283db9e8 021a 487d 8f7f 75dfca695bb0

守山菜穂子 Naoko Moriyama

ブランドコンサルタント ビジネスと生き方…

ブランドコンサルタント ビジネスと生き方を考える本が好きです。 たいていKindle版をiPhoneで読んでいます。 www.naoko-moriyama.com ツイッター @nao_moriyama

35

コメントした本

感情を出したほうが好かれる

すごい本を読んだ。 心理学者であり早稲田大学 名誉教授、加藤諦三(たいぞう)先生の著書 『感情を出したほうが好かれる』。 まずこの直球ストレートのタイトルにグサっ! 読み始めて1ページ目、『人間の大きさとか深さとかいうものはどこで決まり、どこで出てくるのであろうか?それは人生の重荷をどこまで広く背負ったかということで決まるのではないだろうか』にギャッとなり。 『不安から名誉を求める人はどこまでいっても安心することができない。いつも追われている。いつも焦っている。(edit)名誉はいわば公務である。心のやすらぎはいわば私的生活の問題である。心のやすらぎは心と心のるれあいから生まれる』 なーるーほーどーーーと唸ってしまった。 加藤先生の著者は好きで何冊か読んでいますが、これは特に感銘を受けました。自分の人生に時期により、影響を受ける文章がいろいろありそう。一生、付き合う本になりそうです。

6か月前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c317268cb9 58bd 41e1 9a77 1c0d711ed5ca
園芸家の十二ヶ月

1月、タネをまいて水をやって雑草を抜く。 2月、タネをまいて水をやって雑草を抜く。 3月、タネをまいて水をやって雑草を抜く。 こんな園芸家の毎日の、楽しみと、喜び、悲哀を、ユーモアたっぷりに書いた本です。読んでいると土の香り、葉っぱの匂い、雨の香りがして来ます。 すごくほっこりしたいいエッセイ。お花や野菜、木や森、土いじりが好きな方にオススメ。

1年前

ニコライ・バーグマン 花と幸せを運ぶ日常

フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン。1976年デンマーク・コペンハーゲン生まれ。19歳の時に卒業旅行で来日し、そこから日本の花業界に入ったとか。四季を味わう感性、毎日を大切にする気遣い、新しくて美しいものを愛する独自の価値観などが、良くわかる本でした。お花の仕事っていいなあ。

1年前

社長は会社を「大きく」するな!

中小企業、スモールビジネスのこれからのあり方を明確に語っている本。著者は「社員10名以下の会社」を専門とする税理士。

約2年前

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

「心の整え方」ってこんなにたくさんあるんだ、と、驚きました。細部に神が宿るといいますが、生活の全ての積み重ねが長谷部選手を作っているのだと思いました。

2年前

2f38f486 1ec2 4ed9 b664 2f4349d5f10fIcon user placeholderC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bdE0813781 d3ff 4bd9 a1b8 f7fb36f7750b46383426 1051 447d 8920 b754148c614fBed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4b2b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 24
旅をする木

そうだ、この本を読み直そう。今の私には自然が足りていない。

2年前

42b0d0e1 f4de 4c10 9adf d9ffc03dadb6F9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6baIcon user placeholder14030403 144d 463a 97db 5bf00d76f41cE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d116154771858c2a7dc 80f8 4090 9b9f 4e3e291fed28Icon user placeholder 52
世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語

同世代の女子たちのアイデアと行動力が、チベットの貧困の村を救った。「社会起業家」が、都会で働く自分たちの地続きにあると初めて感じさせてくれた。私にとって、人生の転機になった本。

2年前

中村貞裕式 ミーハー仕事術

あれこれ興味が広がって、軽くて移り気。チャラチャラしてる。 そんなヒトも、フットワークが良くて、好奇心旺盛、こだわりをもたずに何でも取り組み、サービス精神がある、と言い換えたら、できることいっぱいあるよね!という本です。 ミーハー道の極め方。面白い考え方を示していただきました。

2年前

エースと呼ばれる人は何をしているのか

「良いプライドは人を美しく、悪いプライドは人を醜くする」。芸能界の第一線で活躍する振付け師である著者による、パーソナル・ブランディング術。いい本です。

2年前

5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1
たたずまいの美学 - 日本人の身体技法

ヨーロピアンと日本人では立ち方や歩き方が違う。姿勢、筋肉、行動、衣服に関する事例がたくさん入っていてとても面白い。ダンスやスポーツ、ファッションに興味がある方におすすめ。

約3年前

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版

仕事が増えすぎてパンクした状況を改善するために、まずはこの本を。具体的な手順が書かれていたので助かりました。早速、トライしてみます。「作業」の時間を減らして、「考える」時間が欲しい人にオススメ。

