E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚は雑食系…

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚は雑食系にしていきたい

81

コメントした本

あなたが世界のためにできる たったひとつのこと―<効果的な利他主義>のすすめ

ミレニアル世代を中心に広がっている〈効果的な利他主義〉という生き方について。この本は、難しくなりがちな哲学の話題を、読み手が自分に引き寄せて考えられるように工夫されていると感じました。 一番刺激的だったのは、第15章「人類の滅亡を防ぐ」です。AIが世界を牛耳る未来も悪くないかもしれないと思えました。 常に理性を保ち、普遍的な視点で、合理的に考え、倫理的に行動できれば(それは多くの人が理想とする態度だと思う)、その人は〈効果的な利他主義者〉になるしかないのですね。それでもやっぱり私自身は、感情によって行動を決めることから逃げられない気もしています。人間らしさとは何かや、善き人間の在り方について、ゆっくり考えてみたいと思いました。

約1年前

Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
ふたりの証拠

前作の衝撃のラスト、その続きから物語は始まり、またもや驚きと謎を提示して終わります。 『悪童日記』とほぼ同じ文体で書かれているのに、本作からは全く違う印象を受けました。一心同体だった双子の兄弟と別れて一人になり、子供から青年へと成長し、終戦後に全体主義社会になって、生きる術も意味も変化したからでしょう。 これを読むことで、双子の別れが何を象徴していたのかに一層思いを巡らせることになりました。とにかく続きを読まなくては。

約1年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e02bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733Bf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc2Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder 28
華々しき鼻血

初ゴーリーなんですが、これは最高ですね。何度も見返しちゃうし、ジワジワくる。全ページをネタバレしたくなります。読んだ人たちで集まって、一つ一つについて語り合いたいなあ。

約1年前

7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5C02ce81c b5e7 435a 9b5d 2be879383570
寂しい生活

豊かさとは何か。自由とは何か。東日本大震災後の節電生活を通して、モノを所有することに疑問を持ちはじめた稲垣さんは、とうとう極端と言えるほどのミニマリストになります。その生活を真似しようとは思わないけれど、確実にやってくる老後の生活の不安を和らげ、心構えをさせてくれるような本でした。 稲垣さんが提案しているのは、所有ではなくシェアするという考え方を軸に据えた生活です。自宅に様々なモノを溜め込んで籠城するのではなく、半径1キロくらいを自宅と考えて、近所の人と関わり合いながら、モノを共有し助け合って暮らす。お金は、消費ではなく投資だと考えて使う。お金がなければ身も心も豊かになれない、だから稼がなきゃ!という強迫観念から解き放たれると、仕事に対する考え方も変わってくる。 「もう何も追いかけなくていいんだと知ること 。それこそが自由だったんじゃないか 。」という言葉が重く響きました。

約1年前

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8327f52b3 2d33 445b ab87 5c671b9eafab 12
黄昏古書店の家政婦さん ~下町純情恋模様~

妻に先立たれた39歳の古書店主と18歳の住込み家政婦のラブストーリー&ファンタジー。20以上も年上のおじさま(しかもかなりの無精者)に恋する女の子は、一途で料理上手でとても可愛いのです。男性にとっては文句なしの夢物語ということになるのでしょうが、女の私が読んでも引いちゃわないのは、作者の上手さなんだと思います。 版元であるマイナビ出版ファン文庫が「忙しい日々の合間にほっとひと息つけるような小説を」と謳っているとおりの、楽しい本でした。息抜きの読書にぴったりです。

約1年前

248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c39e483a0f 8aff 4929 bfcc 8191523a6bae2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d19ba6bc87 098d 46ee a043 8eb8a02117e6
青い城

