4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f

chat0604

ミステリーが大好きです

ミステリーが大好きです。本の専用部屋を持つのが夢。

48

コメントした本

もものかんづめ

先生を偲んでエッセイを全部読み直し。 しんみり読まれるのは絶対望まれてないと思うので、今回も遠慮なく笑いました。 というか、とてもしんみり読める本ではないです。本当に面白い。先生自身も表現も面白いけど、物事や出来事の受け取り方がいい。 さくらももこの神髄はやっぱりエッセイだなぁ。 まだ悲しさは残るけれど、先生に心からの感謝と敬意を。

6か月前

0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b711b38acfd 687f 4fdc bca0 813ca0dde30a8fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc156e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c0 76
屍人荘の殺人

面白かった!読み終わってわかる、皆さんのコメントの意味。話の展開が予想外で「え?ミステリーじゃないの?」と驚きましたが、読み進めるうちに「そういう事か〜!」と感嘆。この設定の組み合わせはすごい。伏線も見事に回収。ミステリーとしても、物語としても素晴らしい一冊でした。

6か月前

C7540407 f1b1 4d80 9296 6420952a4a508d955363 5292 45e6 a47d af2e16c4453543cd2301 73ee 4a45 9956 1991e442db25C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6E8f6f990 2154 4f99 807c 6f9938ae82114ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8 114
パズル・パレス 下

すっごい面白かった…。ダン・ブラウンは「ダ・ヴィンチ・コード」から読み始めほぼ読破しましたが、個人的にはこの「パズル・パレス」はトップ3に入ります。答えが分かった瞬間、鳥肌が立ち「えっ!!」と声が出ました。自宅で読まれる事をオススメします。

6か月前

C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f8498069886bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06Icon user placeholder4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b80092cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c482e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc 9
<完本>初ものがたり

大好きな本。何度繰り返し読んだ事か。ミステリーとしての面白さもさる事ながら、掛け合いの楽しさ、人の温かさや切なさ、全てが詰まっています。読後感は爽やかで、何度読んでも「ああ、いい本を読んだ」と出会えた事に感謝します。続編を強く希望!!

6か月前

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0
黒祠の島

小野不由美先生の得意分野ですね。さすが面白かった。まさに「黒祠の島」らしい結末だったと思います。ただ、"探偵役の主人公が自らの推理で事件を明かしていく"というより、"振り回されて話が進んでいた"感が強く、そこがちょっと物足りなかったです。

6か月前

宝石商リチャード氏の謎鑑定

ナツイチでおススメされていたので読んでみました。正直…ミステリーでは無い…。「謎鑑定」となってますが、謎解きのような推理要素はほぼ無いですね。 「ビブリア古書堂」のような感じを期待して読むと、ガッカリしてしまうかと思います。 まさにラノベって感じですね。サクサク読めますし読後感も爽やかです。たまにはいいかな。 それだけに、読み応えを求めるいい歳した大人には、ちょっと物足りないですかね。

6か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Ed29570f 015a 4682 acc4 80544369b644559e3776 7faf 4877 b00e febf0910fcdb6d4d227b e7bd 42e5 945c ecaf425bce6c4b029e31 fcac 40f0 a414 083ba60ff9512e0a9279 e47d 41e3 91d0 9b2131b0bc43Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 22
ダ・ヴィンチ・コード〈下〉

初めて読んだダン・ブラウンの作品。ありきたりな言い方しか出来ず不甲斐ないですが、めちゃくちゃ面白かった!です。上巻からぶっ通しで、久しぶりに徹夜で読んだ本です。止まらなくなるので連休に読んだ方が良いですよ。

6か月前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee2f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c17303e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e11Icon user placeholderDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 11
模倣犯〈下〉

一生忘れられない本のひとつ。一つの事件を、これほど全て書ききった本は無いと思う。たくさんの人々のそれぞれの結末があり、ホッと胸を撫で下ろす結末と、悲しくて涙が出た結末がありました。

6か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a56c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bF20e342f 732d 4200 8ee1 23fb1cfc01bb9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 11
泣き童子 三島屋変調百物語参之続

三島屋シリーズ伍之続まで刊行されている現時点で、この参之続が一番好きです。切なく、恐ろしく、温かい話が盛りだくさん。「荒神」の元となった「まぐる笛」。寄席のような「小雪舞う日の怪談語り」。表題の「泣き童子」は凄かった。一生忘れられないと思います。

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25Dbbef28a ccbd 4ae1 a050 c8031c1436b357399644 4812 4a08 846b 6faa174b8f21433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d413c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50 11