3752ae9e 836c 4e42 8eae f0dec7505610

Taiga

沈黙は金。

沈黙は金。

20

コメントした本

死と生

死と生を表裏一体のものとして考える。 近代以降、そのような考え方が否定されるようになった。「死」は目に付かないところに追いやられ、ある日突然、剥き出しの状態で現れる。 仏教の思想(釈迦、親鸞、道元、鈴木大拙など)を中心に日本人の死生観を再考する。

4か月前

マスコミ亡国論

旧版が発刊されたのは1990年だが、今読み返してもとてもおもしろい一冊。「ポストトゥルース」というワードが使われるようになった現在、マスコミはどうあるべきかを改めて再考してみる。

5か月前

本当に日本人は流されやすいのか

戦後日本人は「社会的連関が個人に先立つ」という価値観を無意識レベルに持つ一方で、「個人が社会的連関に先立つ」という価値観を意識レベルに持った結果、人格が分裂しているような状況を引き起こしている。著者はその点をさまざまな観点から考察している。

5か月前

これからの本屋読本

「本」を環境に溶け込ませてゆく。

5か月前

Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27B898f8e2 3016 4eb6 bb04 b13680e99e9bB895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56Ede2370c 52b5 401f a02b f85ff334e436Icon user placeholder978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Icon user placeholder 25
21世紀の楕円幻想論 その日暮らしの哲学

現実に溢れるポジショントークに対して辟易していた。本書は、そんな心のなかにあるモヤモヤしたものを言語化するヒントを与えてくれる。

5か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaIcon user placeholderDb7664fa 832a 490a a205 16f81e95b430Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a2737fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41 27