主人公の女性ヴァランシーは、身の回りの全てを恐れて生きてきました。誰かを愛したことも、人に必要とされたこともない、友人の一人さえいない。このまま寂しく老いていくのだと諦めていた29歳の誕生日、あることがきっかけで生き方を変える決心をします。 「これからは、自分を喜ばせることにしよう。」 その後のヴァランシーに起こった変化はまるで、おとぎ話のようです。美しい自然の描写と素敵な台詞の数々に、夢見心地な読書の時間を過ごしました。対照的に、ヴァランシーの母親や親戚たちは皮肉とユーモアに満ちた言葉で描かれており、それらもまたこの物語の大きな魅力です。

約1年前

2afe2b30 1c62 4bdd b48f 5cfc188575ddEd575f49 afbf 419d ad80 dfe1f6f6832d6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373391dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aAab03def 5c0a 426b 8c52 a9ca5037b8d4705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5181763c1 96a9 4118 b9db c0440cc20918 9
ウルトラライトハイキング Hike light, Go simple. ウルトラライトハイキングのバイブル文庫化!

以前、映画『わたしにあうまでの1600キロ』(原題:Wild、めちゃくちゃ面白い)を観て、スルーハイクとかロングトレイルというものに興味を持ちました。いつか挑戦するかもしれないその時に備えて読んでみたけれど、技術的なことよりも、歴史や思想的な部分が興味深かった。 ウルトラライトハイキングとは、荷物が超軽いハイキングの意味なのですが、これはミニマリズムと呼ばれるライフスタイルに共通する考え方だなと思いました。無駄な物を持たない、環境に負荷をかけない、そのために工夫する、などなど。バックパッカーの起源も案外ここにあるのかもしれないなあ、とも思いました。

約1年前

E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea3d7c95c8 dd50 47d8 b092 c9203c6c679302d8d34a 4b28 4d8b a98c 2e672a9ac18d04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca16bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35adA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 11
暗幕のゲルニカ

雑誌の連載を単行本化した作品なので、同じ描写の繰り返しが多く、ちょっとくどいなと感じることはあったけれど、そのぶん作者が〈ゲルニカ〉に抱く熱い思いが伝わってきました。いかにもアメリカ人的な発想の結末に微苦笑するなど。

約1年前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a7412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca21489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb 44
MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

約1年前

ミニチュアの妻

メキシコ系アメリカ人、マヌエル・ゴンザレスのデビュー短篇集。1編目の「操縦士、副操縦士、作家」は、ハイジャックされた飛行機が20年間同じ場所を旋回し続ける話で、抜群に面白い。「音楽家の声」「セバリ族の失踪」「キャプラⅡ号星での生活」さらに「奇特なる人生」のシリーズもひじょうに好みです。 嘘や思い込みが、どういうわけか真実として世間に定着してしまう。面白味のない真実よりも、魅惑的な嘘を信じたくなる。模倣が本物を超えることへの違和感、何かがズレていると知覚しながらどうにもできないもどかしさ、喜劇のような悲劇。そんなこんなを見せられて、読んでいるあいだは大変に落ち着かない気分になりました。読書でほっこりしたい人にはまったくお勧めできない本です。

約1年前

62a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c538e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18230394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e
第三の嘘

純文学の『悪童日記』が『ふたりの証拠』でミステリー風味をおび、『第三の嘘』ではとうとうエンタメ小説へ……というのは大げさだけれど、読者はぶんぶん振り回されます。でも、結局どれが真実なの?などと悩むべきじゃないのかもしれませんね。だって、タイトルがネタバレ。作者はそもそも、物語が嘘であることを隠そうとしていないのです。 クラウスが書店の主人に、どんなものを書いているのかと問われて、答えた後にこう言います。 「一冊の本は 、どんなに悲しい本でも 、一つの人生ほど悲しくはあり得ません」 難民となり故郷を失った作者アゴタ・クリストフの心情がこの台詞に現れているのではないかと思いました。だとしたら、この三部作を書いた作者の悲しみの深さには言葉を失うしかありません。

約1年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d3583202bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733Bf1e1472 c4ff 4b24 a9d2 585f29fe1dc2Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc24daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder 24
悪童日記

