50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be

ただのさる

水とお茶を摂取して楽しく生息しております…

水とお茶を摂取して楽しく生息しております。

35

コメントした本

オペラの終焉: リヒャルト・シュトラウスとの夢

19世紀、西洋音楽にとって最も幸福な時代に、オペラは大衆への娯楽性と新しい表現を開拓する芸術性を両立する存在だった。けれど、20世紀から徐々にオペラは大衆にとって“娯楽”ではなくなり、少数に受け入れられる“芸術”としての側面を追求するしかなくなった。そして現在に繋がる。 この本ではその境目に生き、奇しくもオペラ最期の光を生み出してーー遂には20世紀に追い越されてしまった作曲家シュトラウスを通して、一つの偉大な文化の終焉を見ることができる。 オペラの終焉と題にはあるが、文化のありように大差はないだろう。現在の映画やアニメ、漫画もまた、このような終わりを迎えるのだろうか。

約1か月前

ニューロマンサー

自分の想像力を超えて描かれる電子の世界。 もちろん電子の中だけが魅力の小説ではない。退廃的な千葉シティの描写など、現実世界の閉塞感も執拗に書き込まれている。 ブラウン管の砂嵐のような現実の都市と、電子の虚構の世界が交じり合い、調和している。 こりゃあ、攻殻機動隊やその他SFアニメ、映画の原点の一つとなるわけだ。

7か月前

Icon user placeholderB41b33b8 28c9 4946 b469 67104d6f5bf41d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b767510766f 1462 4208 90ab 9e8e76df96716d7076e1 16d9 4119 abb8 3c550ce7d9b81bffb846 d499 4f43 9d04 de60b5024e63 37
海潮音―上田敏訳詩集

翻訳文学は、原作者と翻訳者が練り上げてつくっていく分野なのだと思う。原作者にその意識はないにしても。 上田敏は詩人の(原詩は読めないので推測だが)軽やかで瀟洒な言葉を、重厚で典雅な文体でもって彩り、万華鏡のように複雑で見飽きない輝きを与えてくれたのだ。 翻訳ものを読むと、原著で読めないことを歯嚙みすることがあるのだけど、この訳詩集は違う。外国で生まれた詩を、舌で転がすようにして日本語で味わえる。その出会いに感謝してしまう。

7か月前

6c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec90885C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
被災弱者

災害は過ぎた。ではそれから? 一度破壊されたコミュニティや暮らしを再建するにはどれほどの労力が必要なのだろうか。見えないものこそ重要であり、すぐに再生するものではない。目に見える“家”ですら、再建の見込みが不確かなのに。 だが世間は被災がある程度落ち着いたことに安心し、支援の手を引いていく…。これは“四年後”の話。私自身、反省することが多い。

7か月前

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

ミステリィに分類されなさそうなミステリィだと思う。だが様々な謎が絡み合い、終着していく見事な構成は、確かにミステリィか。 取り残されたクラシカルなシステムの街を、効率化された近未来の都市から来た主人公が観察する。 この人の目は、女王の街を通り越して現代社会まで見つめているようで、どきりとする。

7か月前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504eDa89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90575a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669edA26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb5b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca9 12
絵本を抱えて部屋のすみへ

愛しているものは皆、過去の記憶と分かち難く結びついている。絵本などその最たるものではないか。 江國さんの文章には至るところにものへの愛が吹き込まれていて、こちらまで幸福になっていく。愛しているものの記憶を取り戻していく。

7か月前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249916f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee1141f817 de19 4183 86fd 08ab5f5cc0c289e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e265efb61 0af4 43e3 8a24 453b53c824a0
木材と文明

木材を物差しに、人類史を俯瞰した印象。 木材はエネルギーであり、工芸品であり、建築材料であり…。

7か月前

先祖の話

祖父のお墓をつくるときに、その業者の方と本の趣味が合って紹介された本。失われつつある文化を文字は保存してくれる。

7か月前

もうすぐ絶滅するという紙の書物について

もうすぐ絶滅するという紙の書物について彼らが話すかと言えば、そうではない。さっさと結論を出しそれよりも、と、自分が一番語りたい事を好き勝手に言い散らかしている印象。だからこそ、絶妙なバランスで緊張感、蔵書自慢、喪われた本への敬意、チャーミングな二人のお人柄が合わさっていると思える。

