015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっくり、じ…

頭でっかちにならないように、ゆっくり、じっくり、色々な本を読みたい所存です✏︎

75

コメントした本

51qogw3ejtl

あれもこれもぎゅっと詰め込みすぎて、心のゆとりがなくなってるのかも。 ふと肩の力を抜くと、見えてくることってたくさんあるよね。木を見て森を見ず。 そろそろ良い塩梅で歩いていきたいものです。

13日前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001E8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686053d7dd63 a90a 45f0 ab4a 36cc295cd17010164ba6 89c6 4970 8a83 7c13a5d6512c77e67b93 36b3 4087 8be5 2fcadae4ebfe4369fdaf 6980 41fe 935c ad86258838ad 8
41v1ka6acql

今の私のカサカサしていた気持ちをゆったりとほぐしてくれる言葉たち。何回も何回も読んで、自分の心に、日常に少しずつ染み込ませていけたらいいな。 どうか多くの頑張り屋さんに、届きますように。

19日前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb603fd63537 aafe 407d b81c ead7d8bbc1023a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1
51lyc2xfp4l

偶然の出会い、何気ない一言。人生の寄り道で見つけたほんのささいなきっかけが、彼女たちの悩みや迷いの殻を突き破る。 それぞれの独立記念日に、拍手と、心からのエールを。

21日前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a216cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cAe70d785 ede9 49e0 bc2a 1cfd9b86b394
419a915q1bl

狂わしいほどに好きになる。愛しい気持ちは一瞬でやってきて、気づいたらもう引き返せないところまで来ていて、うれしくて、かなしくて。 それぞれの、それぞれの愛情が溢れて止まらない、清々しいほどに。

5か月前

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b43e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b6dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791bEd96a8ea fdb4 460d 84c0 328e7091e1f8Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264B945a04e 2c48 4434 808c 3cf4718217e0 68
41vomuglacl

パントスープとネコ日和の続編。 主人公を取り巻く優しい空気感が大好き。 大切なものを失ったり、 お店の経営に悩んだりもするけれど、いつの時かぽんっと幸せが訪れる。 悩みや悲しみだって大切にしなきゃ。そう思わせてくれるお話。

10か月前

41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe26d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
41n%2bqrdyk8l

きれいの土台は、今日つくろう

12か月前

51pa367g3ml

遺伝子を超えた無償の愛 黒いもやもやはあるけれど、消えないけれど、救われるラストでよかった。

約1年前

Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8d1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e429c8591 da90 4e12 a454 e5c09940abbf9fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db68343E1476b8f 9ba6 4432 9d43 c6c46f11b1bf 93
41uvaxornzl

日々のさりげない喜びとか不安とか、そういうのも歳を重ねると違ってくるというか。そういうリアルな女性のすがたをゆるーくあたたかーく、そしてちょっぴり切なく描いた作品。とてもすき。

約1年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60E16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d65c983e56 89d8 4b92 b8e8 16f903fd123e265efb61 0af4 43e3 8a24 453b53c824a0
512y%2busvvzl

ずいぶん前のものですが……大好きな発酵食品を使ったレシピが沢山!美味しそうすぎて涙が出そう〜〜(笑) もう1つの特集「猫と暮らせば」も素敵。癒し。

1年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60C3142577 bd7a 4986 992f ddaaeeb0f978
51bvvchk0rl

わたしにとって初の伊坂作品でした。 作品に登場する人達は、あくどい仕事をしているはずなのに、全く憎めない。むしろコミカルでチャーミング。 彼らの繰り広げる物語ひとつひとつがリレーのようにつながっていき、最後に晴れやかなゴールを飾る。最高に面白い! 残り全部バケーションって、なんか心が軽くなる言葉だなぁ。

1年前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2143feb36e 53c9 4fa4 9eef eee45605f62b412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd01478682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c1b1a4d03 a13a 409b 84e9 12ff38b2fa4e454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90 43
510alsarxll

災害の多いこの国で、心の傷を負った人はたくさんいらっしゃると思います。簡単に頑張ろう!前を向こう!なんて言えないし、時間が解決してくれるものでもない。だけどこの本には明るい未来を信じてみたくなるエッセンスがあります。

