7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f

きなり.

こころがふくふくするような物語が読みたい…

こころがふくふくするような物語が読みたいな。

34

コメントした本

それからはスープのことばかり考えて暮らした

読み終えた瞬間、ポロポロと涙が出てきてしまった。 すごく恋がしたくなった。 最近観たどんなラブストーリーの映画より、この本を読んだあと恋がしたくなった。 ラストの時計の針の場面で、ときめきが止まらなくなった。 最初は、ほんわかしてて和むお話だなぁなんて思いながら読んでいたけれど、終盤からもうキュンキュンしっぱなし。 この本を読んで、泣くのも恋がしたくなるのも 、もしかしたらわたしだけなのかなぁ。 サンドイッチ、ポップコーン、ラーメン、そして スープ。 出てくる食べものが、どれもほんとにおいしそう。 フードスタイリストさんは飯島奈美さんで、監督は荻上直子さんで映画化したら、ぴったりなんだろうなぁって思ったりしたよ。 主題歌は、作者の吉田さんがこの小説のテーマ曲だと言っている、空気公団 の「音階小夜曲」がいいな。 ああ、妄想が捗る!

27日前

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae78f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8822fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb4c01a98a 719b 427c af99 0160dd998c683e04704e 43e7 4e6c ba92 2711cef8f318Icon user placeholder 60
PK

3つの短編からなる作品。 でも、その3つのお話は繋がっていて、実は長編なのでした。 その3つのお話の繋がりが、わかりそうでわからなくてモヤモヤしたんだけど、解説を読んでやっと納得。 読後感がふわっとしてて、わたしにはちょっと難しかった~~。 「勇気は伝染する」という言葉が素敵。 少しの勇気を持って行動することが誰かを勇気づけて、そしてその誰かが、また他の誰かを勇気づける。 ちょっとした些細なできごとで世の中は変えられるのかもしれないと感じさせられたよ。 勇気を出せば みんなヒーローになれるってこと。 わたしも誰かのヒーローになれてたらいいなぁ。

27日前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa965757b6 50e2 418e 8b33 a8e9f7b5aff5Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709333d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 42
現実入門

読みながら何度か、ふははって声に出して笑ってしまった。 もう、ほむらさん!あなたって人は、ほんともう! どの体験も、おもしろエピソードだらけで笑えます。 そして、いちばん最後の章でまさかの展開になって、さらに最後の最後に大きなドッキリがあり、びっくりした~! ひとつひとつの体験は、もしかしたら ほむらさんの妄想で、フィクションなんじゃないの??って思ったり。 楽しい作品だよ。すごく笑えるよ。にやにやしちゃうよ。 ほむらさんワールドに迷い込んでしまいました。

27日前

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc8aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de
食べ物連載 くいいじ

わたしもくいいじが刺激されちゃった!

27日前

Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e01a58a418 9404 4011 85da d661916a181f91cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbF305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db
ランチのアッコちゃん

次はどんなごはんが出てくるんだろう、どんな出会いがあるんだろう、とわくわくしながら読み進めました。 こういう、お料理が出てくる作品は、食いしん坊なわたしにはたまらない~。笑 落ち込むときに、おいしいごはんが気持ちを少し明るくしてくれることってある。 アッコさんの東京ポトフ、わたしも食べてみたいなぁ。 でもね、おいしそうというだけのお話じゃなくて、アッコさんがとってもかっこいい。 物事の見方しだいで、人って前向きになれたり視野が広がるんだよということを教えてもらいました。

27日前

256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c46321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03212a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dIcon user placeholderB188422e 4194 4408 a813 f6cbf0ed5084B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584 65
けちゃっぷ

物語全編、ブログにアップされた口語の文章で書かれているのが、おもしろい設定だった。 意味はないよ 希望もないよ 恐怖もないよ 空っぽだよ みたいな、彼女が感じてる感触は、なんとなくわかる気もする。なんとなく 。 まともっていうのは誰基準かわからないものだ。 登場人物みんな、まともじゃないように見えて、でもこういう人たちっているのかもしれないなと思ったら、彼ら案外リアルだなぁって思ったり。 そもそもわたしだって、世の中の誰かからは、まともじゃないように思われてるだろうし、、 だから、みんなリアルなんだ。 世の中は、へんてこりんの集まり。 へんてこりんながらも、誰基準かわからないまともを、どうにかこうにかキープして生きてるっていうことか、、

