E14e616e d5d9 4a70 8191 aa8f51ff8751

Hayato Kumagai

「本はまなざし」 みすず書房がすき n…

「本はまなざし」 みすず書房がすき noteofkuma.com instagram.com/kuma8810/

30

コメントした本

ウンベルト・サバ詩集

「悲しみと、ひとつだけ契約を結んだ、受けとめ、向きあって生きようと」 「芸術と愛という、逆なふたつの運命」 「生きることほど、人生の疲れを癒してくれるものは、ない」 人生にひときわ通じた、忘れがたいことばをサバは授けてくれました。個人的な影響をいえば、自分の中にずっと隠れ続けていた「少年としてのたましい」を揺り戻してくれました。「内気なぼくの人生にも、小さな、ぼくにぴったりな一隅が、ある」 こんな一行に、彼のこころの永遠のあどけなさを感じます。それは決して、ただの弱さではないのだと思います。

約3年前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9A35c06f9 28ee 44bb 9e18 9303487244bd
新選 山のパンセ

真夜中の山奥で独りたばこをふかし、ザックを枕にして草むらで眠る。朝になると鳥のさえずりとともに目覚め、朝露でしっとりと濡れた草むらと共に、体をふるわせる。そして遥か向こうにのぞむ山々を、徒然なるままにスケッチする。 …今は、そんなことも容易にはできない世の中になってしまった。しかし山はその本質上、人間の表面的な営為とは全く独自に、みずからの呼吸をみずからの時間の流れで続けている。その奥へと近づいてゆくことの魅力、そして決してその中核に触れることができない人間のいじらしさ。それがこの本の記すところだ。…独りで山へ行きたくなる。

3年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eB34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01e
走ることについて語るときに僕の語ること

より善く生きていくためには、健康的な苦しみを習慣に身につけていく必要がある、ということ。 走ることのような習慣を、自分も見つけようと思う。いっそのこと、走りたい。

3年前

43ff2f18 8584 40b2 ba41 94cb2159547e33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7492011d000 939f 4df4 b531 20c7c29d4c931b57bd57 bd99 4258 b26b 569652ec50e72943dbe3 7bdb 477a a2db 97f6cc05c67f728e27e6 ab0c 4e98 bde1 a064ea5f8b92 48
本という不思議

この本で挙げられる数々の本が実に魅力的。本の捉え方を切り拓くための愉しい一冊。 そしていつか是非とも作りたい、ショウガパンのレシピ付

約4年前

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db9af1c933 3068 4493 8e14 f48f46aa5bfe
白い鹿

隅々まで生命力に満ち溢れた版画

約4年前

断片的なものの社会学

どんなものも特別である、ということをこの社会学者は言いたいのではない。ただひとつの無用な石ころをじっと見つめ続けていると、それがいつか、かけがえのないものに変わる瞬間が訪れる。筆者は、そのようなまなざしにひそむ「無意識のいとおしい何か」を、必死で捉えようとしていたのではないか。 電車のなかで読みながら、思わず嗚咽しそうになった。

約4年前

6db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb00912df172d 2fc8 4ebc a05f 8c32465ae3bc5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53bBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b1B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 177
見知らぬオトカム―辻まことの肖像

「広告されない美しさ」 例えば辻まことは、そんなことばを綴る人。 彼を知ったその日、偶然古本屋さんで数少ない著作の一つ「山の声」を見つけ、その語り草をとても気に入った。その後別の古本屋さんで、この本と巡り合った。上高地への行き帰りに、電車のなかで読み通した。 目の前にあるすべての風景は、自分の心情をまことに映す鏡のようなものかもしれない。つまりこの体の先端たちは、眼に入る風景と、なんらかのかたちで連続している。そのような感覚は、山を愛する人のなかで無自覚に、鋭く育まれていく。僕もそういう感覚を保ちながら、生きたいと願う。

約4年前

善の研究

学生時代の読書体験のなかで、最も記憶に残る一冊。真夏の旅の最終日、一日中電車に乗りながら、この本とじっくり向き合った。そして思わず落としてしまいそうになった。それまでの人生でずっと追いかけ続けてきたことへの明確な回答が、この本の中にあった。 人は矛盾を愛する存在であるということを、この本から教わった。

4年前

9ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302Icon user placeholder7cbdbe2d ca18 4304 8f78 b8e300f16dbcD70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c
二十歳の原点