14日前

310b2724 0e75 443a a831 f836e73d4631Ff5ad4ab 784c 48ad a80d 341802f65847
41kifzdtp0l

素敵な人。それはお洋服の着こなしとか佇まいとか、外側から溢れ出る魅力ももちろんだけど、内面の輝きもとっても大切。 こういう大人になりたくて、ついつい背伸びしちゃうけど、まずは今のわたしに似合うわたしらしさを身につけなくちゃ。

21日前

2e4da305 9c2b 4a70 90ce bf14b1cb085dE0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c86ae103ed 10b7 44a6 b4fa 117d402694bcE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e140fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528903a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f433a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51 8
516qcfv6gzl

強気で、生意気で我儘。だけど深い愛と弱さを併せ持つつぐみ。 一夏を全力で駆け抜けた彼女は、誰よりも美しく、愛おしく、もう戻ってはこない。

約1か月前

Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa7da10a6b 0cfb 4205 836b 3ff7493bd70bA5e3f0a7 97bb 458c a10e 3e21272a19566f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aaB1d7db5a e532 4b9c 964f 278bc182ff00 51
51c8srgc30l

自然の力と人間の愛が合わさると、とてつもないエネルギーになる。 自然に身を任せ、心を許して、正直にまっすぐ生きて行きたい

1年前

35540627 6853 4b39 b8cf 561b2074b9243fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a034ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6023c83934 71cd 4fd1 81fe e6722e4a55c0310b2724 0e75 443a a831 f836e73d46312a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832 40
41x y ts45l

もの悲しさと暖かさが交差する。 じっと耳をすませて、小さな幸せに寄り添いながら懸命に生きた小鳥の小父さんの物語。

11か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eBd689578 c4af 4e83 8076 163261ce665588630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c2b16e9a5 9244 4528 b235 387715e782ee1320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1E16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac 14
51c%2bdygci4l

この本を読んだことを機に、まだ25歳になるまで時間はあるけれど、日々の生活や人との関わり方を改めて考えました。 今日も丁寧に。 暮らしの基本に思えてたことが、実は出来ていなかったりするんですよね。ハッとさせられました。

約1年前

9ac8932c 8680 4ce3 81ac b2820f90912c5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7cA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c
41ynaf4nf5l

サチエ、ミドリ、マサコ この3人の距離感がちょうどいい加減。 シンプルな味にこそ真の愛情、おいしさがこもる。 かもめ食堂にはそんな料理が沢山あって、それが国境を越えてみんなの心を少しずつ繋いでいくんだなぁ。 所々にある挿絵も、よい味を出してます。

約2年前

A76bbdab e027 4f76 8943 5c88ade3e1d86477021d 857c 4384 a539 f3aeeea7d3b4B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca9ba6bc87 098d 46ee a043 8eb8a02117e623c83934 71cd 4fd1 81fe e6722e4a55c05da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c06c54741d 4c86 487b ac23 922437e47ab5 44
41 %2bzlsn1dl

ストーリーは全く違えど、大好きな映画「奇跡のシンフォニー」を思い出してしまった。 音楽って、始めたきっかけは何であれ、一度触れてしまうと愛せずにはいられない、不思議な魔力のようなものがある気がします、個人的に。 いい意味でも悪い意味……というと語弊がある気がしますが、マハさんらしい綺麗な物語。

1年前

41t43drdcll

人間にとって最高の贅沢は、人間関係における贅沢のことである。 ごもっともです。 再来月から砂漠へとむかう自分にとって、ビタミンになりうる作品。

1年前

Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264D1f1cd11 60f3 4787 8857 512cb8c713f1B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c86c8aa383 dbb0 4ac6 92fc a86337a6255cD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8d 80
614me9bcffl

ささやかな生活を、豊かに感じさせてしまう、憧れに変えてしまう、魔法のような物語。 季節の移り変わりを楽しむって素敵だし、それを共有できる人がいるっていいなぁ。幸せだなぁ。

1年前

Bbedf2f4 ec67 4762 ad69 ce7a7aa9780dAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264E3694df3 1876 489a ac2f 241db0ffe47b7dc5d1ea 3520 4fea 9f44 e0372bc6812f2dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a575956a23 3f86 4cb4 85f9 3c2b7c3e59ea 157