27日前

和菓子のアン

心があたたかーくなるお話だった。 和のお菓子にはひとつひとつ背景があって、名前には言葉遊びも絡んでいるんだね。 「おいしそうだな」「きれいだな」の他にも、和菓子の見方はあるんだなぁ。 今度和菓子屋さん行ったら、 「このお菓子にはどんな背景があるのかなぁ」って、しげしげと眺めてしまいそうだ。くふふ。

27日前

Icon user placeholder6321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03211150a2aa ed78 4c13 afc1 9dd85572e01fIcon user placeholder375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a05772d796 3338 4161 8824 95bd0c393c93Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e1 67
ドミノ倒し

犯人だれ~?って全然わからないまま進んで、最後にわかった時はびっくりしすぎた! 「えーっ!」って声に出して言ってしまった。笑 怖い、怖い、怖い。怖くて住めないあんな街!

27日前

8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544219e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
爪と目

おーもーしろかったー!やばい、やばい、やばい!一気読み。満足! 登場人物それぞれの情けなさに苦笑しつつ、途中から《あなた》の行動のエスカレートっぷりがもう。 そして、そこからのラストが怖すぎる! SNSで素敵な生活をアップすることに毎日を捧げている奥さまたちと、それに憧れて真似したいという奥さまたち。必死さが滑稽でおもしろい。 そして、3歳の子の、ピュアさゆえの怖さ!怖いなぁ、、怖い 。おもしろい。 読み終えて表紙を見たら、、怖さ倍増。目!目!

27日前

Bd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c8717524bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb72d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eE43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad6cf3714c 88b8 40a5 aa62 302a2b27f5e848b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988 8
晴天の迷いクジラ

3人の登場人物それぞれが、息苦しい家庭のなかで 生きていて、読んでいてこころが重くなった。 最後に出てくるクジラが3人に重なって、3人をぎゅーっと抱きしめたい気持ちになって、ぽろぽろと泣いてしまったよ。 この作者さんの作品、ぜひともまた読みたいな。

27日前

Icon user placeholderIcon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada26794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a36ffdc386 e16c 4429 a887 401b423b5e6dCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 13
つるかめ助産院

読んでいると、南の島の光景がとてもイメージできて、島の空気を感じられた。 料理や食事の場面も多く、その香りまで伝わってくるような描写がすごく好き。 人を産み育てることの喜びと悲しみ。 生きること、死ぬこと。 生まれること、産むこと。 出会うこと、別れること。 そして食べること。 小川糸さんの作品はどれも、人が生きていくことはすべて厳かで神聖なことなんだと思わせてくれる。 そう感じた瞬間、なんだか涙がでそうになる。 大げさでもなんでもなく、今生きていることがありがたくて、わたしを生かしてくれている人たち、ものごと、すべてにありがとうっていう気持ちになるのです。

27日前

80760730 893a 46f7 96b3 ffb0a5e7d7e818943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a8Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f2719639e 062c 44a3 ba49 11e9ac777a49
娚の一生(1)

もう、もう、もう!こういう恋愛、ほんと素敵! 映画「娚の一生」の原作漫画。 榮倉奈々さんと豊川悦司さん主演のこの映画にどハマりしたので、原作を読んでみたら、もうキュンキュンしっぱなし〜! 甘えさせてくれて、やたらかわいがってくれて、一生懸命守ってくれるっていう、こんな男性との恋愛って最高♡♡♡