7か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7852a48ae 70b3 4dc3 b5c6 72ac4831fa8aMaman putain6 normal308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b269182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd
タラチネ・ドリーム・マイン

魅力的な言葉がページをめくるたびに舞い込んでくる。音や文字のかたち、内容どれをとっても素敵な物語が12編。

7か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c886f0ed77 c423 45f8 9da5 87fb47467e7a72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f2326E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2Bcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508 8
アンドロイドレディのキスは甘いのか

タイトルが大変魅力的だったので、手に取った。 知性と心は人間が持つ煌めきである。 AIを題材に採ったこの本は、柔らかに人間について語りかけてくれる。AIを人間でない知性あるものとすれば、自然人間を人間たらしめる要素について考える必要が生まれてくるわけだから。記憶量や計算力を知性と捉えれば、人間は既にAIには敵わない。 さて、アンドロイドレディは人にきっと好意を示してくれるだろう。そうプログラムされればの話だが。美しい容姿、慈愛溢るる性格、あなたをやがて好きになることも全て設計できる。そのキスを甘いものと捉えるか、紛い物と捉えるかは個人の心次第なのかも。

3か月前

宇宙への秘密の鍵

まさしくタイトル通りの本。遥かな宇宙の不思議へ、子どもに寄り添う父親のように、ホーキング博士と娘さんのルーシーが連れ出してくれる。 宇宙は遠いようでいて、その扉を開く鍵はこんな風に自分のすぐ傍にあるのだ。私の場合は、午後の風が吹く図書室にあった。 そしてこれからも傍にいて、宇宙へと目を向けさせてくれる、大人になった今でも楽しめる入門書である。 鉛筆で書かれたような分かりやすいイラスト付き。

7か月前

C7d89cf2 7640 4b95 94f0 f495e2de4ba1E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacD211cd5d 2f99 43ff ab3c 923b28b2adf1A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 11
溶ける街 透ける路

世界にラインを引かずに、飄々と歩いていけば、こんな感じになれるのだろうか。

7か月前

虐殺器官

文章のスピードが速い。普通ならきつすぎて読めたものではない程速いのだけど、破綻させず目を離させないのは作者の才能だと思う。溢れでる知識と膨大な風景描写、記憶の欠片、思考の羅列に心を掻き乱されたい人はぜひ読んでほしい。

7か月前

11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c190824a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Bf10f679 14de 44fe b692 f16ae60cfaa09b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a2126a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholder 124
橋の文化史―桁からアーチへ

橋はその役割から、取るべき形など一つしかないと思うのだが、そのたった一つを求めるために多くの時間と、才能と、資源を必要とした。文化は橋によって運ばれ、橋をデザインしていくのだろう。

7か月前

ホテルカクタス

この本の魅力は、開けばすぐにホテル カクタスの階段の、静かでちょっとひんやりした空気を味わえるところだ。

7か月前

6c691830 1283 4653 871c d81a06afb949Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249915e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f6Icon user placeholderIcon user placeholder 16
脳のなかの幽霊

患者の病態は滑稽でありながらも、常に哀しみを纏っている。

7か月前

48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce3133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e149D04d66c0 9739 41f0 a758 2d72f03c0e15E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d60bfefd4c f72b 45ae a31a bf5285fea0a7 13
夜間飛行

サン・テグジュペリは刹那的な人だなと思う。 そしてフランス語を翻訳した本は大概、きらきらとしていて、炭酸水みたいに微かで連続した刺激が続く文章だと思うのだが、これはフランス語だからだろうか。それとも訳者のお陰なのか。

7か月前

243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Icon user placeholderIcon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dIcon user placeholderIcon user placeholder46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6 52
春になったら苺を摘みに

柔らかく、冷静に語られる留学先での生活は、優しい人々に囲まれた豊かなものだったことが窺える。 だがその中に不意に差し込まれる悲しみーー差別や暴力、テロといったーーも平等に語られているから油断できない。 そしてあくまでも同じ目線から、両者を扱おうとする筆者を尊敬する。

7か月前

A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2288f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8826c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565850023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 25
春にして君を離れ

日常がサスペンスとなるのは、こんな側面があるからなのでは。他者を思いやること、己を振り返ることは一瞬足りとも放棄してはならない…ううん…難しい…。

7か月前

1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9Fa46737f a49b 4647 a8b2 be42bc0c158924bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb7F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 25