9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4

tasan-d

幅広く色々な本を読みます

幅広く色々な本を読みます。推理ものが多い傾向です。

20

コメントした本

多動力

よし、頑張ろうと思った!

7日前

Icon user placeholder09bf80bf 02e1 4ffd a21c dbee19610d32Icon user placeholder298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adbaIcon user placeholderIcon user placeholder44ac639a d107 4832 9c94 e1ed88cd106a 115
最後の医者は雨上がりの空に君を願う(下)

最後はこう繋がるのか〜と感心しました。面白かったです。

15日前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad443cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca032cbba6e1 aef8 479a a60b fd1a00f928e8Caaa5622 9306 4d5c b511 abed3d2d5d079dc675d5 33dd 4c8d 8964 bde61db517c2Icon user placeholder57a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506e 9
はたらく細胞(1)

なんでも題材となる漫画の世界ってすごかー

21日前

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209f3bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e946da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed66603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 31
燃える闘魂

燃える闘魂!この一言に限る!

2か月前

少女ファイト(14)

日本橋ヨヲコの本は全て熱くさせるものがある。

2か月前

7f66b70e 1248 486c b0c1 d86680c59eb217866122 1e13 40d4 8c88 9ed3a4af9764
ライアー

読むほどにのめり込んでいく大沢ストーリー。誰を信じていけばいいのか、誰が嘘をついているのか。いい本でした。

3か月前

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc883650438 762a 4649 96b3 e5cbcfc816ab13221468 0bd1 463a 8b9d de9ef5877c44
陰陽師

安倍晴明と源博雅朝に2人のやりとりが心地よい。情景の描写も趣深い。読みやすくあっという間に終わってしまう。確かに続きが読みたくなる1冊です。

3か月前

86de3dca fb76 48d9 9d56 8d0ef66f9d577bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c052bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacF6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a35278b44 cbce 4679 a22e 94a999461af1C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4 16
かがみの孤城

子供が主人公となる本人は何か引き込まれる要素があるのだろうか。誰もが感じる疎外感、劣等感、それでも強く生きること、友情などいい本でした。

3か月前

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4375f9c18 092f 4183 bd10 d4ea6949233dIcon user placeholder3e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfbIcon user placeholder5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbF3ea477e 6521 496e a157 0235bda972c6 336
屍人荘の殺人

読み進めるとしっかりとしたミステリーでした。

3か月前

24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61Icon user placeholderE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a213f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b 71
烏は主を選ばない

雪哉の天性の才と若君のキャラクターが素晴らしい。どんどん内容に引き込まれて行きました。

3か月前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869021dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder8e5718b0 ff78 491a 9941 7d8ef6e9a5e41b3970bf 22d0 4957 b46a 555b07949de542e96d13 b450 44ac a7b0 2de6a7d15bb8Icon user placeholder 24
最後の医者は桜を見上げて君を想う

気づいたら読み終わってました。医療って難しいね!

15日前

9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b124a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Icon user placeholder183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28fD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9F9f7780e 014f 4422 bcd2 66688f6fdb65 48
国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源

初めは難しい内容かなと思うが、読み進めるとどの時代においても自己の利益を優先する独裁政治は衰退して行くようだ。下巻も楽しみだ。

21日前

過ぎ去りし王国の城

想像を超えて行く宮部みゆきワールド!どんどん内容に引き込まれていきます。

約1か月前

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eIcon user placeholder3907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cA3ee524c 8c2a 43ec ac8e 647418b20896Lbb1pwey normal382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd8 21
生き方―人間として一番大切なこと

日々考えていこうと思った。

2か月前

Icon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c54746420a1c09f 9647 4519 bdea 034d8748d402Icon user placeholderE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75Icon user placeholder 43
さざなみのよる

暖かくなる家族の物語。 誰もが他人のことを思いやるようないい話でした。

2か月前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdFfe48b43 89c7 4b3f 9fb3 0c011bb5d003Cf23d62a c608 4728 8f77 b18421fe1877Icon user placeholderIcon user placeholderA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a 17
プラネテス全4巻 完結セット

一度は読むべきいい本です。

3か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder93368365 dfb0 4571 b4d9 5f67cf5886619a60742e 2889 4e4f bb53 1c66cedf11c0Debb5527 295d 477d aad4 4dba815f7355514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a602c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86 25
忘れられた巨人

忘却の霧。憎しみ、憎悪を忘れることでできたら温和な生活を送れるのか。それが幸せな人生なのか。なかなかに奥深いですね。

3か月前

39066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec1Icon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f018943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a811afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Icon user placeholderEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f 26
日の名残り

カズオイシグロの作品として最初に読んだ本でした。読み始めてどのような話か最初はわかりませんでしたが、謙虚な執事、使用人の会話の内容、また今と違う時代の流れを感じました。ゆったりとした。心落ち着く内容でした。

3か月前

6cf19296 f211 42b0 aec8 6cf1037b45bd73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bC7c6a9b2 e4aa 447c 9b5b dd3f934976854e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f8862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c113b404e6c 5830 4900 86a0 a93280c6d688Icon user placeholder 91
手術とからだ―神様は天の邪鬼

手術の侵襲とは何か、なぜ体は本来あるべき反応と違う反応を示すのか。ぜひ読んでみてください。

3か月前

9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a5Cea4141d f598 4c7a 8a84 984122d28a45
トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

尾張の田舎企業より始まるトヨトミ自動車の話。トヨトミの自動車を世界一の企業へと発展させた社長 武田剛平の臨場感あふれる内容に気持ちが熱くなりました。いい本でした。

3か月前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Picture6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36A69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2D9a68684 dd9c 42f4 a1b1 5c2c5db501319a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55 8