A7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3

kotsusato

よむよむ

よむよむ

71

コメントした本

山猫珈琲 上巻

湊かなえさんの初エッセイ。読みやすかったです

1年前

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b711310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f43a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7014253d4 6080 4951 9119 24735184a69637a697ab 135c 48e3 8368 c3dc57e3cd76 9
そして生活はつづく

生活を面白がること、今年の目標にした。

1年前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dBb77a203 38d7 401d 989e 526a34e1cf3d68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c6b6ee9ab 681d 4ef4 a60f e2651d4fb82cD08ad0ea d3ef 4ea8 9178 97180d90a4b2
トットひとり

黒柳さんの奥深さがわかる1冊。エピソードも面白いけれど、なにより文章が魅力的。 それにしても凄まじい記憶力。それほどに痛快で刺激的な日々だったのだろうなあと想像します。

1年前

7607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c47f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7fE51a8847 dd98 49a7 ab19 1f64eb7a881dEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f
太陽の塔

森見作品のなかでもずば抜けて大好きな作品。さえなくて、笑えて、苦くて、ぐっとくる。

1年前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7Icon user placeholder559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effa6d5b3de5 5f24 4021 94ce 22c4e6d78889Icon user placeholder 74
聖なる怠け者の冒険

実に「ぽんぽこ」的。大好き。

1年前

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed94d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3Icon user placeholderD7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae378599810 27
海辺のカフカ (上)

15歳の家出少年と字が読めないナカタさんの大冒険。

約2年前

E85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b732c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b 108
羊と鋼の森

一歩一歩、丁寧に森を歩いていく青年の、静かだけれども確かな決意。優しく、そして美しい一冊。

約2年前

5f76b979 bc32 4544 9975 37e3f740f3bbIcon user placeholderIcon user placeholder50e70c11 298b 4473 9b19 76e576d95dd91f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e5f11b3f1 cd69 48a0 9140 da14dccbc27e 199
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

わかっているけど難しい、だからこそ意味がある。give&give

約2年前

0bc3d000 5055 44b7 9834 6b034157cd6689126c36 52bc 4597 b8f1 3c6735e7caf92c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholderBe0e464b 877d 45aa 9cf9 41ce60aa9469Picture 332
ききりんご紀行

無性にりんごが食べたくなる本。

1年前

のぼうの城

気張らずに読める歴史小説。面白かった!

1年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f748f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e051aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb163c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60 21
世界から猫が消えたなら

映画とはまた違った苦しさと暖かさがあり、やっぱり泣いてしまった。 大切な誰かが、やがてこの世界から消えてしまうこと。後悔する前に想像を。

1年前

25d51b5d 25b9 4674 becc d07d9a62d81493584640 80d4 4243 ac2e 6706c813f0de9437c007 975d 417c abab 9115cb62841406206327 59a0 471b 99a5 e92ea1ac1bb90bee4c8d fbee 404f 97c4 be62a4b6a05fAc00b21d 6d98 4f76 80ed 3e1791e8169472106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a24 16
何者

主人公も、主人公が小馬鹿にしてる彼女らも、あーいるいると思うし、それはきっと自分でもある

1年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fFda1654d 0aa4 4d17 bd09 f081ad43a7c4Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b364c4739 6f8a 4cf1 bbf2 e876cbe1b47bA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 178
海辺のカフカ (下)

「私が私でありながらすきまなくあなたの一部になるのは、とても自然なことだし 一度馴れてしまえばとても簡単なことなの。空を飛ぶのと同じように」

1年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c02E034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 75
坊っちゃん

夏目漱石没後100年。 純粋に面白かった。坊っちゃんのような人物になりたい。

約2年前

E5ac3ec1 cf4c 4c9c 8d2e 413c9062168b00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585
ひとり暮らし

可愛らしい表装に惹かれて購入。二十一世紀の最初の1日と69歳の誕生日の話が好き。再読リストへ。

約2年前

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335eE6348966 90b5 426e 9958 7be5af704a1b242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa87327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44 24
ゴールデンスランバー

伊坂作品お馴染みの小洒落た台詞とクセのある登場人物。そしてThe Beatles。 疾走感と絶望感の中にユーモアと温もりが詰め込まれた大好きな作品。 映画では斉藤和義のGolden Slumbersが流れ出すシーンがたまらない。

約2年前

F239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e104a14406 aab9 4dc8 a85c bc6c5d0ec2995db5c80a e824 4236 a7bd bc2e804810fcEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e93461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 99