Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
C8cfd1ed a73b 4339 ab32 f6e86172cb6a

Ryo Shono

庄野 理王 (RYO Shono)

庄野 理王 (RYO Shono)

16

コメントした本

41536142m6l

躍動感を感じた作品だっと記憶している。

約1年前

Maman putain6 normal2acc6524 d62d 4ff6 84a9 cb05fafd2e085919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc61769b06 f8cd 43c0 ae54 8f0992742e38
51k7c77kzkl

村上春樹の長編の中で、最も好きな作品の一つです。 たまに、「世界の終わり」の景色が、ふと僕の心をとらえる時があります。 日曜の昼過ぎに、くたびれた小学校の校舎を眺める時など。 この作品には、心を奪われるような景色がたくさんありました。 小説の面白さを教えてくれた、僕にとって大事な作品の一つです。

2年前

50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f14cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44d45b14863 90fb 453b 8f57 885f0f4e0d353205770f b482 4162 b997 57e494e72904E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a0ada707e 6fcc 44b1 b9ea f3355d25921d39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0 38
2146wgsmtpl

「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」の青春三部作の続編としての作品。 年齢を重ねることへの村上春樹の考え方が現れていると思います。 何も知らなかった頃は、全ての作品に感動を覚えていた。 しかし歳を重ね、昔より多くを知っていくことで、良し悪しが分かるようになり、全ての作品には感動できなくなった。

2年前

A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c32c3f1ee d5ea 4e88 acd1 1801529ff4f05cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc106177b4 064f 48a4 bea7 c9c422302bfc45493ee9 d297 451c 8241 9e8220ac8878176f1864 fea8 4b74 a8ea 48712aeff5ca938d9f43 c51b 40b9 b2a0 15efdefa965b 15
41ytyb4xz5l

ファンタジーに引き込まれるのは「かえるくん、東京を救う」 作品として心に寄り添ってくれるのは「蜂蜜パイ」 好きな短編集です。

2年前

63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b780b7168 abfd 4ced 8404 a0c19227b0128f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faA27cd244 2720 433d af04 8206c50748d8 30
41fzb 44wol

隠喩。 常識を疑うことを考えさせられました。

2年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7794c1e3ad3 f2fe 4223 8b65 fd251e62c5be458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f978c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed 12
41eotg pitl

老人と少年の親密さ。 そこから伺える信頼関係。 生きるということを見せられた作品。 静かで美しい朝。 活気に溢れる夕暮れ。 汚れているようで、汚らしさが伺えない素敵な作品だと思いました。

2年前

B0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f687693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafec77f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f4458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bF0b408f0 d16a 41b6 b8ce 72248095783a5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 54
51fsexihvbl

不思議な話。 その不思議な話に引き込まれていく。 特に 「日々移動する腎臓のかたちをした石」がとても好きです。

2年前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Decb3530 dca2 4b25 8442 42032994de3c91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbA27cd244 2720 433d af04 8206c50748d8607e6d58 bc41 4d63 becd 44642399f126D6bcc074 cee6 4950 90a5 fba828377598E03e3e25 e7b1 4c04 a145 ddb0fa700e25 23
51mf8c0jtnl

綿を詰められたような閉塞感から、不快感と苛立ちがこみ上げてくると同時に、1人の男に惹かれていく。 最後のシーンでは、そっと心に穴を開けられ、優しく撫でられる。 好きな作品です。

2年前

#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fb42f00d9b8>Fef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b18c3358d c0c1 40ea 8d8c 9d1d9e008cf2F522697c 0551 451d 9a00 94c078bb44deEys9itgb normalB8d7b272 5021 4f47 9383 83b28672d0b9
51jv hdh1fl

ぼくは、魅力的な女性が出てくる作品が、好きなようです。 短編集の中の「氷の宮殿」という作品のサリーキャロルという女性。 非常に魅力的です。 内面に疑問を抱きながら、どこか大きく構えている。 町を出たくなる。 町にいると、肺で柑橘類を絞ったような、いてもたってもいられない気持ちにさせてくれる。 とても、好きな短編です!

2年前

5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fF28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740aD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba82837759875dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab153b0558b 33d5 4886 b47e 19cabba993511f505e31 d9c9 4b65 b77a 5d348b41ffe7
51mpnndx4hl

村上春樹が面白いと知った、最初の本でした。 特に「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」の作品が1番印象に残ってます。 「心揺さぶられるほどの出逢い」の表現がこれほど美しいのかと思いました。 読んでいて、心が優しく締め付けられるようでした。 大好きな作品の一つです。

2年前

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee15cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbcD9a85c76 22fc 49f4 9aa5 1c5eb0f063965919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc613d3a44 5293 4bef 86db c450c5aa150c 9
41ypy8dxc6l

「小説というものは、たとえば、広大な平原にぽつんと浮かぶ小さな集落から抜け出す少年、のようなものではないのでしょうか。 そこがどんなに居心地のいい場所であっても、見晴らしのいい、小高い丘に座って、遥か遠くの地平線のあたりを眺めていると、なんだか、からだの奥底から、つき動かされるような衝動にかられる。 それは、ここではないどこか、へ行きたいという衝動です。 やがて、少年は、その集落を、夜中に、ひとりこっそりと出てゆきます。そして新しい集落を、その広大な平原のどこかに作る〜」 大好きな部分です。

2年前

F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7795b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca97cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
51vxm7ahyil

無性にカフェに行きたくなりました。 祭り。爆発。 大型連休の前に、読み返したくなる本です。

2年前

412n5db19el

作品の中で主人公が思う 「人は同時刻に二つの場所にいることができる」 そのような見方が、何より印象的でした。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b4cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44d1a1c36e4 deeb 48ba bdb7 f9b670c2d04d07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b 49
51bx5fypc9l

綺麗なヴェールに包まれているような感じがして、心地良かった。 特に 「午後の最後の芝生」 が好きです。 夏の強い陽射しが生み出す曖昧さ。 涼し気な木蔭。床の軋み。 真夏の昼下がりに、懐かしい家を、ゆっくりと歩くような気分。

2年前

87aad2ed 3714 49bb a30a efd3df7dc857Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b7a870942 a833 46d3 992a b47a2de2945f53b0558b 33d5 4886 b47e 19cabba99351Aee2b7f4 2bac 4088 9ade ca4e5a9a778f0e2d469e dc4d 4bd3 aef8 2a52ce4471a3 15
51hoebf7ezl

閉塞感、脅迫概念、、 そこからくる衝動的なエネルギー 誰よりも速く走りたくなる。

2年前

36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae9437c007 975d 417c abab 9115cb6284143e5a861f ddb9 4a39 9299 7c48f216d222047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed153e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a 35
31blmwexfcl

衝撃的でした。 こんな風に世界を見ている人がいるのかと。 描かれるむき出しの生。 行き場のない熱量。 垣間見える静かな時間。 汚らしいけど、美しい。 そんな作品だったと思います。

2年前

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87aD3cc07da 0f68 4277 a71e 0a5dcd0f473024ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a2565432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af679437c007 975d 417c abab 9115cb628414 46