タイトルや装丁から想像するよりずっと、希望に満ちた読了感です。

10か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aDb4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736f9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e09bed4b71 b02b 471f 92d1 13d154088b26025f645c c6e1 4dc8 add0 03b92680595f22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f111dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157 26
地球星人

狂っているのは世界か、私たちか。 主人公、笹本奈月の幼少期から始まる物語。"コンビニ人間"で一躍有名になった村田沙耶香が描く新作は、コンビニよりもずっと重くて暗かった。紹介文だけ読むと何やら恋愛モノのように見えるけど、そんな甘っちょろいもんじゃない。 読了後、「あぁ、良かった。これはフィクションだ」と思った。 温かいストーリーや心踊るファンタジーを読んだ後は、その物語の終焉にどことなく寂しさを感じるけれど、この作品を読んだあと、私は自分の世界を確かめて安堵していた。 それがおかしいことなのか、否か。暫く心がざわついて、錯乱するくらいには引き込まれる作品だった。

10か月前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b18d83113b 986e 4381 bb7d 442f9e993af1D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7Abb94028 9212 4607 aea4 ad17dfdbc81eIcon user placeholder49dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964ee 99
トイレのピエタ

久々にすごいスピードで読めた本。 「自分がもし、ドラマに出てくる主人公のように命の終わりを宣告されたら」なんて妄想は、たぶん誰でもしたことあるはず。 そんなむず痒い思春期の感情を思い出すように、あっさりと死と向き合わされる作品だった。 生きることへの無力感のようなものを語ることはどこかタブー視されていて、吐き出せないことが多い。でもそこに真っ直ぐにメスを入れる。やっぱり、どことなくRADとの共通項がある気がした。 どうしようもなく感情を揺さぶられたいときに読みたい本。

約1年前

83b1cea5 818d 4243 9ad0 0f47cb9a6c673e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff062348880cc 82ca 40dd 9bbe 7afbc9537b45Icon user placeholder08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56227d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac02000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 15
おめかしの引力

川上未映子さんはいわゆる"女の子が好きそうなもの"の観察眼がすごい。恐らくご本人もすごくお洒落とかおめかしが好きで、楽しんでらっしゃるからなんだと思う。 こういうジャンルは「女」が前面に出されるけど、その描写は「女だから」できる訳ではなくて、ただ"自分のテンションが上がる大切なもの"を表現してるだけなんだという、ある種の力強さも感じた。

約1年前

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf0b999442 5dfb 446c 8b9b ea414591bf2cE89261bc 37ff 40f7 a74a 18f4f54d228022461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1 71
ジャイロスコープ

「助言あり〼」の話がトラウマ的に忘れられない(笑)。図書館で見かけて、そう言えばこれ登録してなかったっけと思い出した。 読んだあとの後味が不思議。なんとも表現し難いがとにかく唯一無二で、堪らない。伊坂幸太郎作品が人気なのも頷ける。

約2か月前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b6686a12c21d 14f3 4266 acc7 1c5f6808f26421432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb83cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70937e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619 79
意識のリボン

え、これエッセイ? 作家が描く世界は、間違いなく彼らの周りで起こる現実世界の出来事に確実に影響を受けている。私はそう考えるから、好きな作家さんのエッセイを読むのはとても楽しくて、好きだ。 この本は、最初エッセイなのかと見紛うほどだった。そのくらい、なんだか全話に"ありそう"な雰囲気を醸し出している。数年後の自分を見ているようだし、家族の裏の顔を覗き見してるような気分にもなった。不思議な作品だ。 そしてなるほど、これが綿矢りさ作品なのかと妙に腑に落ちた読了感だった。

2か月前

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c221155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77243221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e3acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea0559179Icon user placeholderD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b 16
美しい距離

「人が死ぬ系の物語か。。。」とお涙頂戴系を予想していたが、全く違った。 確かに人は死ぬ。 がん患者の妻を夫が看病し、看取るという物語だ。 でもそこには、かわいそうとか悲しいとか絶望とかは、無かった気がした。 人と人との距離が遠くなっていくことは、必ずしも悪いことじゃなくて、むしろ美しいと形容して良いことなのかも知れない。そういう提言を、淡く優しく語りかけてくれるような本だった。

4か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a529fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderB2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af518dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8 26
いつか別れる。でもそれは今日ではない

一言で言うと、めちゃくちゃさそり座っぽい。 激しくてめんどくさくて、重くて独り絶望してて暗くて美しくて哀しさを纏って平然と生きている。 そんな人が私も好きです。

5か月前

50f87335 75ce 4511 84c5 4032eb14a5014551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af243fd8bd 2af5 47e4 9c2d 9abf010a7bc9Icon user placeholderIcon user placeholder36467cc5 a269 49ad 951b a5d3a694104b08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 264
もものかんづめ

