2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書。

時々、読書。

31

コメントした本 ページ 2

かのひと 超訳 世界恋愛詩集

気がついたら何度も読み返している詩集。 心の中にそっとしまってある、恋と愛を引き出してくれます。 人生は恋愛で溢れていますね。 それは男女間のものだけでなく、友人、自然、、、見落としてしまうことがほとんど。 人がいれば側に恋愛があるということが胸に刻まれます。

3か月前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad953Cb7c1fc6 5723 45f7 a346 ed5fa5d595335b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fDcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b7C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 11
自然のレッスン

自然に感謝する 自然から学ぶ 自然に生かされる 自然に生きる 人間も自然の一部 自然を味方につけたら、きっと今より生きやすい毎日に変わるはず。 シンプルかつ丁寧に、生かされていることを実感しながら愛しい日々を過ごしたいですね。

7か月前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f447607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c4D4d51a36 dfb8 4632 811a 623121ba3292
降霊会の夜

「忘れちまう罪は、嘘をつくより重いんだ。」 浅田さんの仕掛ける伏線、泣くまいと思いながらもまんまと涙してしまいます。 “ゆうちゃん”が蓋をした出来事。 小学生から大学生へと年月は流れますが、人は国や時代に翻弄され、幸福の本質を見抜くことが出来ないままに日々を過ごしているのではないでしょうか。威信、虚飾、これらは時に人を傷つけてしまうものです。 経験や過去を忘れることは、生きることへの糧にはならない。 決して強さではないのだと心に深く刻まれました。

8か月前

2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b
文庫 絶望名人カフカ×希望名人ゲーテ: 文豪の名言対決

希望と絶望の端にいるゲーテとカフカ ふたりの名言がエピソードと共に綴られています。 元気で明るい言葉は涙が出ます。前向きな言葉は勇気をくれます。 繊細でもろい言葉は背中を押してくれます。後ろ向きな言葉は不安を煽ります。 私達の感情は厄介で、常に揺れ動いています。 いつ?どこで?どんな気持ちで? ゲーテとカフカの言葉をそっと思い出し、心の拠り所にするのも良しです。

10か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9B825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d49604c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a889c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5bIcon user placeholderC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13 8
6月19日の花嫁

乃南アサさんの小説には、人間のどうしようもない部分が隠すことなく書かれています。 主人公は記憶喪失となり思い出を失いますが、過去ほどあやふやなものはないと改めて気づかされました。 記憶はないけれども、肌で誰かの温かいぬくもりを感じ、どこかに自分について話したい人がいる。記憶を失い、思い出を忘れ去ったとしても、自身を形成している断片は、現在の自分自身で証明されるということなのかなと思います。 何より、大切な人が信じて待ってくれている、それだけで女性は強くなれる気がします。

11か月前

おなかのかわ

良い絵本は、心にストンと真っ直ぐ落ちてくるものがあります。読者が子どもであろうと、大人であろうと。 お腹がすいているけちんぼな猫は、友人をはじめとするありとあらゆる動物や人を丸飲みします。 猫のお腹に入ったみんなは心に傷を負います。猫はその代わりに、自分のお腹の皮に傷を負います。 心の痛みというものを身をもって知るということでしょうか。 動物も人もみんなで生きているのです。 どんな相手に対しても親切に。

7か月前

という、はなし

心温まるイラストと何気ない極上の言葉が紡ぐ、読書にまつわる物語集です。 フジモトマサルさんのイラストを見て、吉田篤弘さんが文字を起こしていくバトン形式。 読書というものは、人と人とを繋ぐバトンのようなもの。 好きな作家さんはどんな人だろう? お気に入りの本、あの子に教えてあげよう。 友人からの贈り物、本。 そうした日々が愛しくて仕方ない。 いつだって私は、本に恋をする。

8か月前

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f33eb567f1 9fa4 4bed 83a5 b8c0e6cd556e06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb676c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec90885000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 32
アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ

自身にとって〝働く〟とは? アドラー心理学における第一人者が、現代人の働く意義について考察した新書です。 アドラーをはじめとする心理学者や哲学者の教え、そして著者の実体験を織り交ぜながら書かれています。 仕事中心の生活に疲れてきたなぁ、、と生きづらさを感じた時、アドラーの定義は勇気へ繋がる力をくれます。 他者の存在を認め、自分の価値を認める。 難しいことですが、対人関係を築く上では何より大切なことかもしれません。

10か月前

57709432 d252 4f74 9384 76dc45a2e2c4D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453
二十四の瞳

置かれた環境で、必死にもがく子どもたちに心打たれます。 現代を生きる私達の働く意味をも考えさせられました。貧しい一寒村が舞台となっていますが、家庭事情によって幼き頃から仕事を手伝い働く姿、貧しくても活き活きとしている姿、ぶつかり合いながらも団結していく姿、いつの時も子どもたちは大切なことを気づかせてくれる、かけがえのない存在であることに変わりはありません。 国のために生き国のために死ぬことが名誉であるとされ、反戦を口にすれば牢獄へ。自分の考えを持つことが許されなかった時代。二度と繰り返してはいけない過ちです。 間違いに気づき正していく姿勢を持ち続けること、これは現代にも通ずるものがあります。 子どものような女先生、大切なものを見失わない強さにとても惹かれました。

11か月前

3058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f49080392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493dF1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9
甘いお菓子は食べません

40代のリアル《現実》がここにありました。 親、妻、娘、、大人になった女性達が思い悩む姿は、どこか自分と重なる部分があり他人事とは思えませんでした。 生きていれば様々な問題がありますが、自分を見つめ直す自分だけの時間というのはとても大切な時間と思います。そして、忙しい毎日に少し疲れた時、本書が原点回帰を促してくれるような気がしました。 《誰かが幸せな時、誰かが不幸になっている。》全編を通してそのようなことを思わせるストーリーでもありました。 トルストイ著 アンナ・カレーニナでの名言が作中に出てきますが、そちらもとても印象に残っています。

12か月前

F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02e9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b124a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283cA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bF63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1Ff53baa5 9f35 435a 876e 2595c532eafe2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133 29