7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec59257

acop

30代♀

30代♀

28

コメントした本

君は永遠にそいつらより若い

大学生の頃の毎日の淡々とした友人との関わりとか、懐かしいなぁとじんわりした。こういう描写津村さんは上手い。 弱いものを救いたいというシンプルな思いを行動に変える主人公のホリガイさん、かっこいい。

約1か月前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a211c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752052337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f5da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c02293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d 13
この世にたやすい仕事はない

色々な職を転々とする主人公。読んでいるとどんな職場でもそれなりにやっていける気がしてくる。。

約2か月前

0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b45753d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a8544664d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 36
あのこは貴族

地方出身女子の心をゆさゆさと揺さぶる。東京の私立大学に行ってたらこんな感じだったのかなぁ。地方から東京に大学進学とともに上京した美紀に色んなところで共感する。かといって、東京出身のお嬢様である華子に対して全く共感できないかといったらそうでもない。生まれや育ちがどうであれ自分に正直に自由に生きていけたらステキだなーと思った。

3か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e98ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba
働く女子のキャリア格差

復職に向けて!時短で勤務時間内に最大限のパフォーマンスをあげるにはどうしたらいいか、復職後の自分の役割はどうあるべきかなど、働くことをポジティブに考えるきっかけになった。 また、ワーキングマザーの視点とその会社の上司の視点それぞれを切り取って見ることによって新たな視野が開けたように思う。 自分自身、今までは時短だし出来ることを無理せずやろうというところで留まっていたけど、もう一歩踏み込んで自分が活躍できる場を積極的に広げていきたいと思う。

8か月前

ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門

MBAの入門書として、どんなことを学べるのか知りたくて読んでみた。実際の企業の具体的なエピソードが多く取り上げられていて、とっかかりとしてもとても良い内容と思った。

9か月前

おにぎり通信 ~ダメママ日記~ 1

面白い!親がちょっと頼りないくらいが子どもはしっかりするんじゃないか?!と思った。

約1年前

Cea4141d f598 4c7a 8a84 984122d28a4579887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Fa6eea44 41f5 4949 8695 722e15d26ea1
とにかくうちに帰ります

職場での日常、何でもないような同僚との会話。あぁすごくわかる…この感じをうまく小説に描いているところがすごいよなぁ。 とにかくうちに帰ります は大雨の中何とかして家に帰ろうとするそれぞれの会社員たちが最後に繋がっていく。 淡々と読んでいたはずなのにいつのまにか、ワクワクして電車の中で思わず顔がにやけてしまった。面白かった!

約1か月前

89a39171 8432 4fd5 8a97 7bf1cfdd9b5015fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cD822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f1222f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91bF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1137e17a9aa e8e5 437a a58b c47914cdbab9 13
キレる!

怒ることはかならずしも悪いことじゃない、自分に不利益な事を言われたら怒ってもいいし、我慢しないこと、忘れないように時々見返そう。。

約2か月前

サブマリン

最近の交通事故のニュースと重なる。被害者のことを思うと胸が苦しくてニュースを見るのも辛かった。この本を読んだ後、被害者だけでなく加害者側のことも考えるようになった。交通事故そのものは辛い出来事でその事実は変わりないけれど、物事を色んな視点で見ることで自分の心のバランスが保てるような気がした。

5か月前

29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fEb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e762644225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a6ccbbf35 c0dc 4d81 85fb 55865f7cce063cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79Icon user placeholderD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e 17
経済のことよくわからないまま社会人になった人へ―ひとめでわかる図解入り

タイトルにぴったり当てはまってしまう人なので、恥ずかしながら読んでみた。ニュースでよく聞く単語や問題について端的にわかりやすく書かれている。さすが池上さん。 お金を使うことはなんとなく良くない、節約しなければと考えがちだったけれど、自分が本当に満足して買ったものであれば、それは良い買い物であり、良いお金の使い方であるということが書かれていて、今後のお金の使い方について色々考えさせられ良い刺激になった。社会人の人へというタイトルではあるけど、学生が読んでもすごく勉強になると思う!

9か月前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24
子育ての経済学

子育てを経済学者の視点から書いた本。トイレトレーニングの章の最後、 ”自分に向いていない、そして(ほとんど)一度きりしかない苦労なら、経験豊富な専門家に任せてしまえばいいのである。その結果は自力でやったのと概ね同じで、しかもストレスもカーペットの汚れもはるかに少なくて済むのである。” という一節はうんうんと頷きながら読んだ。 子どもに何かさせたければ、親と子の間で利害関係が一致するよう考え実行する著者の観点はなかなか面白いなと思った。

9か月前