鮮やかに中心を貫く、たましいの一冊。 学生闘争の時代を瑞々しく駆け抜けていった二十歳の女学生が、自殺に至るまでを書き連ねたノート。装丁の美しさにも目を奪われる。 最期に綴られた詩が、恐ろしく美しく、いつまでも心に残り続ける。

4年前

Ae4628c3 3cbd 45f3 bf49 a92e458a47f4Icon user placeholder2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e3e4e64a9 ebda 4a20 9f2c bd578e3113168f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 17
夜と霧 新版

実はこの本では、芸術とはなにかということが雄弁に語られているのではないかと思う。 極限状態にある人々の心、いや、魂をとらえたもの。 それは沈みゆく夕陽や、散りゆく木々の存在だった。 収容所に来てよかったと語り、この世を去っていった人のことは忘れない。

4年前

C8f3adc7 4838 44d5 a144 00aaff7f78626488ed43 0c09 4ae5 b36a 9f19574938ffIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec0429b4a94b 7381 4f17 a3c1 dbd0de072b21 207
ヴェネツィアの宿

記憶とはこれほどまでに美しく語り得るものなのだろうか。彼女の記憶へのあかるさは、多くの人々が忘れがちな記憶のうつくしい側面を、静かに呼び醒ましてくれる。 大切な人に薦めたくなるけれど、自分の胸のなかにもそっとしまっておきたい、そんな一冊

3年前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed228989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7
死

死ぬまでに絶対読み終えたい本

約4年前

C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb468c180de7 b117 4c6e b01f b88b628c421d8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db
夜の木

細やかな描写は人を魅了するが、それ以上に大切なものを凝集して、初めて到達できる世界があることを教わった。この本と出会えて幸せだと思う

約4年前

6b8151ac 1b02 4f24 8277 7c3e3781f6c65da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd014253d4 6080 4951 9119 24735184a69695ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddB9e0e8c8 1377 4014 8749 fd3fc47c87fcC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e7460d2c4f11 41bf 4a64 ae2c 64d2715e742c 16
最後の詩集

人はみな、こころに一本の樹を抱えて生きる。それはことばだ。そしてこの青い詩集は、読む人の樹に沈黙の光を注ぐ。 真っ青に拓かれた朝…この詩人が地上を旅立ったのは、そんな朝だったのではないかと勝手に想像する。 長田さん、どうかよい旅を。

約4年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2417cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Dd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a6
ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット

「幸せな葬式」という着想に何よりも救われた。

約4年前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a3513e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c62fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfIcon user placeholderA9316faa 8c6c 4f2e 8766 595ca5b148a381bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 62
メモリー・ウォール

記憶を巡る短篇集。個人的には、種屋の話がすきだった。 ダム開発の運命を辿り、誰も彼も去っていく郷里のなか、種屋は里の至るところに種を蒔く。全てが水に還る間際の、瑞々しい最後の光たち。 ダム開発で消えた、徳山村のことを思い出した。

約4年前

0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e5e346653 7924 47f6 98ea 344d95df50cfE8ec958d ae27 41e0 b61e 4c09ae3e1fc0
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

真理を必要とせず、生きる目的も必要としない。それでいて地球上のどんな人々よりも幸せな民族、とは。 彼らと出会い、暮らし、最後には自分の宗教から離れることを決意したある宣教師の物語。 この本を読んで、自分のなかの「小さな真理探究」は、一つの節目を迎えた。

4年前

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990B202f626 0795 4027 99ca 47cba860609547b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f04379887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58 42
波止場日記―労働と思索

「不必要なものや途方もないものに出会ったとき、人間は、人間という独自な存在となる」 偶然この言葉を知り、手に取った一冊。彼自身の中で深められた思考は、本質を鷹の目のように鋭く射抜く。大学時代に出会えて最もよかった本のひとつ。

4年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986991b318c1 3f5c 4197 849b 9938b381ae16760c3e9d 2898 4c03 8edf 52777bc136ec08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c5e346653 7924 47f6 98ea 344d95df50cf74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b480c02a8cb e5ac 40da 8ba5 4c37dd168de8 9
ポール・ランド、デザインの授業

デザイン=ソリューション、よりもポール・ランドの説く「デザインとは関係である」の方が、僕はしっくりくる。また読み返そう

4年前

6ed1e2f0 0ee5 4975 8517 318a03a75c7f7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa55df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd546cde5030 1f83 4d0a b449 b0674b1c506aEd495e08 0a00 4edf 84a8 b0d05cb13bf31eedbfff 8ca7 4ba7 8e6a 49c60d63a340130ee605 4e23 4f0e 8b47 1d3006c4ab80 9