85c76b42 4588 453e bd62 20057fc81ee8

田中 遼

書籍編集。渋谷の出版社におります。

書籍編集。渋谷の出版社におります。

57

コメントした本

地下の鳩

自分に正直に嘘をつく。自分を損なわないために。大阪・ミナミに生きる3つの人生。

3年前

755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d52240a631 4be3 495d 919e d197f4bc26b55c5e1f2d 2573 4129 95d5 377972f53098648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b89564ccc 1bac 4f9c 9bb3 b68d70b8f337842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0fA5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a836 20
原発労働者

一番近くにいるにもかかわらず、顧みられることのない存在。震災以前、平時の原発で働く労働者の声を1人のシンガーソングライターがすくい取る。是非の二元論をはるかに超越した矛盾を、それでも問い続けるために必要な本。

3年前

1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cAkiaivjyeuyp25rambwa7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5572644c3 d8d0 41a2 bcd5 d564c99b219a
断片的なものの社会学

誰かの何かは、別の誰かにとっての何かであり得るか。意味が生じない断片を考えることの、難しさと豊かさ。

3年前

56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b4303384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c514d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871328d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57 162
教団X

人間の本性にせまる、野心のかたまりみたいな本だ。

約4年前

0cd0c9bf 90ae 4bf5 9457 2a0e73acfc29A4b636d8 1ce6 437b 9e5e 82b20fabc1e36c691830 1283 4653 871c d81a06afb9498e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c44535F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305Icon user placeholder 152
放送禁止歌

どこにも主体のいない規制。幻想の抗議。タブーが生まれるメカニズム。

約4年前

D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7E993818b 6a72 497b b510 4f53ee2f74fc9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
文明探偵の冒険 今は時代の節目なのか

こういうのは神里さんにしか書けないだろうな。

約4年前

カフカ寓話集

カフカは長篇と同じくらい、短篇がおもしろいのだ。

約4年前

Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Akiaivjyeuyp25rambwa29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc8a461bf2 6f16 4b1e 8441 3260a621ebc138b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a
笹の舟で海をわたる

どこまでも地味な物語なのに、読後の余韻がものすごい。

約4年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d56cbd4e2b f46e 4237 bdc4 7b6df627f0f6151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24155630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120
血盟団事件

生きがいが暴発していく姿。井上日召と若者たちが見た一途な夢。

約4年前

まちの幸福論―コミュニティデザインから考える

参加と手づくり、豊かな社会の道しるべ。編集した本。

約4年前

ヒトラ-とユダヤ人

淡々と語られるのに、ぐいぐい読まされて、ヒトラーはなぜ、ユダヤ人を憎んだのかの深層に辿り着きそうなのに、あんまり辿り着かなくて、「ヒトラーがなぜユダヤ人をこれほど憎んだのかを解明するのは、歴史学の限界を越えた問いだ」という終わりの言葉にずっこける本。著者の朴訥な語り口は好き。

3年前

独立国家のつくりかた

10回読んでもおもしろい。生きるとは、死ねない理由を探すこと。

約4年前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a72fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 21
龍宮

この、牧野千穂さんの装画がものすごくいい。この連作そのものだ。

約4年前

393fe0b3 ef6b 4d23 b808 c10cd1c2846cA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c
中島敦

臆病な自尊心と尊大な羞恥心。

約4年前

目の見えない人は世界をどう見ているのか

目は「見る」ための理想か。自分の動きは世界の姿を通して決まる。そこにひそむ、体という絶対的な個性。「現実なんて一つじゃない」ことを痛快に切り抜く、生きるための身体論!

約4年前

Icon user placeholderIcon user placeholderD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0F7ecef65 b66b 44bd 801e be366b58310dC16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe65140893Icon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d 45
自殺

何度か読んだ。これからも、何度か読むだろう。

約4年前

55a955e8 36c6 409e 9a5e ee5c03150d87982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd99Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa47965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f61676C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Efb90319 3345 4cfd add7 67e3a4691fca 10
あなたの話はなぜ「通じない」のか

どの伝え方本も辿りつけない名著。自分の思いに嘘をつかずに人とつながる思考の技術。

約4年前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c866a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a934ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108fCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3 15
トクヴィルの憂鬱: フランス・ロマン主義との誕生

平等が生みおとした憂鬱。それでも新しい時代を語るのに必要なのは、自尊心だ。ロマン主義運動の中でトクヴィルが考えたこと。

約4年前