驚くべきリーダビリティ。 そしてもっと驚いたのは、出来事と状況の描写だけで人物の性格や心情を表現できてしまうということ。 でも考えてみれば、相手を理解するというのは、その人の発言を聞き、行動を目撃し、表情や息づかいを読むなどといったことの積み重ねから得られるものなわけで、それを小説でやっているのがこの『悪童日記』なのかも。 作者が、母語のハンガリー語ではなく大人になってから学んだフランス語で直接書いたというのも、作品に大きな効果を与えているんじゃないかと勝手に想像している。

約1年前

B3519491 99d2 4379 b35f df092eeb0358Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8E7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa30621687 8c28 4cf5 9b0e 80b0cfcc817253f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e 80
フロスト始末〈上〉

ウィングフィールドの手によるフロスト警部シリーズの最終作。陰惨な事件とお下劣なジョークの対比がシリーズ中で最も際立つ今作で、フロスト警部はかつてないほどの窮地に立たされます。 シリーズをずっと読んできて、こんな下品なジョークや嫌味のきいた会話を笑える日本語に訳すなんてすごい!といつも感動していました。フロスト警部のキャラクターやデントン署の雰囲気は、芹澤恵氏の翻訳あってこそ楽しめるものなんだと思っています。 例えば、今作でフロスト警部がスキナー主任警部と初対面する場面。‘Pleased to meet you’というフロストの台詞を「こりゃ、どうも、お目にかかれて光栄の行ったり来たりだよ」と訳してるんですよ。 私はフロスト警部シリーズを読みながらニヤニヤしたいんです。だから、作者ウィングフィールドの亡き後も新たな作家ユニットの手によって続いているシリーズが、1日も早く翻訳出版されることを願っています。

約1年前

Dd9d9983 7e58 4c31 acd6 08a034476b36D0f52b3f 88d0 4b17 8e37 caccab53e24b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cC0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc18511618 542e 424f a9c0 020484758922
魂の退社―会社を辞めるということ。

私は稲垣さんほど優秀な社員じゃないけれど、これは未来の自分が書いた本じゃないかというくらい共感しかなかった。独身で会社員を頑張ってきた人なら多かれ少なかれ、稲垣さんと同じようなことを考えているんじゃないでしょうか。 働くとはどういうことか? 「人から上司からどう見られているかということよりも 、やるべきこと 、やりたいことをやろう」と考えた稲垣さんは、実際に社内で様々な一人プロジェクトを行なっていきます。そうして「会社から受け取りたいものなどもう何もなかったのです 。そして 、私から会社に贈ることができるものも 、もうありませんでした 。」という境地に至ります。 この2年ほど、会社を辞めようかなでもお給料貰えなくなるのは怖いなと悩んでいたのですが、私も「真っ白な灰」になって会社員を卒業したい!と思いました。だって「会社は修行の場であって、依存の場じゃない」のだから。

約1年前

9a43c211 c437 4d97 8c66 92556431534c2b0bf842 56ac 4324 afcf 38309cde08c389e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Da37aeac 8f1b 4b85 8a8d 4ed3fb66d65f 24
本物の英語力

うなずきながら読みました。というのも、私が苦労して英語を勉強してきた過程で見つけたことがぜんぶ書かれていたからです。もちろん、それ以外の役立つ情報もたくさん得られました。 今は一応外資系の会社で働いているけれど、まだうまく英語を話せないし、もっと自信をつけたい。英語の勉強には近道もゴールもないから、ときどきこういう本を読み気を楽にして、気長に続けていきたいです。

約1年前

Icon user placeholder26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Icon user placeholder3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a83d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
古森のひみつ

大好きなブッツァーティによる、これぞファンタジーというお話。大人になり失ってしまった子供の心と感受性を、少し取り戻せたような気持ちになりました。 『シチリアを征服したクマ王国の物語』は、ブッツァーティ自身による挿絵の可愛さも手伝って明るく賑やかな感じ(結末はさておき)だけれど、この『古森のひみつ』は少し不気味でしっとりとしています。森にいると感じる、あの畏れのような感情が、ありありと蘇ってきました。

