C2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832

さとうめ

村上春樹の小説、野矢茂樹の哲学書をよく読…

村上春樹の小説、野矢茂樹の哲学書をよく読みます。

76

コメントした本

伴走者

ほぼ日刊イトイ新聞で掲載していた『伴走者』出版記念対談で、糸井重里は、この小説は動機のない人が主人公になってしまっている、と言っている。 確かにそれは本当にそうで、マラソンの内田以外は、競技や大会に出ることを自ら手を挙げて選んでいない。 浅生鴨さんも言っているけれど、だいたいの人は動機なんてない。将来の夢を持ちましょう、なんて子供時代に言われ続けるものだから、動機があるほうが人生として豊かだ、みたいに思ってしまうけれど、動機なんてなくても生きていけるのだ。 内田のように、強い動機を持って、さらに動機を冷めさせずに弛まぬ努力を出来る人もいる。けれども、動機がないからこそ、与えられた役割の中で最善を尽くそうとすることもできる。

7か月前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Ad2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf07B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8e14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e19177ecf 19bc 4185 86cd 540af8ce8cfc2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 8
大家さんと僕

大家さんと矢部さんの掛け合いが、家族でも単なるご近所さんでも恩師とのそれではなくて、心がぽかぽかときゅんきゅんが混じったあたたかさ。後輩芸人さんが出てきたときに、僕の大家さんなのに…と矢部さんが思うシーンに、矢部さんの表現の素直さを感じた。いつまでも、読んでいたい。

8か月前

5490b288 b2fe 4271 afcf 6e4827f347039fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8933c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efB6099401 adca 4918 aeaf f756c632242652b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f2996844 113