80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e

ゆい

浪漫主義。

浪漫主義。

35

コメントした本

神さまたちの遊ぶ庭

数行の日記のような体裁で読みやすい。宮下さんの想いも、トムラウシの素晴らしさも、子育てのおもしろエピソードも、すべてが同じくらいのさりげなさで書いてある気がした。何かを大仰に訴える感じはなく、だが必ず何かを考えさせられる、心に残る作品。

約1年前

7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00D3724785 b40a 4887 afce 7a0c9434c835Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0535cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd163fc576a1 43a9 4193 b269 9e9c6ba687e215208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5efBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 11
重力ピエロ

読みやすくておもしろいけど、終わりはあっさりとした印象。言葉遊びのようなやりとりや名言がとてもいい。弟がいかに美形かということが何度も書かれていて、そのあたりはラノベっぽい気がした。兄弟・家族愛は胸に刺さる。

約1年前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd82174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee522a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614bA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c204b6a44d bb28 4174 a0c7 6f2f9ea7318d3cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79 184