733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac

Unagi.

お酒と音楽と本と

お酒と音楽と本と。月何度かの本屋パトロール。 本との運命は初めの一節で決めています。

163

コメントした本

火星に住むつもりかい?

正義とは?中盤すぎまですごく嫌な気分で、何度も読むのをやめようと思いました。人の黒い部分の描写が生々しくて。もともと伊坂さんの作品に触れてこなかったから、あぁ自分には合わない作家さんなのかもと思ったのに終盤に連れて嫌悪感さえも意図的だと気付かされました。タイトルにも納得。ぼくりりの解説がよかった。

9か月前

Dd8824bb e1f0 49b0 a966 74042e94dd8463b3dde0 ef38 44a7 9c82 cd2278ef13d5B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da394914b67 7a67 47c2 a342 8f4efab80dedC930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d99b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 156
十二人の死にたい子どもたち

13人目の子供は誰なのか。気になって一気に読了。 子供たちがなぜ死を選ぶのか、13人目の真相を 辿りながら12人全員の人生に触れたことで、 最終章での安心感はすごかった。

9か月前

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8Icon user placeholder80480504 cf6a 4d47 a27b 215bd082ac13Icon user placeholder78331329 dcd5 4624 a961 5f47b84f6b9d 51
人魚の眠る家

友人にススメられて読んだ1冊。 生きているということはどういうことなのか 考えさせられました。 中盤までは娘への執着が強い母親の印象だったけれど、終盤につれて心がほぐれて、エピローグでとても温かい気持ちになりました。

9か月前

B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27dE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779D069fd5e 2342 4e94 b499 6b5a66e6b30aEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Ff9eaf87 0c27 4ea8 bd17 a864631b9ebd33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316 90
噂

帯の通り!最後の一行に衝撃を受けました。

11か月前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcbC7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb1B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8eE00025f0 10d5 4a8e 8971 3e4c4b15c647Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72 54
宇宙一美しい奇跡の数式

最近の一冊。 「 世界一美しい奇跡の数式 0=∞=1 」 . 世界一美しい数式ってオイラーの等式じゃないっけ?? と知識だけはあるから気になって買った一冊。 悟りとは何か、固定概念を捨てた向こうに見えるものを科学的に教えてくれる本でした。難しい..... . 私たちが見ている物はヒカリであって、そこにある物は本当は存在しないかもしれない。あなた自身とは何か極限まで突き詰めると、遺伝子、原子、素粒子... たどり着くのは宇宙の向こう側らしい.... 面白かったけどとてつもなく難しかった...

約1年前

影法師

最後に分かるタイトルの意味。 涙もろい私でなくても泣けると思います。

9か月前

Dd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24cIcon user placeholderIcon user placeholder0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527Dec339de 41bc 4cd3 9fd3 0d8fe097c7335e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 40
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

甘いタイトルに反して内容は全然甘くない。 手出しからバットエンドを想像させるけど それでも読み進めたくなる。

9か月前

Icon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a637e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf18feeacd0 5ab2 42b9 9cc8 465ad1817ca2112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2 154
死なせない屋

「死亡フラグがたちました」の伝説の殺し屋が出てきたり、七尾さんファンにはたまらない一冊でした。

11か月前

愚者のスプーンは曲がる

一気に読みきりました。 主人公の超能力のせいで、読んでいる私たちも1度も超能力の見ることはない不思議な感覚の超能力ミステリー。二作目期待しちゃいます!

12か月前

763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e43f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b71f5dcbb ee54 4b2a 8e89 07db9848f21dIcon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7 32
失踪トロピカル

読み終わってからご飯が喉を通りませんでした。 七尾さんらしい入り組んだ書き方に、 七尾さんらしい描写。 えぐいなぁ(笑)

約1年前

Da825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743c5840061e e30d 4972 9035 47bc120185df