約1年前

E0e87e83 4c5b 44f2 916b 269202ff9b92014253d4 6080 4951 9119 24735184a696174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f762a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a1
Google流 資料作成術

人を動かすプレゼンテーションにはしっかりしたストーリー作りが必要、というのは数多の類書で述べられていますが、この本のウリは、ストーリーを引き立てる図表の作り方とデータの扱い方です。 簡単に取り入れられそうなアイデアがたくさん載っていますが、いざ実践しようとすると、かなり頭を使わないといけません。ただ真似ただけでは、地味で味気ないプレゼンになっちゃう。逆説的ですが、プレゼンで一番大事なのはストーリーなんだなということを実感しました。

約1年前

F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fce9a1e5511 d720 464c a9bf b2ad8594ac19Icon user placeholder9289d293 703b 4c28 bf26 15fc9b86b87e806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482f312a7d64 d19b 434c 8766 27df29f004db 45
人はなぜ物語を求めるのか

2016年に〈Webちくま〉に連載された「人生につける薬 − 人間は物語る動物である」の書籍化。 私、いかにもな自己啓発本が苦手で、これまで慎重に避けて生きてきました。この本も連載時のタイトルだったら読まなかったと思う。あー読めてよかった! ものすごく雑にまとめると、 「人間は出来事に因果関係(を含むストーリー)を求めてしまう生き物なんだ。でも世の中には理由のないことだってたくさんあるんだよ。それに、自分の作ったストーリーによって苦しんでしまうこともけっこう多い。だったら、ストーリーを手放すという生き方もあるよ?」 という内容です。本当はもっと深いし、示唆に富んだ言葉が満載なので、ぜひ手にとってみてほしい。 好きな本、感動した本、面白い本、役に立った本はたくさんあるけれど、自分を変えてくれる本との出会いはなかなかありません。私にとってこの本は、そんな一冊になる予感がします。

約1年前

8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589dIcon user placeholder74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab42e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eC25e4b67 738c 4143 a02f 43951068dbcf1f29e54b 0012 44c1 a1e2 ed11b38bfccc 8
スペース・オペラ

表紙買いしました。表題作の長篇「スペース・オペラ」はまさにこの表紙のようなカラフルなSFです。 大富豪の貴婦人デイム・イザベルが、最高の音楽家を集めて歌劇団を結成し、宇宙ツアーに出かけます。最終目的地ルラール星を目指す道すがら、様々な惑星に立ち寄ってオペラを公演するのですが……。地球とはまったく異なる文明をもつ異星人たちは、はたして音楽を受け入れてくれるのでしょうか? デイム・イザベルの強烈なキャラクターが訪問先でトラブルを引き起こすうえに、ゴンダー船長は何かを隠しているようだし、宇宙船に紛れ込んだ美女マドックにも深い秘密があるらしい。というわけで、このスペース・オペラ・ツアーはほとんど珍道中です。さらに異星の風景や宇宙人たちの描写に想像力を掻き立てられる楽しみもあり、二重に美味しいSF小説です。 本書にはこの他に4つの中短篇が収録されています。なかでも「海への贈り物」は、前半の迫力ある描写にハラハラ、ドキドキしながら読んだら最後には感動。これは傑作だと思いました。

約1年前

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823
穢れの町

アイアマンガー三部作の第2部。第1部『堆塵館』がとんでもない場面で終わり「えー!この後どうなるの?」と気を揉みましたが、今作ではアイアマンガー一族のダーク過ぎる一面が明らかになります。読み進むごとにスピード感が増してハラハラしてしまいました。賢く勇敢な少女ルーシーと、弱いけれど優しい心を持つ少年クロッド、二人の恋は波乱万丈であります。ああ私もこんなスリリングな恋愛がしたかった……。第3部は12月発売予定とのこと。半年以上も先です!エドワード・ケアリーの他の作品を読んで待とうと思います。

約1年前

Picture71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522E91d5f90 a964 4d55 ac33 5127670c9c60