4fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73

tooo

本が好き。 最近は電子書籍が多め

本が好き。 最近は電子書籍が多め

90

コメントした本

空白を満たしなさい(下)

「生と死」に分人主義を提唱する平野さんが真正面から向き合った作品。 20170418

1年前

A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder00d185b2 2d8c 4763 90f3 56166de23e151d1d1eca 26ac 40c0 afc6 0b453059d1feB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 15
城壁/星 小島信夫戦争小説集

戦争の滑稽。20170408

1年前

ドーン

科学技術が進歩し、分人主義が浸透した世界を描く近未来小説。有人火星探査機"ドーン"の飛行とその背後にある大統領選など、様々な事象が複雑に絡み合う世界を書き切ったのはさすが平野さんの力量。20170311

約2年前

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c10124638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311047f0b43 2e05 41f4 bab0 16ebd7e4af673971e1c5 62cf 49ca 966c 2f5f316eb16368fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e0464 10
パンク侍、斬られて候

「猿と馬鹿の戦いだ」しばらく積読してたけど、読み始めたら笑いっぱなしで止まらない。 「自分の脳でものを考えないが自分はユニークな人間だと信じてる。」辛辣。 20170209

約2年前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683aIcon user placeholderIcon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f029336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32E13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c7 26
告白

思弁的に過ぎる熊太郎は、自分の思考を表す言葉を持たないけれど、作者である町田さんは、人の心の動きを余すことなく書き表し、読者を赤面させる。 その心の動きはきっと誰もが経験して知っている、小さな醜い自分だから、読者は熊太郎を憎むことができない。 正直な熊太郎。愛しい熊太郎。 20170202

約2年前

F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb61dad1a5 21f1 40df 80e8 d5035fade3a129336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Icon user placeholderDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed 31
決壊〈上〉

『マチネの終わりに』がよかったので続けて平野さんの著書を。下巻に続く。

約2年前

0107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd2850a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f93947a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfC41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36eF2c762a0 35b1 474b bbf4 c7fdbd758d89D0ce4e96 4b23 43cd af31 f6305f4c7131 9
スクラップ・アンド・ビルド

現実社会の深刻なテーマを扱いながら、極端でどこか突き抜けた性格の主人公の思考が面白く、あまり暗くなり過ぎずに読めるのがよいな。初羽田作品、好感。20170112

約2年前

Icon user placeholder12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a742c97623 93d2 412b a760 a8081164f44d677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356dAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 99
対岸の彼女

人間ってつくづく面倒だけど。良本。20161228

約2年前

03a1bf26 fa8c 4a92 90ae a39403b4e45bIcon user placeholderB51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2Icon user placeholder60a3ab7d 5fb8 450b ae90 1ab5ba446e31865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005D256cec4 eee8 434e a8d5 bd388a139bc6 54
海と毒薬

戦争末期の大学病院で実際に起こった生体解剖事件をモチーフにした小説。極限であればこそ、己を律するのも罰することができるのも己しかいないのだら。20170318

1年前

1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c7084e32c1 21fe 4819 8f15 913fa7d035d64c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb3449361452bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeB4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe15fb068f 084a 467b a614 9b5c5a0aa7ca 60
太陽の季節

敬遠してた慎太郎氏に初挑戦。なんだ、ちゃんと才能あるじゃないか。表題作を含む5つの短編集。主人公たち若者への共感と批判を込めた青春小説。20170221 ......ただただ胸糞悪い『完全な遊戯』と盛大な自画自賛のあとがき。やっぱりこの人は好きになれないけれど。

約2年前

タルト・タタンの夢

下町の片隅にあるビストロのシェフが、豊富な料理の知識と客を思いやる洞察力で、事件とも言えないような小さなミステリーを解決してゆくお話。 カスレ、豚足と豆の煮込み、オニオングラタンスープ......どれも食べたいー。 20170212

約2年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholderIcon user placeholder67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008bIcon user placeholder 37
決壊〈下〉

20170121 コメントはまたゆっくり。

約2年前

0107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd2850a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f9395dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfC41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36eD0ce4e96 4b23 43cd af31 f6305f4c7131 8
もっと知りたいパリの収納

パリだけど、いわゆる北欧スタイルのインテリア。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cD2411a41 53e0 4487 9154 fc0c9d0906f86cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
異類婚姻譚

夫婦ってやっぱり面白い。まさに蛇ボールの共食い。仲がよければよいほどに。元の自分や相手がどんな人間だったのかなんて忘れてしまう。それも夫婦でいることの醍醐味。20170109

約2年前

B240837b 1822 4428 8164 8f663f23f6f86d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder87a2f473 e311 40ef ac5d 341da000d0c92c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267 57
マチネの終わりに

作者のつむぎ出す言葉と思想、そこから生まれる物語にぐっと引き込まれ、ページをめくる手が止まらなかった。折りを見てまた読み返したい作品。20161224

約2年前

31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Icon user placeholder9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a713441b9e00a 068b 464c 83a6 777b6ab8d9544c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b535ab6794 f7db 4a99 a731 c1d6150305e1 247