期待を裏切らない傑作、流石としか言えない。 平成最後だとか作者を偲んでとかで、最近本屋でよく見かけるようになった。これは「絶対にアタリ」な本だから逆に手を出す機会がなかったのだけど、読んだらまぁ面白いこと。 土屋さんとの対談もいい。というか、対談相手が土屋さんというのもまたセンスを感じる笑。 達観した子どもだったんだろうなぁ。彼女は本当に、何でもない日常をきらきらと照らす人だ。

6か月前

8ae1a7df e76f 4022 accc 8e6f601171ef52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a5F15df619 0002 4ae2 af5f bfcbfcb5ca639f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fb2eb75655 06d4 4cff a52d 2689f11d5dbc20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520F3d63908 6e03 4f93 8097 1042bab40bee 101
OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

どうしよう…あんまりしっくりこなかった…。 組織で導入予定なんですが、普通の目標設定と何が違うのかよく分からず。シリコンバレー式、うん…すごそうなんだけど…。 私自身が目標を決めたりするのが苦手なんだと思います。なので、ちゃんとシステマチックに考えられる人たちにはおすすめです。 感情より論理タイプの方、ぜひぜひ。

9か月前

9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fbIcon user placeholderD1d82de1 fa95 4b2b 9b94 bf8c07785f8653c46b22 4cde 4fa0 9dff fc39a84be3c1743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686dAkiaivjyeuyp25rambwa028d77ed a285 4e4c bec1 758e36993306 17
うしろめたさの人類学

私がいわゆる途上国へ行ったときの経験と、筆者のエチオピアでの経験が重なった。章の途中で学生時代のエチオピアでの日記が挟まれていて、「あぁ、そうそう、そうだよね」と思いながら読み進めた。 途上国へ行く人は、たいてい"物乞いには金を渡すな"と言われる。(少なくとも自分はそうだった)そこになんの疑問も抱かずにいたが、この本を読んで考えてみると、それは日本の基準で勝手に相手を評価しているようにも思われた。 "うしろめたさ"を感じたことに、正直になること。私たちは都合が悪いことから目を逸らして蓋をして生きてきた嫌いがあるから、そろそろ直視する練習をしてみても良いのかも知れない。 でも最後はちょっとくどく感じてしまったな。

10か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Icon user placeholderB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d803f9b415 8ee9 48b4 81c9 f764b974bac6 83
自分の仕事をつくる

心に響く言葉が、びっくりするほどたくさん散りばめられていた。 最近、漸く"はたらく"とか"しごと"と向き合うことが出来ている。ライフワークバランスだの、ワークアズライフだの、色々言ってるけど要は働く人が気持ちよくいられることが1番だと思う。 私は"やりたいことを仕事にする"動きが顕著なのは、最近のことだと勘違いしていたようだ。 自分が生まれたくらいの時代からずっと、同じことをしていた人たちはいた。 きっといつの時代も、自分らしく生きてる人は確かに存在している。そこに少し光を当ててやるだけで、こんなにも力を分け与えてもらえるのだと実感した。

約1年前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208dEe6329b4 40c8 4d91 bf31 656592da8ff710b61092 e939 4cec 84c1 1988714895cd628c2ab5 603b 4834 b049 afcd7a532dc4C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76F9be077c 3112 4d96 afed b36b7206296e 60
人生を狂わす名著50 京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。

みずみずしい文章が眩しい。 著者の方は大学院生ながら、もの凄い量の本を読んできた方です。信頼できない語り手は本当に信頼してないし、作者に鋭いツッコミを入れたりもする。 書評は中立的で作家の世界に容易には引き込まれず、一歩引いた形で書かれています。すごいなぁ。私なんか何も考えず作品にもたれかかっちゃうのに、彼女はぴしっ!っと背筋を伸ばして作品を分析しているのです。 コロコロと表情が変わる文体は若さを体現していました。同じ世代の方がこうして本を出版されていることを、とても嬉しく思います。

約1年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e9d968311 98b5 495a b663 7fcdf55957f145122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cFc943c9b 2a7a 429c a219 96814e1bd38535febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e45217a066 b6c9 4da0 a100 208dd2dcda11Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9 91
なぜ世界は存在しないのか

私たちが"世界"という言葉を使うとき、共通の概念としてそれは存在する。 でも、本当に"それ"が存在している訳ではない。 "世界"はマトリョーシカ的に全てを包摂するものだけど、そんなの考えていったら無限に続いちゃう。 私たちが言うところの"世界"は、所詮人間が見える範囲でしかない。 なるほどねー!と思った。程よく難しい

約1年前

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d5408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c2702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3Icon user placeholderFdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117 23