E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44

Hiroko Negishi

目標は月に10冊

目標は月に10冊

220

コメントした本

桶川ストーカー殺人事件―遺言

メディアも警察も信じられない、今後こういった事件の報道を見るときにはなにを真実と思えばよいのか、、、

1年前

Icon user placeholder32f030ed b0b2 4b31 8ee3 ac565fc6c71c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e00b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d7A42d469a cefa 4a61 9703 1677e55bbafc72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f2326 15
死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録

死刑になりたくて無関係の人たちを殺傷した人間のルポ。 「死刑囚は描く」という企画展を見て以来、死刑制度や死刑囚について興味があり、軽い気持ちで土曜の朝に読み始めたら、最後までページをめくる手がとまりませんでした。 死刑の是非、尊厳死について、自殺についてなど、いろいろ思うところはあったけれど、なにより「死にたい」から「死刑になりたい」に変わっていく過程があまりにもどこにでもありそうなエピソードの積み重ねだったことが恐怖でした。日常の生活の先に、犯罪被害者にも加害者にもなる可能性がひそんでます、ほんとに。 犯人が同い年なので、事件の背景ともされる将来の希望が見出せないことへの閉塞感とかすごくよくわかるし、「死にたくない」という願望の希薄さ(「死にたい」とは違う、生きていても仕方ないという諦めに近い感じ)は、正直自分も感じます。でも、自殺やましてや殺人なんて考えたこともないけれど、それって話を聞いてくれる人がまわりにいるとか、趣味があるとか、経済的に困っていないとか、そんなことのおかげなのかな、と。逆にそのバランスの一端が崩れることがこわくなりました。 個人的に好きな著書、永井均さんの「子どものための哲学対話」に犯人が影響を受けていたことも、印象的なエピソードでした。 土曜日の朝に読む本ではなかったな、、

1年前

悦ちゃん

獅子文六の復刻版シリーズのなかで、表紙のイメージで唯一ちょっと嫌煙していた作品。読んでよかった、えっちゃんの自由奔放さが猫みたいでかわいかった。 表紙、装丁で手にとるタイミング逃してる本ってたくさんあるんだろーなー

約2年前

F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21060023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f5032a470 5f6a 4cbb 9614 badf3c839a2dB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!

訳知り顔で自分の好きなものをおちょくられたりするのってなんだかすごく嫌な気分、、、 自分も気をつけよ、、

約2年前

仕事文脈 vol.7

本との土曜日で見つけ、最初のコラムが植本一子さんだったので、即購入。 子供部屋からの出勤という企画がとてもおもしろかったなー。 あと、契約を打ち切られてからも仕事を丁寧に取り組んでいた方の仕事はリレー、という考え方がすごく好きです。20代の真ん中くらいに、間違いなくお金以外の何かのために働いていたことを、ふと思い出しました。

約2年前

檸檬

急に読みたくなったので、会社の近くの書店で購入。 100年も前から人々は、えたいの知れない不吉なかたまりと戦っていたのだ。 檸檬にかわる何かを、丸善ではなく会社に置く空想をして胸がすく思い。

約2年前

A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5F4655348 25e8 42d7 90b2 dcab5b0027cd4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b7ed5fd55 eee0 4140 aff3 64082fc93fc8Icon user placeholder 94
atプラス28

岸政彦さんの断片的なものの社会学がとてもおもしろかったので、読んでみました。知識として日本の貧困化については知っていたけど、本を読んで昔から根深い差別や地域の差などを実感。

約3年前

裁かれた命 死刑囚から届いた手紙

戦後の混沌とした時代に、正しい判決をされず(少なくとも私は正しい判決ではないと思う)に死刑となった青年が獄中から送った手紙をめぐるルポ。 読み終わって半日たっても気持ちの整理がつかず、、長谷川死刑囚が死刑の直前に弁護士にあてた手紙は一生忘れられなさそうです。

1年前

53e3c9ac 366d 47b0 b271 85ed0a515d377ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f3
一汁一菜でよいという提案

食事はごはんとお味噌汁があればよい、といういさぎよい提案。禅の吾唯足知という教えに近いのかな。たしかに、おかずをたくさん作っても、けっきょくごはんとお味噌汁と納豆だけでおなかがいっぱいになっちゃうこと、多いからなぁ、、、 内容はとってもおもしろかったんだけど、要所要所に日本人の感性では〜とか、日本の文化は〜というナショナリズムを感じるところがあって、それだけが残念でした。

約2年前

5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7bIcon user placeholder6cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5defE16ce4a9 9d8b 4d79 aac9 628a4699be44D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da6045cc4c863 6d4a 4e8c 8fd1 236841283cd6 85
アニバーサリー

世の中にはなぜこんなにも母と子、家族を描く小説がこんなにも多いのか、、、

約2年前

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c248708bc3 1e98 477b 8adc 2bafeb3441adB607c7e0 4b2f 4639 ae24 9b6f02fb4e59807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41
ゼロから始める都市型狩猟採集生活

坂口恭平の初期の書籍を久しぶりに読んだ。 常識を疑うことと、想像力の大切さ。 女性では、なかなか都市型狩猟採集生活をおくるのはむずかしいんじゃないかなーとおもったけど、それも常識をうたがって想像力を働かせればやぶられるのかな? 代々木公園の禅僧は会いに行ってみたい!

約2年前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55
ガールフレンド

しまおまほの祖父・島尾敏雄の本を読んでいる最中、本屋で見かけたので購入。 3連休の最終日の朝にぴったりの、ノスタルジーなエッセイでした。 SPBSで購入した時、シャレた店員さんにポイントカードをわたしたら、「あと1ポイントですね!」とイケメンスマイルをもらえたのでうれしかった。

約2年前

困難な結婚

個人的には新しいと思える答えはなかったかも。 期待しない、他人がどう思うかではなく自分がどう思うか、というようなありきたと思える回答が多かったように思います。 いま興味があるのは夫婦別姓と事実婚を社会(小さいコミュニティでいえば会社)がどう認知し対応していくのかということ。 これを読んで結婚したい(籍を入れたい)と思うにいたることはわたしはなかったです。

約2年前

81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5773407c56 3813 4526 b291 8dfe5d486fadIcon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e12e479b06 18f7 476c 9786 0c83b8d1c477 12
物欲なき世界

この本が発売されて1年半。 当時以上にもの消費よりもこと消費が求められる時代になったように感じる。 最終章の自分は何を欲しているのか、という問いについて考えてみると、知識や情報、他からの承認などやはりものとは言えないようにも感じるけど、それを得るための手段として、時間をつくるためのファストフードだったり、高価な洋服だったり、行動としてはもの消費とつながっているようにも思う。 経済を日常におとして考えるのに最適な本。 3年後に読んだらまた状況が変わっていておもしろそー

約3年前

2bf87866 cf1e 4cd1 aa00 e52552d5734d75801eab ed09 42c7 bb87 14aaac2af77dIcon user placeholder9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 35
かなわない

読了。脱力。すごい本を読んだ、、末井昭さんの自殺を読んだ時と同じ、読了後の心地よい疲労感、、

3年前

6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e84de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f442f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b520bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b85460c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholder 72