94fa151b e37b 473f 800c 1cf8abbc9713

HETARO

読書と映画鑑賞が趣味の者です

読書と映画鑑賞が趣味の者です。 好きな作家は、中山七里さん、宮部みゆきさんです。

34

コメントした本

蛭子の論語 自由に生きるためのヒント

蛭子氏の本を初めて読みましたが、論語の入門に最適の本と思います。 「ひとりぼっちを笑うな」も読んでみます。

1年前

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fB753c101 f48b 462c 816f 60f31e26ba2aAe08560c be6c 4bf8 bc6c fc29bc99a6118f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db
信長・曹操殺人事件

一気に読めました。ただ、アイディアの面白さで書き始めたものの、長編小説として仕上げることは難しかったようです。

1年前

サイレント・ブラッド

惜しい方が亡くなったものです。 出版が「ファントム・ピークス」のみでなく、本作と、もう一作あるとのことですが・・・

約2年前

0841bf23 428e 44e6 9df1 1cfd792edeea09f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5daDbe73847 dd1c 4ee9 ba57 eef4d7331228
猫鳴小路のおそろし屋

失礼な感想かもしれないですが、連載打ち切り作品のような、作品運びで、残念な感じがします。ぜひとも続編を読みたいですが‥‥‥

約2年前

ラメルノエリキサ

傑作です。一気に読み終わりました。 渡辺優さんの、他の作品も、ぜひ読みたいです。

2年前

C9905efd e638 43eb aef0 f94b2d26ae1e0824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c1Icon user placeholderCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97781525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b25857c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef 11
失われたミカドの秘紋 エルサレムからヤマトへ--「漢字」がすべてを語りだす!

日本、朝鮮半島、中国等の古代が、極めて刺激的な新説で描かれています。 但し、お話しが風呂敷を広げ過ぎて、回収出来なかった伏線があるように感じられました。

2年前

AIの遺電子 1

「近未来版ブラックジャック」、少し違いますが、一言で言うならば、そのようなお話しです。 続きを読みたい、数少なくなったコミックです。

約3年前

1f29e54b 0012 44c1 a1e2 ed11b38bfccc95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd0882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e
石の繭 警視庁殺人分析班

一気に読めました。犯人は当ててしまいましたが、ラストの展開は、流石、の一言です。

約3年前

Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf966efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837633d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d84a8fd7a0 2ce6 4a55 9cc5 c7019c5d067d66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 13
箱庭図書館

6つの短編が、素人が応募した作品を、乙一氏が再構成して、登場人物が相互に登場しあう作品となって、1冊の短編集になりました。特に「ホワイト・ステップ」が好きな作品です。

約3年前

282d89ad 5453 4423 8c6c 7a633df10dbc1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a322461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f13e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfb50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff97ca4da4 a863 4a4c 9991 6c64b2952d1cC6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55 54
貘の檻

道尾秀介氏が、「八つ墓村」をモチーフにした作品です。 この人が犯人では?という人が、やっぱり犯人でした。

約3年前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e99b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」

真面目な本を久しぶりに読めました。 例えば、ヒトラーの、第2次大戦開戦前の政策は、この本が簡潔に本質をついているように感じました。

1年前

Icon user placeholder022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8232cd860 a63b 4afe 8ecd e6427c4d0a065793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb321Ef929240 801e 4415 8afd 3f319236b8ca8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9cD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f 9
安土城の幽霊 「信長の棺」異聞録

「信長の棺」、「秀吉の枷」、そして「明智左馬助の恋」の著者の長編小説を別の切り口から描いた中編集です。三編ともに良いのですが、特に巻頭の「藤吉郎放浪記」が素晴らしいです。

約2年前

黒死館殺人事件

小説では断念していたのですが、コミックでは一気に読めてしまいました。

約2年前

落語家、はじめました。青葉亭かりんの謎解き高座

落語について、全く知らないけれど興味はある、そんな僕には、落語入門として、うってつけな本でした。

約2年前

時間の歩き方(4)

「時をかける少女」とは違うタイムトラベル。 時間が入り組んで、どのような終わり方をするのか気になりながらも、この巻のことを すっかり忘れていました。

2年前

クリーピー

黒沢清監督の映画は別物です。映画を観てから小説を読んだ方が良いと思います。 逆だと、???と、見ていられなくなるかもしれません。

2年前

3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269cIcon user placeholder3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccIcon user placeholderE458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1fA50ccb9d bcf9 4d13 9454 2855da556224 29
のぞきめ

気持ちの悪いお話しです。 4つの章からなっていますが、第2章である第1部を読み終えれば大丈夫。 ただ、結末は‥‥ 映像化には向かないお話しです。

約3年前

1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b254b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba9231920064c4b 6a7d 4857 b616 dc8b157c94aa703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd93B1c08034 1b0f 4055 973d bd18404040bfCb2d1c51 6421 457f 85e6 4fd1b3bf88b4687185a2 89aa 4a9e a3e5 abba3f8b3bb6 9
新・日本の七不思議

鯨統一郎氏の歴史本です。 「邪馬台国はどこですか?」のような鋭さは無く、読んでガッカリしました。

約3年前

まんがイッキ読み!金田一耕助ミステリー

横溝正史の4作品を「八つ墓村」の長尾文子さんと、JETさんが2作品ずつ漫画化しています。 一番の長編はJETさんの描いた「悪霊島」ですが、漫画で読むと、犯人はこの人以外いない、となり、4作品とも、不出来ではないのですが、期待したほどの作品ではありませんでした。

約3年前

誰がそれを -田中相短篇集-

コミックには、キャラクターで読ましていくものと、ストーリーで読ませていくものがありますが、田中相氏の作品は、ストーリーで読ませていきます。

約3年前

88f035f6 28c8 4a4a 802a 3bd88f2f7e72Ac667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7