43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a

mebu

波のある読書力

波のある読書力。波が来てる時はどんどん読みます。 過去回想してレビューするとき有。

9

コメントした本

ルイ・ブライユ

小学校図書室より拝借。 6点点字を開発したルイブライユ。 盲人に光りをもたらした というニュアンスの文章が印象的。 (印象的だったのに正確には覚えていない。) 学びたいという気持ちは、人生を豊かにしてくれる。今、当たり前に学べる環境にあることを感謝しなくてはいけない。 知ることの面白さを子どもたちに伝えていきたい。 決められた内容だけだなく、子どもたちの興味のあることを、もしくは、子どもたちが興味をもてるように伝えることを、大切にしたい。 ルイブライユから離れたが、ハンディキャップがあっても、努力と熱意次第でどうにでもなるということを彼から学んだ。

4日前

サバイバル・ウェディング

私、27歳独身。 正直なところ、焦っている。 という現状に、あまりにもリンクしていてつい手にとってしまった。 立ち読みを始めて数ページ。 主人公の 寿退社翌日に、婚約破棄 という恐ろしい不幸っぷりも 他人の不幸は蜜の味的な気持ちと、 もしかしたら 自分に降りかかってくる可能性も無きにしも非ず という恐ろしいリアリティとで震える。 しかし、帯に紹介されている編集長宇佐美の 「結婚なんて余裕だ。エルメスのバーキンが100万で売れる理由を考えろ。」 という台詞に魅了され、結局買って帰ってしまった。 そして、帰宅後すぐ読了。 ストーリーは単純で面白く、読みやすい。 しかも、所々に、グサリと刺さる現実が散りばめられていてバランスがいい。 さやかから見た若い女たちの様子、 さやかの葛藤、打算、同僚との会話 どれもこれも、 あー、分かる と心の中でつぶやいてしまう。恐ろしき同世代感。 そして、さやかとともに 編集長宇佐美のうんちく名言に抉られ、 勇気をもらった。 長々と書いたけれど、この本で心に残ったのは ★顧客の言いなりになるのではなく、顧客のニーズを満たせる女になれ。 ★いかなるときも、自分だけには愛を注がなければならない。 ★強みを活かさないものには成功はない。 うーん。いい女になりたい。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder3e9908c1 5a1f 495e b8c3 613d25c9ff575fa91bb1 108f 46fa aa1d a6aae660f9a1Icon user placeholder57a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506eA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b 8
この人と結婚していいの?

27歳、付き合っている彼氏と結婚を意識しています。ということで買ってみた本。 面白い!! あー、分かる分かるの連続。 そうなんだよ、分かってくれないんだよ。 とか思いながら読破。 男性はいろいろ気遣わなきゃいけなくて大変ね。

約1か月前

C99b66f5 5f1d 4f45 85ab 910981556147A76b3b5b c2b8 431c b326 88beea67e44b24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c11438999 fb90 45b7 ba43 4496bd6e92f73907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a12543a35d5b 6983 40d3 85c3 a2f7f2a63556Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf1 29