007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

プロフィール

57

コメントした本

ニワトリは一度だけ飛べる

例えが最後まで効いてこなかった様な気はしたが、最後の方の詰めの部分はおもしろかったと思う。

約1か月前

687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939Fe33103b d934 44ea 86bb 0635f4b9e085B5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8eIcon user placeholder64293a01 c6d0 448a 8b39 c97ca07daf0d6590305c 3627 4980 8493 3877e43bb05338aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 8
この世にたやすい仕事はない

どの職場に行っても活躍して重宝がられるも本人視点ではもやもやして、離れたくなってしまう。 読んでる側としてはそこに居ればいいじゃないと感じてしまう。 立場が違えば見えるものも違うのだろうけど、逆に考えれば自分が恵まれている点に着目出来るような視点を探した方が救われるのだろう。 一度気になったものから視点を外す難しさは、そのまま人生の難しさに直結しているのかもしれない。

3か月前

3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a8544664d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c243fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fcCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd 34
終わらない夏のハローグッバイ

ハードルが少し高いかなと感じながら読んだ。 設定を飲み込めた後は展開が面白かった。 ここからそこ?ていう腑に落ちない点が残るのが惜しい。

3か月前

F6c6aaff f7da 4e79 a668 57a1ed1d4e1b147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03Df738f49 64e6 47aa aad1 1ab207999917
そらのレストラン

窓の外には青い空と草原と海があり、 テーブルには自然の恵み豊かな皿が並ぶ。 羊肉にトロトロのチーズを絡めてトマトと一緒に頬張り…。 こんな画が脳裏に浮かんできて思わず頰が緩んでしまった。 北海道行きたくなる。 がっつりチーズ食べたい…。

4か月前

僕は僕の書いた小説を知らない

にやにやしながら読みました。 翼さんはじめの頃なんか嫌いと感じましたが、最後の方には好きになりました。

4か月前

Icon user placeholder5b7bf8af a562 41ac 9a73 a75603f776fc6c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851c1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03
十二人の死にたい子どもたち

文庫の表紙のイラストを本屋で見た時から気になってた小説。 映画化と聞いて公開前に読まないとと思い本屋行ったら既に映画の表紙しか見つからず、何軒か探して回って購入。 ページめくるといきなり見取り図が出てきてもしかしてこれ見返しながら読むのか?面倒だな、そういうのは疲れるからやだなと腰が引けましたが、さほど気にすることなく読めました。 (気にする人は居るでしょうけど。) 読んでて映像化しやすそうだなとなんとなく思いました。 若干、こんな子が死にたいと思うんだろうか、こんな経験した子がこんな性格になるだろうかと感じながら読み進めましたが、ラストは良い読後感が残りました。 20

4か月前

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8Icon user placeholder80480504 cf6a 4d47 a27b 215bd082ac13Icon user placeholder78331329 dcd5 4624 a961 5f47b84f6b9d 51
ジャイロスコープ

相談屋の話と新幹線の掃除の話が、なんとなく気に入った。 そのうちまたこの本を手に取るような気がする。

5か月前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70937e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546197262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder 74
ギフテッド

分厚い本だけどそれを全く感じさせないサクサク読めるエンタメ本でした。 人類はやはりそこを目指すのだろうか? て感じる終わり方でしたね。

7か月前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89431ba723 6ce7 4ea8 b99a 419eb306ba56147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dAkiaivjyeuyp25rambwa315eb74e 41dd 4a71 8752 2053864d7c4b 9
ジャッジメント

いつだったか、ニュースサイトに「映画を観ていて涙を流しやすい人がいるが、加齢により脳が衰える事がその要因の一つである」という記事が載っているのを読んだ事を思い出した。詳細は覚えてないけど、要は自制する機能が低下するとか何とか。 序盤から登場人物の激しい感情に呑まれた。 章が変わると、また別の種類の強烈な感情に呑み込まれた。 終盤、自分が主人公を間違えていた事に気付いた。 これがデビュー作と帯に書いてある事が、信じられないというか、だからこそなのか、ただ驚いた。 人が人を裁くなんて事はやっぱり無理な事で、どうしても裁きたいのなら感情を捨てた機械になるか、機械に任せるかすれば良いのだろう。 でもそんな世界を人は望まないだろう。何故か?矛盾してないか?機械を信じてないからというのはあるだろう。バグというミスもある。 しかし根本的には、人自身が表面的に表れない罪の背景を想い、赦しの可能性を捨て切る事が出来ないからなのではないか。 そんな世界を誇らしく感じ、そんな世界の中に自分が存在してる事に気付いて、じゃあ自分が作中の人物のような状況に遭遇したらどうするのか、というと、 それはやっぱりその時にならないとわからない訳で。 ただ、そんな赦しの可能性が自分の中に存在するのだろうという認識は否定せずにいようと思いました。