27日前

わたくし率 イン 歯ー、または世界

「わたし」と「私」と「奥歯」と「恋愛」についての物語。 体という、見える部分の「わたし」と 自分の本質である「私」 そのふたつが ぐちゃぐちゃに混ざり合ったものが「わたくし」 そして、その「私」は、脳ではなく奥歯にある、という発想のおもしろさ。 中盤まで先が見えなくてわくわくしつつ、そこから 意外な方向へ話が向かっていってからの、関西弁でまくしたてる後半のスピード感がだいすき! 着地点は川上さんらしさがあって、少々ダメージを受けました、、 川上さんの文章って、癖がありすぎるんだけど、スッと入ってくるのは、たぶん関西弁だからだと思う。 会話部分だけじゃなくて全部関西弁だから、関西人には読みやすいんだろうな。

27日前

755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d542caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d06f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fE765d9b7 e2e4 458e aee7 996c28e32e4035b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 11
妄想ニホン料理

こりゃおもしろい! 料理の世界は、自由で楽しさにあふれてる! わたしも妄想料理を作りたくなっちゃった!

27日前

四十九日のレシピ

あったかーい。映画も良かったけれど原作も素敵! 死、親子関係、夫婦関係、介護などなど、盛りだくさんなテーマがファンタジーでまとめられているよ。 もういちど映画が観たくなりました。 永作博美さん、長塚京三さん、二階堂ふみさん、岡田将生さんというキャストが、原作のイメージにみんなぴったりで、原作同様ほんと素敵な映画なのです。

27日前

4ac310d5 6dc3 4b30 9a47 9afdf3f59e54C28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e51659
ヘヴン

読んだあと、ぐったりして腑抜けてしまった。 衝撃の大きさを頭のなかでまとめようとしたけど、まとまらなかった、、 とっても疲れたけど、でも読んでおいて良かったと思える作品。 いじめの現実に疎い人には読んでもらいたいと思う。 どうにもならないことは、当たり前にある。 その当たり前を、どうするか、どうしたいか、そのままでいいか、などは結局自分で考えるしかないんだ。

27日前

C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a137e1a38 296f 49f1 a94c c18c5afca2b4384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d589bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cIcon user placeholder 43
古道具 中野商店

中野商店を真ん中にして、人のぬくもりや、人との距離の取り方の難しさが描かれていて、 「だからわたしも人が好き」 「だから恋っていいものだよね」なんて思いました。 良いも悪いも含めて、体温が感じられる関係って、すごくリアルで素敵なものだと思うのです。

27日前

Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449Dcc41de7 3e4a 4a0f 817b a3985c6bb3f3
ロコモーション

誰しも外見のイメージと中身のギャップって、あったりするよね。 後半からラストに向けて、女性の人生が悲しい方に転がり続けていって、とっても痛苦しかった 。 でも、先が気になって読み進めずにはいられなかった。 女っていう生き物は、まあまあつらいよ、ほんと。

27日前

ファミリーツリー

こころが、とってもじんわりこ。なんてあったかいお話なんだ。 読み終わると、おばあちゃんに会いに行きたくなった。 しばらく会ってなくて、「会いにいくのはそのうちでいいや」とか思って過ごしてたけど、今すぐにでも会いたいきもちになったよ。 そして、おばあちゃんを想うと泣きそうになった。 おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて、だからわたしの両親がいて、ふたりが愛しあったから、わたしがいて。 そんな、当たり前だけど当たり前じゃない、奇跡みたいなものを感じてドキドキした。 そして、土地に根付いてるものや季節を大事にすること。 わたしのいまの生活では、それってなかなか難しいことだけど、でもそういうのを大事にしようという気持ちを持っていたいな。 ファミリーツリーのいちばん下っ側にいるわたしから、新しい命がまた続いてゆくんだなぁ。 とってもすてきな奇跡。

27日前

木暮荘物語

木暮荘の住人たちは、少し奇妙でへなちょこなんだけど、みんな愛おしい人ばかりだった。 わたし自身実際、自分ちのご近所さんのこと、どんな人が住んでいるのかを知らなかったり、顔見知りの人でも、どんな生活をしているのか知らなかったりする。 木暮荘の住人たちみたいに、わたしのご近所さんたちにも、みんなひとりひとりいろんなエピソードがあるんだろうなって、そう考えるとなんだかあったかい気持ちになりました。

27日前

Icon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beB810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb07352011c3 98b0 4c66 b08f b17d2d3f8d1316e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f 53