607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623

千魚

2018,8,30開始

2018,8,30開始

27

コメントした本

炎の蜃気楼

大人になって電子書籍で読み直し。やっぱりおもしろい。けど、この頃は普通の戦国ものと思ってたなぁ…。5巻まではサイキックアクション。以降は…嫌いじゃないけど、あんなにドロドロ腐らなくても良かったのに。

4か月前

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

最初から笑いのツボを刺激され。コメディかと思ったらシリアスな部分も多くて、バランス良くあっさり読めた。出てくる人物、男も女も心意気が男前!

4か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08Icon user placeholder5bf2d638 0048 41a9 87c5 7af0166f489c9a3f76e9 8a1e 46ac 88e7 606dbbdd319f69b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c91714Cb07fce7 777a 401f bd74 3c48cc30c4c173613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429 182
仔羊の巣

みんな古傷を持っている。その傷の深さや、隠し方のうまさ、それが人格を形成する大切な部分。人間の弱さが愛しいと思えた一冊でした。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholderE1476b8f 9ba6 4432 9d43 c6c46f11b1bf007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc38a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597 9
アンと青春

2018年10月ついに単行本化!青春といえばアイデンティティの悩み、そして恋。まさにそんな一冊でした。終わり方が……早く続き寄越せ!!と(笑)

4か月前

Icon user placeholderC9e678ef 9307 4490 90b6 80f0af42a039Icon user placeholderDbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbebA4a242f9 c57a 4e74 a786 7bef9007b9aa2e91b4bf 9fc7 4791 bb27 9867c67d4e75532b9cb1 4087 45fe bf78 5406fa9ff90e 15
イノセント・デイズ

帯に間違いなし。読後数日、寝込むまではいかないものの、かなり引きずった。しかもこんな複雑で言葉にし難い感情を引きずるのは始めて。

4か月前

C17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a68e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b4501fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a467C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab91a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de01713 123
鹿の王 4

ついに完結。広がりきった伏線、人間関係、陰謀がどのように収束するのか、読みながらも気になりました。そして、激しく余韻の残る読後。何回でも読んで、この世界に浸っていたい……。わたしはこんな厳しい生き方はできないけれど、それでも、そう生きたいと思ってしまう物語でした。

6か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aE7b9de0d ece4 4b32 8c63 bef0ed941a9c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Cc3fc40b 6b02 434d bae4 958cccb6186033d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb378690232c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66 20
おおあたり

文庫版は2018.8現在まだ出ていないため、図書館で借りる。 もはやお馴染みのメンバーに、安定感を感じました。懐かしくすら思える雰囲気。『ゆんでめて』からかなり経ち、平和に違和感を感じなくなりました( ´艸`)

6か月前

Df3c68ab ec42 4c65 a3bd 50aed3c0d2bb6f27cae7 1d4f 4a57 87d1 86819fbbae209886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad479bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b2585E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b 8
なりたい

序章がついてる形式はこの数冊前からかなぁと思うものの、「この序章からああ繋がるとは思わなかった」という度合いは一番です。そして相変わらず、ほっこりしました(#^_^#)人間だってあやかしだって、一生懸命生きて、悩んでるんだなぁ……。

6か月前

6f27cae7 1d4f 4a57 87d1 86819fbbae209886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad479bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564
しゃばけ

食わず嫌いでなんとなく読まなかったシリーズ。でも読んでみてドハマリしました(笑)若旦那とあやかし達の関係が素敵!そして、若旦那の心意気もかっこいい!みんな心が男前なキャラばかりで楽しく読めました。

6か月前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b7b0efb6d 7582 4e91 985b 385db17e95a4Icon user placeholderB1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fb 27
なんて素敵にジャパネスク ―旧装版―全巻セット

今は新装版もあるジャパネスク。でも、この絵でお転婆なギャップが好き(^_^)年下旦那高彬も、やんちゃな鷹男の帝も、ひねた美僧唯恵も瑠璃姫も煌姫もみんな個性的で超魅力的。時代物、平安物の入り口に最適です。

