B07b52bc 8112 4408 ad61 9327639e1713

植木まみすけ

イラストの仕事をしながらフラフラ

イラストの仕事をしながらフラフラ。 ◾︎http://mm9.hatenablog.com/entry/2015/05/31/063252

16

コメントした本

ダンジョン飯 1巻

ファンタジーって、空想だけで簡単に描けるって思われがちですが、実は読者を納得させるためには、一番リアリティを空想世界の中に挟み込んで行かないといけないジャンルと言われています。 本書はこのモンスターを料理するにはこういう手順を踏むと美味しく食べられる。というファンタジー世界の料理本ですが、現実の料理のことをよく知ってる(調べた)方が描いたなーと唸ってしまいました。 あと、キャラも魅力的で、冒険中のやりとりも、九井さんならではのローテンションで展開されてて、じわるし、声を出して笑ってしまいます。このパーティに混ざりたくなります。 面白かったです。

約3年前

Ad2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf07F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9D2ee1ae0 1dde 4ab4 b54c 6b06d343118bCb008973 7f50 4241 8382 cd864efa731cBb8ec9ae 2a2d 40e1 9cd3 2c3ee5b28c36Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449Bc765451 f0f1 4274 8cea 11227567cdbd 26
燃えよペン

漫画のアシに入ると、だいたいどこの職場にもこの本が置いてあります。 本書はアナログ時代に連載された漫画家あるあるものですが、今でもこの漫画の付録である「漫画家十ヶ条」を壁に貼ってる方も少なくなく、デジタル時代でも漫画を描くにあたって必要な「ハートの部分」は変わらないのだと思います。 読んでると、漫画というのは自分の生き様!という島本先生の熱い魂を、分けてもらえます。 あ、もちろん大爆笑するシーンもてんこ盛りですよ! 島本先生ご本人実演の実写版漫画付録付きのとそうでないのがあるようなので、気になる方は購入前に確認して買って下さいね。この本は電子書籍よりも、紙の本がオススメです。 最後まで描け!失敗したら新しいのを描け!元気がもらえる漫画。

3年前

パラレルワールド御土産帳

「先日、パラレルワールドに行ってきた」 冒頭からして夢がパンパンに詰まってます。本書はちょっと(だいぶ)ヘンテコで、無駄機能満載のパラレルワールドからの御土産の紹介…という形式で、造形スタジオパンタグラフと穂村氏が全力で癒しにかかってきます。 未読の方は、表紙絵を見てくださればどういうアイテムが紹介されてるか突端だけでもつかめるかなと思います。 声出して笑っちゃいますし「自分がもらえるんならどれがいいかなぁ『警告トースター』かなぁ?『電源危機一髪』かなぁ?」とか気づくと必死で空想してしまっています。 楽しい本をありがとう!写真集なのでちょっと本自体はお高いのですが、お釣りがきます。買いです。

3年前

C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3aDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c25c6bb90 164e 4621 a653 857a2001d188
スラムダンク (31)

この漫画みんなそれぞれコンプレックスを抱えて苦しんでるのを、あんまり表に出してないとこがいいな、と思います。 個人的に魚住がウドの大木扱いされて泣いてるとこに監督がいい言葉をかけてあげるシーンがすごく好き!

3年前

325bfbbb 8a07 417e aefd fab911f5fb0677f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f41f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565851b56cd93 4dda 4d56 a4d9 063aa1146824Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db458ec15998 31fb 4322 971a 681e35d99dea3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 18
人間そっくり

脚本家の家にある日「火星人です 」と名乗る男が現れて…。 本書は室内で延々押し問答が繰り広げられる展開のさせ方ですが。場面転換がなくても飽きません。詭弁詭弁でどっちが言ってる事が本当なのか混乱してくる頃には、読者はもう主人公の「ぼく」と同じ罠にはめられています。面白かったです。 あと読み終わると「慌てる乞食は貰いが少ない」って超言いたくなりますw

3年前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c742caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a69b0b419 3cf8 4a22 8f32 8210a0574c47Ed541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6b
カーブの向う・ユープケッチャ

公房の短編集。「砂の女」の原型になった「チチンデラヤパナ」が収録されています。私は砂の女より、こちらの原型の方が好きです。公房は短い言葉でわかりやすく、難しいシーンを説明してくれる所が好きなんですが、短編だと一発でシーンや空気を伝えてくるから、ラストの一行が効いてて、初めて読んだ時ブルッときた覚えがあります。

3年前

水域

不思議な水の世界の冒険譚。途中声をあげて号泣しました。椎名さんはエッセイの方が有名なようですが、SFスゴイです。架空の生き物の描写がリアルで、映像が目に浮かびます。

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0
よつばと! (1)

よつば達が毎日発見をしながら、1日1日を大切に過ごしていく漫画です。子供の頃の風景の見え方、空の高さ、時間の感じ方。こんなだったと思います。

3年前

3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe122e245d 36ad 46a4 88a2 ee2ec64e4432Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db8101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8f8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364dbE10a0e7a fd50 4720 8a6f aaf975102b0c9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7 13
どうぞのいす