7か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee0839232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae2426bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb98615fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cB6bad907 685d 40ef 902d 9e118afb99a176341f4e cc59 4ac7 a842 947eaf42fa727f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f 20
カインの子どもたち

序盤から中盤は退屈な気分になる。 内面描写への違和感? 中盤からラストまでは面白かった。 こう落ち着きそうかな、と感じた部分が 二転三転する辺りが。 今まで読んだ事のないテンポだと思う。 将来が楽しみな作家さんといった感じ。

2か月前

物語のおわり

始まりの章の話が唐突に終わり、これ短編集だったのかと読み進めてみればそうではない事が分かり。 同じものを読んでも人によって要約した結果が違い、かつ登場人物を自分に照らし合わせ、受け取ったものは違うものの吸収し答えを得るという所に面白さを感じました。 また、そこに着眼し納得ゆくものに表現した作者に畏怖を覚えます。

3か月前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d302ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f61064456758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cEf3b8e78 fa0d 4ec8 be2d 71ff59390c61 57
しゃぼん玉

話してみれば共感してもらえるような類いの苦しみもあれば、 誰にも共感してもらえない、どこからどうみても同情の余地の無い自業自得だとしか言われないような苦しみもあって。 後者のような苦しみを抱えてしまうとどこまでも自分を傷つけてしまう。 周りからすると何で自分で自分を責めるのか分からなくて、理由を聞かれても話す事が出来ず。 それはお前が悪いと。 自業自得だと。 言われてしまうと分かっているから。 離れて行くと分かっているから。 そんな事はないと言う人は居るだろうけど、大事なものほど失うのは何より怖い。 それならいっそ、独りで。 文字からいろんなものが流れ込んできて、瞼を閉じた。 よい物語に出逢えた。感謝。

3か月前

7ed5fd55 eee0 4140 aff3 64082fc93fc8C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c295334630 3abc 43ca 90c3 8007922b11934c4b4301 a2a3 43aa 91c9 bb93f0a5a6734c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 18
豆の上で眠る

終盤恐ろしさを感じながら読んでいました。 しかし、何を恐ろしいと感じていたのか、はっきりと言葉にできません。 話の結末か、作者か、悶々と探して、 見つけた言葉は未読者の目に触れるかもしれないコメントに書く事が憚れるものでした。 ネタバレに繋がってしまう…。 逃げ場のない怒りというか哀しみというか何というか… 盗んだバイクで走り出したくなるような読後感でした。

3か月前

9f19ab50 003d 4bf1 8278 b5b8db6433ff0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fbIcon user placeholder 116
首都崩壊

政治も経済も疎いのでその辺りは流し読みでした。 既得権益を超えて幸せな社会に向かって動ける世界を構築したいものです。

4か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa88bca8fc ef66 45c0 93c7 2737d0461a90Dc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0eaCc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03b
神はサイコロを振らない

自分だったらと考えるとどうしたかなと思いながら読みました。 辛すぎて考えるの放棄して寝てるかもしれない。 ラストも色々考えてしまう…。

4か月前

0b942a59 e664 4015 8c0f 2b0c9d795383E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db
羊と鋼の森

調律師って仕事がある事を初めて知った。 仕事を通して悩み苦しみもがき自分がここに居ていいのか問い続け、 自信の無さとは裏腹に心の奥底から訴えかけてくる自分がやるのだという欲求との葛藤。 社会人の感じる苦悩と幸福の調和を綴った小説。

5か月前

Icon user placeholder660b211e e3f1 4ac9 b2cc 87f8f888c2fbE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a5a88aaec 0c6b 4bb1 872c 52c53f582ee4D3724785 b40a 4887 afce 7a0c9434c835Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholder 341
原発サイバートラップ: リアンクール・ランデブー

詰め込み感が。もうちょっとスッキリ焦点を絞って欲しかったかなぁ。

6か月前

残り全部バケーション

火星の後にこれ読んだのは正解だった思う。 読んだ後最高!と思ってしまうくらいに気持ちのよい読後感でした。 と言いつつ、 もう少し先までという気持ちと、あそこで終えるからこその楽しみがあるんだ!という気持ちが葛藤している部分もあります。

7か月前

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779E3c043af 0967 40ca 942c 718b3d97c8f483eff050 32dd 4764 8482 9d71ee053bc30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48Icon user placeholder 87
アイネクライネナハトムジーク

オムニバス形式の小説はあまり好きではないのですが、この話は登場人物同士の関係性の強さが私にとってちょうど良く、気持ちよく読めました。 読後、爽快感を感じる事ができる小説です。

7か月前

6a6527c5 15bb 4edc 9b42 d9603bdf6532Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709367312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder182be4d9 4c92 4770 8b5d 2c69cbbc701d 162