1年前

C77e10bc 3637 4d59 a127 77e6cf00696cCc943e67 87a9 4665 9058 ea4246a88000C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d3070c5ecf8 0fe4 48d7 a6a6 971a7cb5bf64C4e42195 b65f 4bdc 9dcc 973e088fe9abCf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa600bf7676 edb6 47d1 87ab 8911b35b968d 12
死ぬ瞬間―死とその過程について

父が末期がんを宣告された時、混乱していた家族と私に、精神科医の先生が勧めてくれた本です。死に近づく人が、どのような気持ちの変化を経ていくのかが、統計を経て、論理的に解説されています。 「もう終わりだ、いつでも死んでいい」と「まだ死にたくない」など、日ごとに真逆のことを言う父の心境がよく理解でき、いちいち驚かなくてすみ、父の言葉をしっかり受容することができました。また本人だけでなく、周囲の人の気持ちの変化にも波があることも良くわかりました。 「死ぬ瞬間」に携わる人はもちろんですが、人の重大な決断の瞬間とか、迷いを肯定するとか、人の人生を受け止める仕事をする方にもオススメの本です。私はビジネスコーチでコンサルタントですが、この本はビジネスにもおおいに役立っています。

1年前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b939ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e060729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8350428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3
LIFE SHIFT

長寿化により100年生きる人生が始まっている。これは人類が初めて出会う新しい時代である。本書は、長寿化を「恩恵」にするために考えなくてはならない、仕事(キャリアの作り方)、お金(資産の作り方、投資)、不確実性に対処する能力の育て方などが丁寧に解説されている。この本を早めに読んでおいて良かった。

1年前

9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774Icon user placeholder56e082a6 1fe9 4396 99d5 80370cdf3e449af5a9ff e1a6 4f2f bb4a 9751bf1f90b55c1a005e fed2 49ba 9c5e a0686e3da3f37488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb 134
身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本

身近な人に攻撃されて「なんで、私ばかりが!」そう思っていた時に出会いました。具体的にどうしたら逃げられるか、なんと答えたら良いのか、そもそもなぜ攻撃させるのか、具体的な方法が載っています。 この本を読んだ後にアンガーマネジメントを勉強して、いまは攻撃されることはなくなりました。 人によく勧めている良書です。

2年前

すばらしい新世界

ビジネスとはこうやって起こすものだ。机上の空論ではなく、人の役に立つビジネスを作っていきたいと思う。

2年前

考えない練習

考えすぎること、焦ったり強くなったりイライラしたり、悲しくなることは「脳への快感」を与えるそうです。それがわかると、落ち着いて物事と向き合えるようになります。

2年前

F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f06580d57d d322 48f8 ab0d 7032febe7e8e0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b36f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62eaA0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e1252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575cA7cb11ec 2e1f 4dfb 8454 ebe28043a678 14
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

知り合いの会計士さんに薦められて読んでみた。うん、読みやすいし勉強になった。「起業術」のサブタイトルは少し違うなあ。「個人事業主から法人化し、事業を大きくして行くときの本」が正でした。

2年前

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8D5210a89 4ecd 4197 93ea ed2e920cdf980e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f213908 10
なぜ、優れたリーダーは「失敗」を語るのか

私は当初、自分も人にも、「ブランディング的に、わざわざ失敗は語るべきではない」と考えていました。でもこの本を読んで、180度、考えが変わりました。 ー今までの人生デコボコの連続。 ーあれこれ手を出してきた経歴。 -前に言ってたことと反対のことを始めちゃった。 -実は穴があったら入りたいぐらいの失敗をしている。だから今がある。 うん。それも、いいじゃない。 それがあなたのいい「味」になります。 この本を読んで、私も、自分の「恥部」だと思っていたところを、積極的に開示できるようになりました。

2年前

「有名人になる」ということ

有名になることのメリット、デメリットを解説した本です。有名人になることでレバレッジがきくので、「早く大きく成し遂げたいことがある」人にはこんなやり方もオススメです。パーソナルブランディングのセミナーでご紹介しています。

2年前

上機嫌の作法

この本を初めて読んだとき、心から「上機嫌力(じょうきげん-りょく)」が高い人になりたいと思った。それって幸せそう。それって温かそう。あれから10年、少しは身についたかもしれない。「機嫌」は技化することができる。辛いときでも上機嫌でいられる。だから顔を前に向けて、次の一歩を踏み出せる。私の人生を変えてくれた、最高の一冊です。

約3年前

1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a066a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9Bdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420cF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86D14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd8C3142577 bd7a 4986 992f ddaaeeb0f978 9