うさぎさんが自作の椅子に「どうぞ」と看板をたてて、大きな木の下に置いてくるところから始まる優しさのリレーのお話。 私はこの本を読むと、いつも「居心地がいい建築物みたいなお話だなぁ」と思います。 先に用途をガチガチに決めてあるような建物よりも、スペースにある程度ゆとりを持たせてあったり「利用者が思いつく用途で楽しく使えるように」工夫が出来るような建物って、自然と人が集まりませんか? 本書では、いろんな動物がいろんな思い違いをしつつ、のんびりと、うさぎさんの椅子を使って帰っていきます。自由に使って、後から来た動物も嬉しいようにして。 どうぞのいすみたいな建築物を現実でもつい探してしまいますし、何か作る時は「読んでる人、見てる人が、『どうぞのいすでくつろいでる雰囲気』を目標で作りたいなー」って気持ちを忘れないように、いつも読んでいます。

約3年前

Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade757399644 4812 4a08 846b 6faa174b8f21
造形工作アイデアノート―オトナのための工作本

造形スタジオパンタグラフの秘蔵の製作テクニックがぎゅうぎゅう詰めの一冊。 今は荒唐無稽なアイディアも簡単にCGで再現可能ですが、本書では「手作りってこんなに心を揺さぶるんだ」と改めて思いだすことが出来ます。 「実物の列車や旅客機の表面はきれいでまっすぐ平坦なものは皆無で、ブヨブヨしている」などなど、ディティールへのこだわりと、普段からの観察ぶりも素晴らしいです。 もしかして自分にも作れるんじゃないかなーなんて一緒にワクワクしてしまいます(無理ですが…) とにかくアイディアや造形があったかくってカワイイんです!眺めてると癒されますよ!

3年前

コスモス楽園記 (3) (バーガーSC―SC deluxe (43))

ますむらさんなら「アタゴオル物語」を推せよって言われそうですが、本書は「アタゴオルは入りにくいけどますむらさんの漫画は気になってる…」っていうような方の、ますむらワールドへの入口になるんじゃないかと思います。 不思議な南の島「ロバス島」での生活のお話が、日本人の主人公、光介の視点で描かれています。 ますむらさん大得意の二足歩行の大きな猫達との楽しい暮らしぶりのお話になるんですが、主人公が現代人なのでアタゴオルより、若干感情移入しやすいと思います。 真弓が混ざってくるあたりから、特に世界に入りやすくなってきますし、勿論ますむらさんが描く、美しい珊瑚や鉱石、植物も見ものです。 電子書籍で読めますが、文庫でまとめ買いがオススメ。

3年前

ルドルフとイッパイアッテナ

主人公の黒猫ルドルフが、間違えて東京行きのトラックの荷台に乗ってしまう所からお話はスタートします。 私は大人になってからはじめて読みました。猫達のキャラの立ち方がスゴイ。ラストは手に汗握って応援してしまいます。また猫がリアルに読み書きを練習して、出来るようになっていく展開なんかは、今読んでも新しいと思います。読み進めるうちに勉学や友情の大切さを、猫達から教われます。 子供の頃から読めてたらなぁとそこだけが後悔です。世の中のお母さん。お子様に忘れずに読ませてあげて下さい。また、児童書だと思って読む機会を逃している大人にもオススメしておきます。

3年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23c4758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b095ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7Db6aea15 fb3c 40f3 a43f 953741d43863 19
おおきなきがほしい

みんなが一度は夢みるツリーハウス。このシチュエーションもさることながら、ツリーハウス内のインテリア。おいしそうなホットケーキなど、ディテールへのこだわりが胸を熱くさせてくれます。本書の特徴として、主人公かおるくんの空想が主です。作中出てくる「木の苗」は、空想って育てるもの。という意味が込められているように思います。大好きな絵本

3年前

Icon user placeholderB156c6e4 e09f 4564 86b3 687348a102529fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb
ネコの吸い方

この本、とても可愛くて笑えるのですが、猫とか人間とか超えて「本物の愛とは」ナニカ考えさせられる本です。坂本さんのサバ美への深い愛情が文章の端々から伝わってきて。落涙してしまいました。いい本です。

3年前

A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a8362a0ef3f7 0da6 4496 91bf 75e4c34de4ff6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40
ダース・ヴェイダーとルーク

映画見てる時からなんとなくそんな気がしてたのですが、本書ではヴェイダー卿の親バカぶりにスポットが当たってます。癒されますよー!

3年前

Icon user placeholderEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d57dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa411c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e9acaf990 c332 4698 93c4 59ce1b1c8883 10
第四間氷期

公房の描写力すごいなーって思います。ラスト震えます。未読の方は是非!

3年前

1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c01Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31145807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f4190915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cEys9itgb normal 12