6か月前

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥

5年後のお話し。前巻までが本編で、この巻は「番外編」という感じがした。このシリーズに関しては、どんでん返しのない終わりで嬉しい。優しい気持ちをくれた本。みんな幸せになって欲しいと思った。

4か月前

動物園の鳥

共依存の克服は本当に難しい。「相手のため」と「自分のため」が入り混じった関係を、二人がどう打破するか。もっともっと読んでいたい、幸せな気持ちになる終わり方だった。

4か月前

Icon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd5772d796 3338 4161 8824 95bd0c393c93Icon user placeholderIcon user placeholderE1476b8f 9ba6 4432 9d43 c6c46f11b1bf8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597 9
青空の卵

『和菓子のアン』でハマった作家さん。主人公は作者さんと同じお名前か!とびっくりしつつ……鳥井の人間性に惹かれた。わたしも凡人だから非凡に憧れるのかも。謎解きもなかなかおもしろいけど、心の機敏がわかりやすく強調されてて印象に残った。

4か月前

Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderIcon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder9338d8ff d426 47ce 861e 1a9127ace82b 19
転生したらスライムだった件(6)

このへんからWeb版とはかなり違う感じ。登場人物の増加やら掘り下げやら加筆だらけ。おもしろいけど、Web版愛読者としてはちょっとテンポが悪く感じる。

4か月前

空色勾玉

小学生の時に学校で借りて読み、今回文庫を古本で購入。大人になって読むと、漠然と感じていた民族的、神話的な世界が鮮明に思い浮かべられるようになっていました。そして、登場人物全員の苦しみがよくわかるようになっていて、より愛情が湧きました。

6か月前

973f77c9 e6ec 4d8c 8c26 6b1b2253ca135cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef323db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaE6b50f35 bd55 45ed b050 8cb003571affB4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 41
鹿の王 1

序章が終わり冒頭、2ページ読むのに1ヶ月かかりました(^_^;)始め、魅力がよくわからず。でも、なんとか読み進め、1巻が終わる頃には虜になりました。民族学に基づく設定や描写、生き生きとした人達。猜疑心も策謀も情も、どれも人間くさくて、伝記を読むような、大河ドラマを見るような……続きへの期待が高まりました。

6か月前

Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaE7b9de0d ece4 4b32 8c63 bef0ed941a9c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b1450b890d3 c680 47f8 8d77 b6d444ca1e6dBf67ba68 dfa3 430d 87c1 79ba16d7559e 51
しゃばけ漫画 仁吉の巻

古本屋で購入。原作をそのまま漫画化したお話もあれば、漫画家さんオリジナルもあり。佐助の巻も同様。個人的には、原作に沿ったものはおもしろいけど、漫画家さんオリジナルは二次創作の域を出てない気がして微妙。原作への愛が強い人にはオススメしない感じでした。

6か月前

ぬしさまへ

一巻『しゃばけ』が一冊まるまる一つの話だったのに対し、こちらは短い話がたくさん楽しめるのが好きです。短くても、どれもひねりが効いていて、とても読み応えがありました。

6か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097bE8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81b0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a85a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 14
和菓子のアン

ほっこりした気持ちになれるから、何回でも読み直してしまう素敵な本。等身大だからこそのコンプレックス。でも強烈で魅力的な個性。美味しそうな和菓子と不可思議な謎も合わさり極上の味わいでした。

6か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder9c6435ba 52fe 4ab8 9fc2 783604ec314c7d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac02Dbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbebB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c5840bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 85
落窪物語

子どもの時読んだ本をもう一度。日本版シンデレラと呼ばれるこの話。とにかく氷室版は読みやすい。姫がおとなしいぶん、乳母子が大活躍。ちょっと、「ジャパネスク」を彷彿とさせるところもあって、痛快です。

6か月前