C8cfd1ed a73b 4339 ab32 f6e86172cb6a

Ryo Shono

庄野 理王 (RYO Shono)

庄野 理王 (RYO Shono)

16

コメントした本

日はまた昇る

躍動感を感じた作品だっと記憶している。

約3年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cMaman putain6 normalE5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc61769b06 f8cd 43c0 ae54 8f0992742e38
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻

村上春樹の長編の中で、最も好きな作品の一つです。 たまに、「世界の終わり」の景色が、ふと僕の心をとらえる時があります。 日曜の昼過ぎに、くたびれた小学校の校舎を眺める時など。 この作品には、心を奪われるような景色がたくさんありました。 小説の面白さを教えてくれた、僕にとって大事な作品の一つです。

約4年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a58d1fa04 ab2c 4414 9bcc af42154153e47262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dCe91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00bIcon user placeholder35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8 63
ダンス・ダンス・ダンス(上)

「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」の青春三部作の続編としての作品。 年齢を重ねることへの村上春樹の考え方が現れていると思います。 何も知らなかった頃は、全ての作品に感動を覚えていた。 しかし歳を重ね、昔より多くを知っていくことで、良し悪しが分かるようになり、全ての作品には感動できなくなった。

約4年前

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af386282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c5180dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cbFb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd84c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977aIcon user placeholderB421bab0 335c 4da6 aced be803fd931bf 28
神の子どもたちはみな踊る

ファンタジーに引き込まれるのは「かえるくん、東京を救う」 作品として心に寄り添ってくれるのは「蜂蜜パイ」 好きな短編集です。

約4年前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871320970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6F6a93b95 429b 4c6a 82ed d9457f42d2909bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 40
TVピープル

隠喩。 常識を疑うことを考えさせられました。

約4年前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e511a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c7Ef964df1 e8b3 4280 9c0d 88d5577e43ff84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 24
老人と海

老人と少年の親密さ。 そこから伺える信頼関係。 生きるということを見せられた作品。 静かで美しい朝。 活気に溢れる夕暮れ。 汚れているようで、汚らしさが伺えない素敵な作品だと思いました。

約4年前

1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c010aa096ac 0cd8 437d a8b4 d01c3d1049a92c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f798e985e 759d 4cc5 9229 d6ff9a99573390a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dE2ce1470 560e 42b3 b83d e94a8c92ddf4C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296 108
東京奇譚集

不思議な話。 その不思議な話に引き込まれていく。 特に 「日々移動する腎臓のかたちをした石」がとても好きです。

約4年前

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bIcon user placeholder4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977aA9316faa 8c6c 4f2e 8766 595ca5b148a3 40
愛と幻想のファシズム(上)

綿を詰められたような閉塞感から、不快感と苛立ちがこみ上げてくると同時に、1人の男に惹かれていく。 最後のシーンでは、そっと心に穴を開けられ、優しく撫でられる。 好きな作品です。

約4年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df740539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f939Fef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b18c3358d c0c1 40ea 8d8c 9d1d9e008cf2F522697c 0551 451d 9a00 94c078bb44de 10
フィツジェラルド短編集

ぼくは、魅力的な女性が出てくる作品が、好きなようです。 短編集の中の「氷の宮殿」という作品のサリーキャロルという女性。 非常に魅力的です。 内面に疑問を抱きながら、どこか大きく構えている。 町を出たくなる。 町にいると、肺で柑橘類を絞ったような、いてもたってもいられない気持ちにさせてくれる。 とても、好きな短編です!

約4年前

E33c5665 ee0f 46b7 9f5d e0a7408efad1Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e25ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fF28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740aD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba82837759875dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab153b0558b 33d5 4886 b47e 19cabba99351 9
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

村上春樹が面白いと知った、最初の本でした。 特に「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」の作品が1番印象に残ってます。 「心揺さぶられるほどの出逢い」の表現がこれほど美しいのかと思いました。 読んでいて、心が優しく締め付けられるようでした。 大好きな作品の一つです。

約4年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee15cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbc799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc 10
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

「小説というものは、たとえば、広大な平原にぽつんと浮かぶ小さな集落から抜け出す少年、のようなものではないのでしょうか。 そこがどんなに居心地のいい場所であっても、見晴らしのいい、小高い丘に座って、遥か遠くの地平線のあたりを眺めていると、なんだか、からだの奥底から、つき動かされるような衝動にかられる。 それは、ここではないどこか、へ行きたいという衝動です。 やがて、少年は、その集落を、夜中に、ひとりこっそりと出てゆきます。そして新しい集落を、その広大な平原のどこかに作る〜」 大好きな部分です。

約4年前

C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7795b3edbd4 ddf5 40b4 87b9 8a21a7958ca97cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
日はまた昇る

無性にカフェに行きたくなりました。 祭り。爆発。 大型連休の前に、読み返したくなる本です。

約4年前

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
グレート・ギャツビー

作品の中で主人公が思う 「人は同時刻に二つの場所にいることができる」 そのような見方が、何より印象的でした。

約4年前

F32c7241 9f05 4143 8ffd 1263c60db098387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fEbaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef961fb15a 42bb 470a 8e6f 7ddee362adf0Ffd4b3fc 8068 4b0d ab21 32b2aa1def4679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a72f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb 82
中国行きのスロウ・ボート

綺麗なヴェールに包まれているような感じがして、心地良かった。 特に 「午後の最後の芝生」 が好きです。 夏の強い陽射しが生み出す曖昧さ。 涼し気な木蔭。床の軋み。 真夏の昼下がりに、懐かしい家を、ゆっくりと歩くような気分。

約4年前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF9985f81 3e2e 48dc a968 93a6a4611690677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6770d1d8a aa3d 42e3 a14e 07ccee133eb8978b6559 0357 4f22 a9f8 108e8e53bcdfF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 26
新装版 コインロッカー・ベイビーズ

閉塞感、脅迫概念、、 そこからくる衝動的なエネルギー 誰よりも速く走りたくなる。

約4年前

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Icon user placeholderF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03724a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a305226c01 9ad2 4726 9ec5 d42f00fdc2d4Icon user placeholderDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02 60
新装版 限りなく透明に近いブルー

衝撃的でした。 こんな風に世界を見ている人がいるのかと。 描かれるむき出しの生。 行き場のない熱量。 垣間見える静かな時間。 汚らしいけど、美しい。 そんな作品だったと思います。

約4年前

90a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901dD08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b04f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b432fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f7e3a8640 79da 4cfd 9669 cb53f651085f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 75