052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda

なおこ

歴史・事件もの好き

歴史・事件もの好き

42

コメントした本

妻に捧げた1778話

テレビで紹介されていた本だったので、期待値が高すぎたかも。 とはいえ、自分の父親も家族の介護のもと亡くなるという経験をしたので、実感を込めて読めた。 下馬評通り、ラストはとても斬新で良かった。

約2か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fB8eacf07 101e 4ae4 aeb9 2eabfba46c2a 37
さよなら、田中さん

鈴木さんは天才だ!小学生の女の子とお母さんの生活を表現豊かに描かれていたのが、とても楽しかった。中学生が書いているとは本当に思えない。ふつうに、普通以上に面白い小説だった。 主人公の花ちゃんのファンになったので、今後も注目していこうと思う。

約2か月前

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96908a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544210baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4C140fb3d 5467 46d5 876c 6db4e217eee2 9
映画「君の膵臓をたべたい」オフィシャルガイド

若者の恋愛物語だけど、安易な愛情表現がないことが素敵だなと思った。

2か月前

849377bd 02e4 4a27 a9f6 f6de7df3afc7E2d77f21 13b5 48d5 a16a 33b8b47db0ce
君たちはどう生きるか

若い時に読みたかった。 時代背景により、幸せの定義、豊かさの定義が違うのだということもわかって新鮮な気持ちになった。

3か月前

97259210 cf10 4020 aad4 db953acfb79fE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe02c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd194171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737aIcon user placeholder 102
七つの会議

出世競争の男社会の話。わたしには無理だなぁと思いつつ、仕事ができるって羨ましいと思った。

6か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bC5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd7469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3F3b5a593 5048 4cd4 a692 f53f11d2bcefIcon user placeholderIcon user placeholder8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193 32
民王

池井戸さんらしい、細かく刻んで上り詰めていくサクセスストーリーだった。必ずしわせな気分になれる池井戸さんの作品はたまに読んだ方がいいな、。

9か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a19322c27c37 7179 40b2 9482 d8654d34ff90Icon user placeholder13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389223e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf0688 15
ナオミとカナコ

自分が犯罪を犯してしまったかのような気分で読んだ。ナオミとカナコに肩入れして、続きを読むたびにハラハラするのが怖くて少し憂鬱になったほど(笑) 本当に最後の1ページ、1行まで息がつけない小説は初めてだった。

10か月前

E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a63c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb3d88a0b6 0fa2 406b b8d1 d386e5513b96Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0C0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc
君の膵臓をたべたい

青春時代、こんな風に人と関わって人間性を深めれたら幸せだなと思った。受け身の人間が太陽のような人に興味を持たれて変わっていく。ステキだなと思う反面、究極の受け身人間シンデレラストーリーと思った。

11か月前

15f1fa5e ef4f 4c61 868e 84b0dbd7749476a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3eeA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd16b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b27d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b348a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421 463
Qrosの女

謎に行き着くまでが長い感じがした。でも登場人物のそれぞれの目線から話が展開するので感情移入がしやすく面白かった。

1年前

弟子・藤井聡太の学び方

杉本昌隆七段は本当に穏やかな良い人です。でもこの本を読んで、彼もまた厳しい勝負の世界に生きているんだと実感しました。藤井六段の師匠ということで知りましたが、藤井六段と同じく、応援していきたい人になりました。

約2か月前

Lily ――日々のカケラ――

写真の石田ゆり子さんが綺麗だった。 見た目は全然違うけど、思想的なものが似てて、独身気質の強さを感じた…

2か月前

Icon user placeholder76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d7a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb9501Aeed2958 1787 4ea1 af34 d3d9f5deea4f989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c767b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd28Icon user placeholder 22
その時までサヨナラ

小説のいろはのい、のようなわかりやすい小説だなという感想。 もう少し情緒的な表現があっても良かったな。 セリフが浅い気がする…

2か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f57a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506e642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df745efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a22458b44d 8708 4300 8165 83a97cdd01134bccc2b2 09ca 4c03 ac13 b50181640c1b 54
サラバ! 下

なんかめっちゃ感動してしまった。 これ以上ないと言うくらい感情移入した本になった。 最初、わたしはお姉ちゃんに似てるかなと思ってたけど、最終的に感じたのは1番近いのは歩くんやなと思った。 だから最後の方はいろいろ心に刺さりまくりでもう大変だった。 面白かった。 お姉ちゃんのように人生苦しんでもがいても、しっかり答えを見つけられたら最高に幸せ。 わたしは今後、迷ったら心の中で「サラバ!」って唱えるわ。

3か月前

Ec723bb2 f77a 49ea 8e5a 7aaeb67f17ebEf93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070aeAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b7d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b346b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccIcon user placeholder 106
Red

半分まではなんだこの物語、と思っていたけど、最後にはステキな話だなと思えた。 幸せってなんだろねーって改めて感じた。

6か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c4f1c8a 0e51 4e45 86b7 3b008b7c40360dc18c37 ba94 4a83 b5e8 898fcb98986eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b250287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47032d2dcc d6a7 4158 83e3 5d549e7d0b8e 15
桐島、部活やめるってよ

文章が瑞々しくシーンが目の前に広がるようなお話。高校時代の繊細な気持ちが呼び起こされるようでドキドキした。19歳の時の作品らしいが、その若さでの文章力に感心するし、19歳で書いたからこそ高校生の瑞々しさがよりはっきり描けたのかと思うと貴重な作品だなぁと思う。

9か月前

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869022c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholder50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 84
また、同じ夢を見ていた

穏やかな小説だった。幸せとは何かをずっと考えさせてくれた。今のわたしにはとても意味のある本だと思った。押し付けがましくない自己啓発本。

11か月前

94171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737aA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd15f11b3f1 cd69 48a0 9140 da14dccbc27e1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03Icon user placeholderIcon user placeholder 160
陸王

池井戸潤さんらしい正統派な感動作品でした。 経営者や銀行の考え方が学べる。ただ、そんなうまくいかないだろ、と思うこともあり…。 ま、娯楽の読書なんだからいいか、と割り切って読むととても面白い。

約1年前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c8f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8deeIcon user placeholder9160443d f74c 448a 9541 de36f8ebe2cb865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348eaE70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b 52
勇気は、一瞬 後悔は、一生

嫁さんが立派な人だということはよくわかった…

1年前

Icon user placeholder079c7d79 1d25 4e00 90da e447dfcf79e5