30157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02

Koichi Higashi

ITエンジニア 小説だとジョン・アーヴィ…

ITエンジニア 小説だとジョン・アーヴィング、ジェフリー・アーチャーがすき 興味のあるジャンルは働き方、生き方について。

20

コメントした本

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

デザイン思考を理解するにはうってつけの本

約3年前

6ae11522 e533 42d8 ac00 aa4d14f38ef858f25349 c1a7 48f5 9a17 624b445abf4a8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de90620099 d25f 4e43 b3c1 c739c1fe871685b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b4066852c d046 4e07 ae0a 8af4698cd70d2d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff 11
失敗の本質―日本軍の組織論的研究

戦争という非日常の場において炙り出された日本人の特性を鋭く分析した本。 いま大企業で取りざたされる問題も見え隠れする。

約3年前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda4092657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eE7b0eadc a3ba 435f 8ece 701f83129e33Icon user placeholderAca6c246 ff3f 450c a67f 3feeb7fa5cabDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6 27
小さなチーム、大きな仕事: 37シグナルズ成功の法則

規模を追い求めることが本当に必要?この仕事は本当に必要? そう思ったときに読むと参考になる本。タイトルの通り小さなチームで大きなことを成し遂げる秘訣が散りばめられている。

約3年前

1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5C4cf15ad cbc0 413d 94bc d34e9ff51ce96ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd73e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb040952a4 ee22 4a1c 9b66 f47234e30d5441c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 20
男の貌―私の出会った経営者たち

著者は経済小説で有名だが、その著者が出会ってきた多くの経営者の中で、特に印象的だった人たちを紹介した本。 経営者の資質として、勁さと優しさというキーワードが随所に出てくる。 ちなみに、ワタミの社長もでてくる。。

約3年前

日本の風俗嬢

風俗はもはや職業選択における対象の一つとなっている。しかし、その背景には女性の働き辛さや社会構造の歪みが隠れている。 読み物としてもオススメ。

約3年前

E10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb895ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd51c3ec5e 8d39 4221 a38c 10fad82f7c45
デザイン思考の道具箱: イノベーションを生む会社のつくり方

手法にこだわりがちなエンジニアはぜひ読んだ方が良い本。 課題はどこにあるのか?を現場で見出し、イノベーションを起こしていくプロセスがわかりやすく語られている。

約3年前

7e6c5c4e a6b5 4c0d b172 ea82fe086ecdA3d7de62 1f56 4e70 bedf a95467b5d3af85c6be37 dbbb 4c9e b644 193fb010fe092c8ea386 337c 4a85 911b f031267a8f0a
きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記

戦後70年目の夏ということで。 昔の大学生たちがいかに悩み苦しみながら命を賭したかが生々しく感じられる。

約3年前

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉

アーヴィングの作品では最も好き

約3年前

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3112c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee07C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf227443808 43ee 456c 9f78 08885dbadd85 10
村田エフェンディ滞土録

梨木香歩の作品は一時ハマっていて、その中でもこれが一番好き。

約3年前

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f57e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37D9c98ba1 8646 4df2 aad2 872f69030f5bFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0026ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffc8f8c2d45 5f81 4ed6 95f6 083035159d54 18
張り込み姫―君たちに明日はない〈3〉

仕事とは?働くとは?を考えさせられる。

約3年前

ゲド戦記 全6冊セット

一番好きなファンタジー 影との戦いででてくる、本当の敵は自分というのは印象的なメッセージ。 人の弱さ、儚さも描かれた哲学性のあるところが好き。 ジブリの映画はイマイチだったけど指輪物語みたいにいつか全部実写化してほしい。。

約3年前

D4276902 fb84 4e56 b283 6ef88369dee5C017f974 2539 4a01 a5e5 77ca477904ca
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

生産管理についての本だが、読み物としても面白い 思考プロセスについては普段の仕事についても参考になるかもしれない

約3年前

E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c8Bc5f728c 3123 480b a670 ba99fe2a8137896fb74f 1d6f 4c44 abbf c3eec3542171022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8Ba9e4021 9b63 488b b699 b09ac343f90092657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e 25
二つの祖国 第1巻

戦時中の日系2世がたどる悲劇と苦悩の話。 山崎豊子の小説はどれも、正義が勝つという単純な図式ではない人間臭さが好き。 その中でもこの作品のラストは最もやり切れなさが残った。

約3年前

Icon user placeholderB1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121
夏のロケット

学生の頃からたまに何度も読み返している本。 NASAのエンジニアによる自伝的な小説「ロケットボーイズ」を思い起こさせる、青春小説。

約3年前

男の作法

男が男として生きていくだけでなく、人間として身につけておいた方が良い所作に溢れた本。

約3年前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8666e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aaC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cDe2e81c7 68c5 4919 bef3 754d37ad8b0c87327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 33
ザ・ファシリテーター

ファシリテーションについて小説という形をとってわかりやすく語った本。 企業で活躍するファシリテーターのあり方、ファシリタティブなリーダーとは何かが掴めると思います。

約3年前

92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a755a20e99d e9ce 46ec b737 1a6afce281b2B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c6329323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb400fdfd9ca f824 4300 857c aef332f4dc82 9